ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ソー:ラブ&サンダー』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ソー:ラブ&サンダー』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

※動画配信サービスでは未配信のため情報が入り次第掲載予定です。

Amazon prime video ×
U-NEXT ×
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market ×
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年8月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ソー:ラブ&サンダー』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ソー:ラブ&サンダー
原題 Thor:Love and Thunder
監督 タイカ・ワイティティ
公開年 2022年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 119分(1時間59分)
制作 マーベル・スタジオ 他
配給 ウォルト・ディズニー

 

キャスト

俳優名 役名
クリス・ヘムズワース ソー
ナタリー・ポートマン ジェーン・フォスター
マイティ・ソー
クリスチャン・ベール ゴア
テッサ・トンプソン ヴァルキリー
タイカ・ワイティティ コーグ
ラッセル・クロウ ゼウス
キーロン・L・ダイアー アクセル
インディア・ローズ・ヘムズワース ラブ
クリス・プラット ピーター・クイル
スター・ロード
デイヴ・バウティスタ ドラックス
ヴィン・ディーゼル グルート
ブラッドリー・クーパー ロケット(声)
カレン・ギラン ネビュラ
ポム・クレメンティエフ マンティス
ショーン・ガン クラグリン・オブフォンテリ
ジェイミー・アレクサンダー シフ
カット・デニングス ダーシー・ルイス
ステラン・スカルスガルド エリック・セルヴィグ
ジョナサン・ブルー ラプー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作はソーのシリーズ4作目であり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ29作目になります。MCUのシリーズ28作目でもある『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』との関連はほとんどありませんが、時系列的には『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後になり、ネタバレを含めて内容的な繋がりがあるため注意が必要です。そのため、今作を鑑賞する前に最低でもソーが登場する『マイティ・ソー』の3作に加えて『アベンジャーズ』のシリーズ4作と、ソーは登場しませんが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の計8作を先に見ておく事を強くオススメします。

(MCUの記事一覧はコチラ )

 

ポイント3. オススメの鑑賞順

今作の鑑賞前に必ず見ておいて欲しい作品を必要最低限だけピックアップしましたが、それぞれの作品毎に別のMCU作品やマーベル作品とも繋がりがあるため、時間はかかりますが、ぜひ他の作品もご覧になってみて下さい。

 

マイティ・ソー

アベンジャーズ

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

⑤シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

マイティ・ソー バトルロイヤル

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ/エンドゲーム

⑨ソー:ラブ&サンダー

 

見ておくと更に楽しめる作品

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ワンダヴィジョン

ロキ(シーズン1)

 

ポイント4.見所

ソーの旅立ちと新たな決意

神々を恨むゴアの目的

ジェーンの過酷な運命

ラッセル・クロウの熱演

ストームブレイカーの自己主張

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作にはソー役をシリーズ1作目から演じ続けている「クリス・ヘムズワース」の実の娘「インディア・ローズ・ヘムズワース」がラブ役で出演していますが、回想シーンでソーの幼少期を演じているのは実の双子の息子「トリスタン・ヘムズワース」と「サーシャ・ヘムズワース」みたいなので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

また、監督を務めながらコーグ役を演じた「タイカ・ワイティティ」やジェーン役を演じ続けている「ナタリー・ポートマン」ゴア役を演じた「クリスチャン・ベール」の子供達もアスガルドの民として出演しているらしいです。

他にも、シリーズ2作目の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』以降、MCU作品に映像以外で出演してこなかったナタリーは、今作のオファーを受けて役作りのために撮影前からトレーニングを積んで、アクションシーンの撮影にも挑戦したみたいです。

ちなみに、劇中では「マット・デイモン」「ルーク・ヘムズワース」「サム・ニール」「メリッサ・マッカーシー」が、シリーズ3作目の『マイティ・ソー バトルロイヤル』でソー達がヘラと対面するシーンを演劇で再現しているので、ご覧になる際にはストーリーと併せて注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

迫力のあるアクション映画をお探しの方

笑って泣ける映画をお探しの方

夫婦やカップルで楽しめる映画をお探しの方

元気が出るような映画をお探しの方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ソー

アベンジャーズのメンバーでアスガルドの王子。ガーディアンズと共に宇宙を旅する中でシフと再会し、ゴアの存在とニューアスガルドの危機を聞いて地球に戻った事で元恋人のジェーンと再会する。

 

ジェーン・フォスター

ソーの元恋人で転貸物理学者の女性。ステージ4の癌を患って治療を続ける中で、破壊されたムジョルニアの新たな持ち主に選ばれた事でソーと同じ力を得る。

 

ゴア

神殺しを続ける男性。崇拝する神のラプーに見捨てられたため信仰を捨て、ネクロソードの所有者に選ばれた事で全ての神を殺す事を決意する。

 

ヴァルキリー

ニューアスガルドの王を務める女性。ジェーンやソー達と共にゴアの襲撃を退けるが、子供達が拉致されたため、取り戻すために宇宙へ旅立つ。

 

コーグ

全身が岩のクロナン人でソーの友人。ソーと行動を共にする中で戦いにも参加するが、ゼウスに体を破壊されて顔だけになってしまう。

 

ゼウス

オリンポス十二神の王。ソー達から援軍を求められるが、ゴアを恐れるあまり拒否して乱闘騒ぎになり、愛用の武器サンダーボルトを奪われてしまう。

 

アクセル

アスガルド人でヘイムダルの息子。他の子供達と共にゴアに拉致されるが、父親から受け継いだ力を使ってソーと交信しながら安否を伝える。

 

あらすじ・ストーリー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に宇宙を旅する「ソー」と「コーグ」は、人助けをしながらヒーロー活動を続けていた。そんな中、旧友の「シフ」が発する救難信号を見つけたソーは、ガーディアンズと別れて発信元の惑星に向かう。重傷を負ったシフから神殺しを行う「ゴア」がニューアスガルドを狙っていると聞かされたソー達は、地球に戻る決断をする。地球へ戻ったソーは、ゴアの軍勢と交戦する中で「ヴァルキリー」とムジョルニアを使いこなす「ジェーン・フォスター」と再会する。何とか軍勢を撃退したソー達だったが、子供達が拉致されてしまい、援軍を要請するため神々の集まるオリンポスへ向かう。しかし、ゴアを恐れる「ゼウス」から援軍を断られたソー達は、乱闘騒ぎを起こした末にサンダーボルトを奪って逃亡する。その後、ゴアの本当の狙いが永久へ行くために必要なストームブレイカーだと気付いたソー達は、遠ざけようとするも失敗してしまう。そこで、ゴアと直接戦う事にしたソー達だったが、ヴァルキリーが重傷を負ってしまい、ストームブレイカーも奪われてしまう。一度体制を立て直すため地球に戻った4人だったが、ソーは衰弱しているジェーンに治療に専念するよう伝え、単身ゴアの元へ向かう。果たして、ソーはゴアの野望を阻止して子供達を救う事が出来るのか?衝撃の展開と迫力満点の戦闘シーンはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆☆

☆5つが満点

 

良かった点

新設定と新展開

笑いと涙を誘う演出

ロックなBGMと劇中歌

圧巻の映像美と戦闘シーン

クオリティの上がった演劇

残念だった点

オマケ感の強いガーディアンズ

 

感想

エンタメ性の高い続編でした。

タイカ・ワイティティ監督らしいユーモア感をギュッと詰め込みつつ、王道のストーリーに過去作との繋がりやドラマ性を組み合わせる事で、ソーのシリーズとして最高傑作に仕上がっていると感じました。自己主張の激しいストームブレイカーや鼓膜が破壊されそうなほどうるさいヤギを筆頭に笑えるシーンが多いのと、目頭が熱くなるような泣けるシーンも魅力的でしたし、ラブ&サンダーのタイトルに相応しい作品になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク