ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『バイオハザード ディジェネレーション』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

バイオハザード ディジェネレーション』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA △(レンタル)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年12月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

バイオハザード ディジェネレーション』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル バイオハザード ディジェネレーション
原題 Resident Evil: Degeneration
監督 神谷誠
公開年 2008年
ジャンル ホラー,アクション
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 96分(1時間36分)
制作 カプコン
配給 ソニー・ピクチャーズ
主題歌 土屋アンナ「GUILTY」

 

キャスト

英語版/日本語版声優名 役名
ポール・メルスィエ/山野井仁 レオン・S・ケネディ
アリソン・コート/甲斐田裕子 クレア・レッドフィールド
ロジャー・クレイグ・スミス/小山力也 カーティス・ミラー
クリスピン・フリーマン/江原正士 フレデリック・ダウニング
ローラ・ベイリー/安藤麻吹 アンジェラ・ミラー
マイケル・ソリッチ/広瀬正志 ロン・デイビス
ミシェル・ラフ/矢島晶子 ラーニー・チャウラー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.オリジナル作品

今作は、大人気ホラーゲーム『バイオハザード』シリーズを基に制作された作品になります。ゲーム版の『バイオハザード2』や『バイオハザード RE:2』の続編になりますが、一部を除いて関連は特に無いので、ゲームを未プレイの方でも十分楽しむ事が出来ます。ただ、時系列的には『バイオハザード4』と『バイオハザード5』の間になるので、ぜひ今作と併せてゲーム版の方もチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.初作品

今作は、バイオハザードのシリーズとしては初めてのフルCGアニメ長編作品になります。また、特撮を中心に手がけてきた「神谷誠」が初めて長編映画の監督を務めた作品でもあります。

 

ポイント4.見所

ハイクオリティのCG

レオンとクレアの再会

政治の闇とウィルファーマ社

ミラー家の過去

ゲーム版からのオマージュ

 

ポイント5.小ネタ・裏話

ゲーム版のバイオハザードシリーズ等を手がけているゲームクリエイターの「小林裕幸」が今作の制作を務めています。

また、今作はリアル感のあるCGが使われていますが、監督を務めた神谷はゲーム版のムービーに劣らないようにするのが大変だったとインタビューで話していたらしいです。

他にも、キャラクターの動きや反応がより自然に見えるように、海外の俳優を雇ってモーションキャプチャを行ったみたいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

迫力のあるアクション映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

闇の深い映画をお探しの方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

レオン・S・ケネディ

アメリカ大統領直属の男性エージェント。バイオテロによってゾンビが蔓延する空港へ人命救助に向かい、クレアと再会して黒幕を追う。

 

クレア・レッドフィールド

NGO団体テラセイブに所属する女性。活動の一環で降り立った空港でバイオテロが発生し、生存者を率いて脱出を目指す中でレオンと再会する。

 

カーティス・ミラー

元テラセイブのメンバーの男性。ラクーンシティの事件で妻子を失った過去があり、復讐のためバイオテロを企てている。

 

フレデリック・ダウニング

ウィルファーマ社で主席研究員を務める男性。T-ウイルスに対するワクチンを供給するためバイオテロが発生した空港に来てクレアと出会う。

 

アンジェラ・ミラー

カーティスの妹でSTR隊員の女性。レオンと共に空港へ生存者の救助に向かうが、カーティスがバイオテロに関係していると知る。

 

ロン・デイビス

アメリカ上院議員の男性。高圧的かつ自己中心的な性格のため批判者も多く、空港から脱出する際にクレア達を置いて自分が一番に助かろうとする。

 

あらすじ・ストーリー

t-ウイルスを使ったバイオテロが世界中で発生している中で、ハーバードヴィル空港で「クレア・レッドフィールド」はゾンビ化した人間に遭遇する。瞬く間にゾンビが増え始め、不時着した旅客機からもゾンビが雪崩れ込んできたため、空港内はパニックに陥る。クレアは生存者達と空港の一室に隠れて救助を待っている中で、アメリカ政府にテロリストから犯行声明が届く。そこで、大統領から空港へ向かうように指示された「レオン・S・ケネディ」は、STR隊員の「アンジェラ・ミラー」達と共に生存者の救助に当たる事になる。空港内に侵入したレオン達は、クレアが率いる生存者と合流し、数名犠牲者が出たもののゾンビを倒しながら脱出に成功する。しかし、ワクチンを乗せたトラックが突然爆発したため、レオンはアンジェラと共に「カーティス・ミラー」を追う事になる。一方、クレアはワクチンデータの安否を確認するため「フレデリック・ダウニング」と共にウィルファーマの本社へ向かう。果たして、一連の事件は一体何者の仕業なのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

ボリューム感のある内容

迫力のある映像

レオンとクレアの再現度

ドラマ性のある展開

残念だった点

ややテンポが早い点

 

感想

バイオらしい作品でした。

ゲーム版に引けを取らないクオリティの高さと、完全オリジナルの内容だったので、非常に見応えがあると感じました。ボリュームの割に尺が短いので少し急ぎ足に感じる部分は残念でしたが、バイオハザードの世界観を堪能出来る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク