ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『2021年12月のまとめ』鑑賞作品一覧・感想

f:id:uk_yukke1160:20220109195445j:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

鑑賞作品一覧

洋画

ヴェノム

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

グリンチ(2018)

グレムリン

グレムリン2 新・種・誕・生

サイコ

死霊のえじき-ブラッド・ライン-

ハウス・ジャック・ビルト

ハスラーズ

フォーカス

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷

マイレージ、マイライフ

ラストナイト・イン・ソーホー

50音順に並べています

 

邦画・アジア映画

賭ケグルイ

新感染 ファイナル・エクスプレス

バイオハザード ダムネーション

バイオハザード ディジェネレーション

バイオハザード ヴェンデッタ

バイオハザード:インフィニット ダークネス

50音順に並べています

 

タップもしくはクリック出来るタイトルは個別で記事にまとめていますので、そちらの方もご覧頂けると幸いです。

 

劇場鑑賞

12月は『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』と『ラストナイト・イン・ソーホー』の2作を劇場で鑑賞しましたが、どちらも個人的には想像以上に楽しめました。特に、ヴェノムは前作を事前に再鑑賞していたため非常に分かりやすかったので、ご覧になる際には復習してから鑑賞する事をオススメします。

 

バイオ祭

バイオハザードが25周年を迎えるという事で、ここ数ヶ月の間ゲーム版のバイオハザードを初代から再プレイしているという事もあって、CGアニメ版の作品を3作再鑑賞し、Netflixで配信されているアニメ版も鑑賞しました。ゲーム版には直接関係のない内容なので未プレイでも十分楽しめますが、世界観や繋がりを知れば更に楽しさが倍増するので、ぜひゲーム版の方もプレイしてみて下さい。

 

ホラー映画

12月はホラー作品を10作鑑賞しましたが、シンプルに怖かったのは『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』でした。また、期待度を大きく上回ったのは『新感染 ファイナル・エクスプレス』と『ラストナイト・イン・ソーホー』でしたが、どちらも評判以上のクオリティだと思いました。

 

感想

19作品のうちホラーが半分以上という結果になりましたが、全体的に初見も多めで個人的には満足のいく1ヶ月でした。ただ、気になっていたものの劇場で鑑賞出来なかった作品も何作あるので、心残りがあるのも事実です。1月は『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』を劇場で鑑賞したいのと、引き続きホラー作品を中心にコメディも鑑賞出来ればと思います。

 

スポンサーリンク