ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『グリンチ(2018)』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

グリンチ(2018)』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年12月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

グリンチ(2018)』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル グリンチ
原題 The Grinch
監督 スコット・モシャー
ヤーロウ・チェイニー
公開年 2018年
ジャンル コメディ,ファンタジー
視聴制限 なし
時間 92分(1時間32分)
制作 イルミネーション 他
配給 ユニバーサル・スタジオ

 

キャスト

英語版/日本語版声優名 役名
ベネディクト・カンバーバッチ/大泉洋 グリンチ
キャメロン・シーリー/横溝菜帆 シンディ・ルー
ラシダ・ジョーンズ/杏 ドナ
フランク・ウェルカー マックス
フレッド
キーナン・トンプソン/秋山竜次 ブリンクルバウム
トリスタン・オヘア/木村皐誠 グルーパート
ファレル・ウィリアムス/宮野真守 ナレーション

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.3度目の映像化

今作は「ドクター・スース」の絵本『いじわるグリンチのクリスマス』を基に制作された3DCGアニメ作品になります。また、1966年にテレビスペシャルとして『グリンチのクリスマス』が制作され、2000年には「ジム・キャリー」が務めた『グリンチ』が制作されているので、今作は映像化された3作目になります。

 

ポイント3.原作・実写版との違い

今作の大まかな内容は原作通りになりますが、2000年に制作された実写版の作品とは内容が大きく異なります。また、グリンチの過去を含め、原作では描かれていなかった細かな部分が今作では描かれていて、実写版同様にオリジナル要素も含まれているので、気になる方はぜひ今作と併せてチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

個性的なキャラクター像

大小様々な動物達

グリンチの過去

シンディ・ルーの計画

思わず笑ってしまう演出

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中には今作と同じイルミネーションが制作した『ミニオン』シリーズのオマージュが随所に散りばめられているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

また、原作者の本名「セオドア・ガイゼル」の名前も劇中のどこかに登場するので、ご覧になる際にはぜひ探してみて下さい。

他にも、監督を務めた「ヤーロウ・チェイニー」は、原作の画風を忠実に再現するため、直線を使わずに立体的に表現したみたいです。

ちなみに、今作のDVDやBlu-rayにはミニムービーが特典として収録されているので、ぜひ今作と併せてご覧になってみて下さい。

 

こんな方にオススメ

心温まる映画をお探しの方

笑って泣ける映画をお探しの方

メッセージ性の強い映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

自分にあまり自信のない方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物・キャラクター

グリンチ

クリスマスが嫌いな全身緑の怪物。年齢は53歳だが、ハートは1/3のサイズしかない。幼少期のトラウマを克服するためクリスマスを盗もうと計画する。

 

シンディ・ルー

フーの村に住む心優しい少女。母親が仕事と育児で大変な事を心配していて、サンタクロースに助けて欲しいとお願いしようと考え、捕獲作戦を計画している。

 

ドナ

シンディの母親。母子家庭のため昼間は3人の子供を育てながら夜に働いている。

 

マックス

グリンチの愛犬。グリンチの身の回りの世話を全て行っているため基本的には従順だが、食べ物の誘惑に弱く、たまにケンカもする。

 

フレッド

グリンチが捕獲した大柄のトナカイ。ソリを引いてもらうために捕まえたが、家族がいる事を知って解放される。

 

ブリンクルバウム

フーの村に住む明るい性格の男性。グリンチの事を一方的に親友だと思っている。クリスマスを盛大に祝おうと巨大なもみの木を調達してきた。

 

あらすじ・ストーリー

クリスマスが大嫌いなひねくれ者の「グリンチ」は、村外れの山奥で愛犬の「マックス」と孤独な生活を送っていた。一方、フーの村ではクリスマスに向けて飾り付けやプレゼントの準備が進んでいたが、サンタクロースにお願い事を聞いてもらいたい少女「シンディ・ルー」は、何か良い方法が無いか模索していた。そんな中、グリンチはサンタクロースに変装してフーの村からクリスマスに関係する物を全て盗もうと計画し、手始めにソリを奪ってトナカイの「フレッド」を捕獲する。しかし、フレッドを探しに来た家族を見て、罪悪感を覚えたグリンチは解放してマックスにソリを引いてもらう事にする。その頃、フーの村でもシンディはサンタクロースに直談判しようと考えたが、朝まで起きているのは難しいと判断し、罠を使って捕獲する作戦を思い付く。果たして、グリンチとシンディの計画はどちらが成功するのか?思わずウルッと来る展開と心温まるラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆★★★★
奥深さ ☆☆☆☆☆
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

分かりやすいストーリー

子供向けのナレーション

シンプルなメッセージ性

遊び心溢れる演出

原作に忠実な映像

残念だった点

やや急ぎ足に感じる点

 

感想

心が洗われる作品でした。

クリスマスの雰囲気はもちろんですが、イルミネーションらしいキャラクターを含め、アニメならではの自由度を上手く使っていると感じました。シンプルな内容も良かったですし、老若男女問わず楽しめるクリスマスにピッタリな作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク