ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
hulu △(レンタル)
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market ×
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

BD・DVD・グッズ情報

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ
原題 Venom: Let There Be Carnage
監督 アンディ・サーキス
公開年 2021年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 97分
制作 マーベル・エンターテインメント 他
配給 ソニー・ピクチャーズ
主題歌 スカイラー・グレイ「Last One Standing」

 

キャスト

俳優名 役名
トム・ハーディ エディ・ブロック
ヴェノム
ウディ・ハレルソン クレタス・キャサディ
カーネイジ
ミシェル・ウィリアムズ アン・ウェイング
ナオミ・ハリス フランシス・バリソン
シュリーク
リード・スコット ダン・ルイス
スティーヴン・グレアム パトリック・マリガン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はヴェノムのシリーズ2作目であり、SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)のシリーズ2作目になります。前作『ヴェノム』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるので注意が必要です。また、前作のシークレットムービーが今作にそのまま繋がっているので、ぜひ前作を先に見る事をオススメします。

(前作の記事はコチラ)

(SSUの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.カーネイジ

今作に登場するヴィランでもあるカーネイジですが、設定は原作とほとんど同じになります。ただ、クレタス・キャサディに寄生する部分は原作と大きく異なり、展開も今作オリジナルになっているので、気になる方はぜひ原作や他のカーネイジが登場する作品もチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

ヴェノムvsカーネイジ

大迫力のアクション

クレタスの過去

アンとダンとエディの関係

ヴェノムとエディの絆

 

ポイント5.小ネタ・裏話

前作同様に1人2役を演じた「トム・ハーディ」ですが、事前にヴェノムのセリフを録音し、イヤホンで流しながらエディのセリフを話す事で会話シーンを撮影したみたいです。

また、ヴェノムをより生物らしく見せるため、今作では前作には無かった呼吸をする描写を加えたらしいです。

他にも、カーネイジの見た目や動き、武器は原作をベースにしつつ、クラゲやアメーバ、タコやサソリ等の生物を参考にしたみたいです。

ちなみに、監督を務めた「アンディ・サーキス」は、撮影期間中にプライベートで家族とスキーに行った際に腰の骨を折る怪我を負ったため、その後の撮影は車椅子に乗りながら行ったらしいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

迫力のあるアクション映画をお探しの方

エイリアン等の地球外生命体に興味のある方

歩み寄りの精神を身に付けたい方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

エディ・ブロック

ヴェノムの宿主で記者の男性。クレタスに噛まれた事でシンビオートが寄生し、カーネイジを誕生させてしまった上にヴェノムとも仲違いしてしまう。

 

クレタス・キャサディ

シリアルキラーで死刑囚の男性。エディに噛み付いた事でカーネイジの宿主となり、脱獄後は恋人のフランシスと共に虐殺を繰り返す。

 

アン・ウェイング

エディの元恋人で弁護士の女性。エディとは距離を置いていたが、再び友人として付き合い始め、ヴェノムと仲直りさせるため奮闘する。

 

フランシス・バリソン

クレタスの恋人で囚人の女性。特異体質のため強力な音波を放つ事が出来る。クレタスと行動を共にする一方で音波が弱点のカーネイジとは相性が悪い。

 

あらすじ・ストーリー

記者として再起を目指す「エディ・ブロック」は、食人を好む「ヴェノム」に悪戦苦闘しながら共存する生活を送っていた。ある日、死刑囚の「クレタス・キャサディ」を独占取材する事になったエディは、ヴェノムの協力で余罪を暴いた事で再び敏腕記者として脚光を浴びる事になる。しかし、死刑執行前の最後の取材でエディはクレタスに罵られたため、怒ったヴェノムが掴みかかった際に手を噛まれてしまう。その夜、自由を求めるヴェノムはエディと激しく衝突し、体から抜け出て行方不明になってしまう。一方、クレタスはエディの血によってシンビオートが寄生し、新たに「カーネイジ」となって脱獄した後、恋人の「フランシス・バリソン」を脱獄させて街中で殺戮を始める。更に、毎度事件の中心にいる事を疑われたエディは警察に連行されるが、弁護士として面会に来た「アン・ウェイング」の協力を得てヴェノムと仲直りし、クレタスの行方を追う事にする。果たして、エディとヴェノムは、カーネイジを宿したクレタスを止める事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開とシンビオート同士の激しい戦闘はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

ハイクオリティのCG

圧巻の映像美

キャストの演技

改善されたアクションシーン

残念だった点

ややテンポが早い点

 

感想

ドラマ性のある続編でした。

前作の良さを残しつつ、新しい展開と見やすくなったアクションシーンのお陰で非常に見応えのある内容になっていると感じました。ただ、若干急ぎ足に感じた部分は少し残念でしたが、エディとヴェノムの魅力を存分に堪能出来る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク