ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『10 クローバーフィールド・レーン』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

10 クローバーフィールド・レーン』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年1月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

10 クローバーフィールド・レーン』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル 10 クローバーフィールド・レーン
原題 10 Cloverfield Lane
監督 ダン・トラクテンバーク
公開年 2016年
ジャンル SF,スリラー
視聴制限 なし
時間 103分(1時間43分)
制作 バッド・ロボット・プロダクションズ
配給 パラマウント・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
メアリー・エリザベス・ウィンステッド ミシェル
ジョン・グッドマン ハワード
ジョン・ギャラガー・Jr エメット
ブラッドリー・クーパー ベン(声)

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はクローバーフィールドのシリーズ2作目になります。前作『クローバーフィールド/HAKAISHA』との関連については、今作自体が精神的続編という位置付けのため、一部を除いて繋がりはほとんどありません。ただ、今作とは違ったテイストの作品なので、気になる方はぜひご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.制作中止

今作は元々、前作で監督を務めた「マット・リーヴス」が続投して正当な続編として制作が決定していたみたいです。しかし、制作が保留になり、続編のアイデアが無いという理由で一度中止されたらしいです。ちなみに、当初の案では前作と同じ時間軸で別視点の展開を予定していたみたいです。

 

ポイント4.見所

密室を使った駆け引き

ハワードの話の真偽

地下室に隠された秘密

ミシェルの賭け

外の世界の真実

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中に映像として登場する『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』ですが、伏線のような役割があるので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

また、食事のシーンに登場する「SWAMP POP」ですが、実在する飲み物らしいです。

他にも、前作で登場した「タグルアト社」が名前だけですが今作にも登場したり、続編を意識した細かい演出があるので、ご覧になる際には見逃さないようにして下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

一風変わったSF映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

決断力の弱い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ミシェル

服飾デザイナーを目指す女性。車の運転中に事故に遭い、目覚めた時には地下シェルターに監禁されていたため、助けたと主張するハワードの話を疑っている。

 

ハワード

地下シェルターの持ち主の男性。外の世界が何者かの侵略によって有毒物質で汚染されているため、ミシェル達にシェルターで共同生活する事を提案する。

 

エメット

左腕に大怪我を負っている男性。ハワードの知り合いのためシェルターに逃げ込み、ミシェルと3人で共同生活を始める。

 

あらすじ・ストーリー

恋人の「ベン」とケンカをして家を出た「ミシェル」は、車を走らせている途中で突然事故に遭い、そのまま意識を失ってしまう。目が覚めたミシェルは、治療を受けていたものの、なぜか鎖で繋がれた状態で監禁されている事に気付く。すると、見知らぬ男性「ハワード」が来て、外の世界は何者かの襲撃で大変な事になっていると聞かされ、地下シェルターなら安全だと言われる。もう1人の同居人「エメット」からも説得されたミシェルだったが、出口に何重にも鍵をかけている事を不審に感じていた。そこで、ハワードの隙を突いて鍵を奪い、出口に近付いたミシェルだったが、顔がただれた女性が助けを求めているのを見て、汚染されている事を知る。その後、共同生活をする中で打ち解けていった3人だったが、ミシェルはハワードが嘘をついている証拠を見つけ、エメットと共に脱出の計画を立て始める。果たして、外の世界は一体どうなっているのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

人間の心理を上手く描いている点

SFに頼らない構成

ネタバレ後の恐怖

斬新な伏線

残念だった点

人物設定の薄さ

説明不足感が目立つ点

 

感想

人間不信になる作品でした。

人間同士のリアルなやり取りにスポットを当てる事で、スリルと緊張感を上手く表現していると感じました。その反面、登場人物の少なさを活かしきれていない部分は少し残念でしたが、良い意味でSFらしくない作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク