ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA △(レンタル)
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年1月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷
原題 Haunt
監督 スコット・ベック
ブライアン・ウッズ
公開年 2019年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 96分(1時間36分)
制作 Broken Road Productions 他
配給 Momentum Pictures

 

キャスト

俳優名 役名
ケイティ・スティーヴンス ハーパー
ウィル・ブリテン ネイサン
ローリン・マクレイン ベイリー
アンドリュー・コールドウェル エヴァ
シャジ・ラジャ アンジェラ
スカイラー・ヘルフォード マロリー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.イーライ・ロス制作

今作は『ホステル』や『グリーン・インフェルノ』『ノック・ノック』等、ホラー映画の監督を中心に務めてきた「イーライ・ロス」が制作を務めた作品になります。また、今作は『クワイエット・プレイス』の脚本を務めた「スコット・ベック」と「ブライアン・ウッズ」が監督を務めています。

 

ポイント3.ハロウィン×お化け屋敷

アメリカではハロウィンの時期になると様々な場所にお化け屋敷が期間限定でオープンするみたいです。そのため、今作でも似たような設定が使われていて、アメリカならではの文化を体感する事が出来ます。ちなみに、今作と全く関係はありませんが、アメリカには世界一怖いと言われている「マッケイミー・マナー」というお化け屋敷が実在し、10時間耐え切ったら賞金2万ドルがもらえるらしいので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

最恐のお化け屋敷

不気味なマスクの案内人

命を賭けた脱出ゲーム

ホラー映画のお約束

他のホラー作品のオマージュ

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中では1970年代から80年代のホラー映画のオマージュが至る所に散りばめられているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

また、共同で監督を務めたスコットは、お化け屋敷のキャストが叫んだり殺されたりしても誰も現実に起こっている事とは考えないという部分に着目し、今作のアイデアが浮かんだみたいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

独特な雰囲気のある映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ハーパー

女子大学生。過去のトラウマと恋人のDVに悩んでいる。気晴らしにルームメイトや友人達と出かけ、軽いノリで入ったお化け屋敷で恐怖体験をする。

 

ネイサン

ハーパー達がバーで出会った男性。体育会系のため、お化け屋敷で襲ってきたマスクを着けた集団にも勇敢に立ち向かう。

 

ベイリー

ハーパーのルームメイトで女子大学生。ハーパーの母親の形見でもある指輪を借りるが、お化け屋敷で無くしてしまう。

 

エヴァ

ネイサンの友人の男性。明るい性格でムードメーカーのため、お化け屋敷でも平気なフリをしていたが、作り物の人形に驚くほど怖さに敏感。

 

アンジェラ

ハーパーの友人の女子大学生。お化け屋敷から脱出するためハーパー達と入り口に戻る最中に悪魔のマスクを着けた人物に襲われてしまう。

 

マロリー

ハーパーの友人の女子大学生。お化け屋敷でハーパーとエヴァンと共に危険と書かれたルートを進んでいる中で行方不明になってしまう。

 

あらすじ・ストーリー

恋人のDVで憂鬱な気分のままハロウィンの夜を迎えた「ハーパー」は、ルームメイトの「ベイリー」と友人の「アンジェラ」「マロリー」と共に気晴らしにバーへ出かける。盛り上がる店内でお酒を飲みながら楽しんでいた4人は「ネイサン」と「エヴァン」と意気投合し、酔いが回ってきたところでお化け屋敷へ行く事にする。ビラとアプリを頼りにお化け屋敷に到着した6人は、ピエロのマスクを着けた喋らない人物の指示で免責事項にサインし、スマホを預けて中に入る事にする。作り物の人形や不気味な雰囲気を楽しんでいた6人は、迫真の演技を見せる女性に感心しながら先へ進むと安全と書かれたルートと危険と書かれたルートの分岐点に差し掛かる。ネイサンとベイリー、アンジェラは安全なルートへ、ハーパーとエヴァン、マロリーは危険なルートへそれぞれ進むが、想像を絶する恐怖に遭遇する事になる。果たして、ハーパー達は無事にお化け屋敷から脱出する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

恐怖演出に特化している点

サイコ集団の見た目

残念だった点

説明不足が目立つ点

強引な展開

ツッコミ所が多い点

 

感想

インパクトのある作品でした。

ホラー映画とホラーゲームを組み合わせたような設定と内容なので、好みがハッキリ分かれると感じました。色々と雑な部分も目立ちましたが、痛みを伴う恐怖感とグロさを堪能出来る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク