ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

マイティ・ソー/ダーク・ワールド』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ 〇(定額見放題)

注意点

本ページの情報は2022年7月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル マイティ・ソー/ダーク・ワールド
原題 Thor:The Dark World
監督 アラン・テイラー
公開年 2013年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 112分(1時間52分)
制作 マーベル・スタジオ 他
配給 ウォルト・ディズニー

 

キャスト

俳優名 役名
クリス・ヘムズワース ソー
ナタリー・ポートマン ジェーン・フォスター
トム・ビドルストン ロキ
クリストファー・エクルストン マレキス
アドウェール・アキノエ=アグバエ アルグリム
カース
ステラン・スカルスガルド エリック・セルヴィグ
イドリス・エルバ ヘイムダル
レイ・スティーヴンソン ヴォルスタッグ
ジョシュア・ダグラス ファンドラル
浅野忠信 ホーガン
ジェイミー・アレクサンダー シフ
アンソニー・ホプキンス オーディン
レネ・ルッソ フリッガ
カット・デニングス ダーシー・ルイス
ジョナサン・ハワード イアン・ブースビー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作はソーのシリーズ2作目であり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ8作目になります。MCUのシリーズ7作目でもある『アイアンマン3』との関連はほとんどありませんが、シリーズ4作目でもある前作『マイティ・ソー』や5作目の『アベンジャーズ』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるので注意が必要です。また、ソーだけでなく大半の登場人物はキャストに変更も無く相関関係や人物設定等もそのまま引き継がれているので、ご覧になる際には過去作から先に見る事を強くオススメします。

(MCUの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.監督の交代

前作で監督を務めた「ケネス・ブラナー」は『エージェント:ライアン』の監督を務める事になったため降板したみたいです。その後、複数の候補者の中から「アラン・テイラー」が選ばれて今作の監督を務める事になったらしいです。ちなみに、アランは『セックス・アンド・ザ・シティ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』等、テレビドラマを中心に監督を務めているので、気になる方はぜひ今作と併せてチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

ソーとジェーンの再会と恋

ロキとソーの複雑な想い

エーテルの力

惑星直列とマレキスの野望

エリックの暴走と珍事

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の撮影にはソーが使うハンマーが30個用意されたみたいで、それぞれ重さを変える事でシーン毎に使い分けしたらしいです。

また、ソー役を演じた「クリス・ヘムズワース」とロキ役を演じた「トム・ヒドルストン」は、劇中でジェーン役を演じた「ナタリー・ポートマン」にビンタされる撮影を行った際、本気で叩くように要望したみたいなのですが、上手くいかなかったため2人共40テイクほどかかったみたいです。

他にも、マレキス役を演じた「クリストファー・エクルストン」は、特殊メイクに毎回6時間以上かかった事や、膨大な時間がかかる事を事前に知らされていなかった事に対して怒りを露わにしていたみたいです。

ちなみに、ナタリーは、スケジュールの都合で一部のシーンの再撮影に参加出来なかったらしく、クリスの妻「エルサ・パタキー」が代わりに演じたみたいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

迫力のあるアクション映画をお探しの方

夫婦やカップルで楽しめる映画をお探しの方

兄弟姉妹関係で悩んでいる方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ソー

アベンジャーズのメンバーでアスガルドの王子。エーテルに寄生されたジェーンを救うためにアスガルドへ連れて行くが、マレキスの襲撃を受けたためオーディンに背いて戦う事を決意する。

 

ジェーン・フォスター

天文物理学者の女性。研究を続ける中で世界の境目に吸い込まれてエーテルに寄生され、ソーと久々の再会を果たすも目覚めたマレキスに狙われる事になる。

 

ロキ

ソーの義弟。多くの罪を重ねてきた事で牢に監禁されていたが、フリッガを殺したマレキスに復讐を果たすため、利害の一致するソーと共に戦う事を決意する。

 

マレキス

ダーク・エルフの支配者。ジェーンにエーテルが寄生した事で長年の眠りから目覚め、惑星直列を使って9つの世界を永遠の闇に戻す野望を果たそうとしている。

 

アルグリム

マレキスの側近のダーク・エルフ。マレキスの命令通りアスガルドへ拘束された状態で忍び込み、カース化して囚人を脱獄させつつフリッガの命を奪う。

 

エリック・セルヴィグ

ジェーンの父親代わりでソーとも親交のある天文物理学者の男性。ロキに洗脳されていた後遺症で狂ってしまったため精神病院に収容されている。

 

ヘイムダル

アスガルドの戦士でビフレストの番人を務める男性。ウォーリアーズ・スリーの2人やシフと共に、アスガルドから外へ出ようと考えるソー達の手助けをする。

 

オーディン

アスガルドの王でソーの父親。ジェーンを連れて来たソーに対して厳しい態度をとる中で、マレキスの襲撃によってフリッガを失い、理性を失ってしまう。

 

フリッガ

アスガルドの王妃でソーの母親。温かく迎え入れたジェーンを守るため、マレキスの襲撃を受けた際に命がけで戦うも、アルグリムに殺されてしまう。

 

あらすじ・ストーリー

惑星直列の日が近付き、9つの世界が混乱に陥る中で「ソー」は争いを鎮圧する日々を送りながら、地球で暮らす「ジェーン・フォスター」を見守っていた。一方、地球では惑星直列の影響で世界の境目が不安定になっている場所が現れ、ソーへの想いを募らせるジェーンは調査に向う。しかし、境目に吸い込まれて見知らぬ場所へ飛ばされたジェーンは、封印されていたエーテルに寄生されてしまう。ジェーンの気配が消えた事を知ったソーは慌てて地球へ降り立ち、複雑な再会を果たした後で、異変に気付いてアスガルドへ連れて行く事にする。同じ頃、ジェーンにエーテルが寄生した事で目覚めた「マレキス」は、5000年前に成し遂げられなかった計画を実行に移すためアスガルドへ襲撃を開始する。激しい混乱の中で「フリッガ」が命を落とした事で「オーディン」は理性を失うが、ジェーンの命と世界の危機を救うため、ソーは仲間達に協力を求める。更に、ソーは投獄されていた「ロキ」と手を組む事にし、エーテルとマレキスを同時に葬り去るためジェーンを連れてアスガルドから離れる事にする。果たして、ソー達はマレキスの野望を阻止する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開とソーとジェーンの恋の行方はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

意外性に特化した構成

ドラマ性のある展開

ハイクオリティのCG

体を張ったキャストの演技

キャップのカメオ出演

残念だった点

やや強引さが目立つ点

 

感想

見応えのある続編でした。

前作とアベンジャーズの両方に対する続編感を最適な形で描きつつ、新要素を加える事で非常に満足度の高い内容に仕上がっていると感じました。ダークな雰囲気の中で思わず笑ってしまう演出もアクセントになっていて良かったですし、予測不能な展開が魅力的な作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク