ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

ドラマ『ロキ(シーズン1)』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ロキ(シーズン1)』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

※Disney+のみ配信されています。

Amazon prime video ×
U-NEXT ×
Netflix ×
Hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market ×
Disney+ 〇(定額見放題)

注意点

本ページの情報は2022年8月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ロキ(シーズン1)』のBlu-ray DiscやDVDは未発売ですが、グッズ等の商品は発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ロキ
原題 Loki
監督 ケイト・ヘロン
配信開始 2021年(シーズン1)
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
話数 6話(シーズン1)
制作 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー

 

キャスト

俳優名 役名
トム・ビドルストン ロキ
ソフィア・ディ・マルティー シルヴィ
オーウェン・ウィルソン メビウス・M・メビウス
ググ・バサ=ロー ラヴォーナ・レンスレイヤー
ウンミ・モサク ハンターB-15
タラ・ストロング ミス・ミニッツ(声)

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.過去作との関連

今作はマーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマシリーズ3作目であり、過去作『マイティ・ソー』で初登場したロキにスポットを当てた作品になります。シーズン1の時系列は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後になりますが、ロキは『アベンジャーズ』のシリーズにも登場している事に加えて、ソーの弟という設定でもあるので、ぜひ下記のオススメの鑑賞順を参考にしながら他のMCU作品もご覧になってみて下さい。

(MCUの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.オススメの鑑賞順

マイティ・ソー

アベンジャーズ

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

⑤シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

マイティ・ソー バトルロイヤル

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アベンジャーズ/エンドゲーム

⑨ロキ(シーズン1)

 

見ておくと更に楽しめる作品

ホワット・イフ…?

 

ポイント4.見所

TVAの秘密

タイムキーパーの正体

個性豊かな登場人物

ロキの心に訪れる変化

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の監督を務めた「ケイト・ヘロン」は、TVAの雰囲気に似た職場で働いていた経験から感じた事を作品の中に取り入れたみたいです。

また、冒頭でロキが着用している衣装は約10年前に公開された『アベンジャーズ』の時の物だったらしいです。

他にも、ハンターB-15のヘルメットには過去に殺害した人の数だけ傷が入っていて、劇中の衣装や建造物は細かい部分にまでこだわっているみたいなので、ご覧になる際にはぜひストーリーと併せて注目してみて下さい。

ちなみに、追加視覚効果を担当した「ルーク・マクドナルド」はタイムドアのガラスのような質感を表現するために『DUNE/デューン 砂の惑星』を参考にしたらしいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできるドラマをお探しの方

謎解き要素が多めのドラマをお探しの方

闇の深いドラマをお探しの方

難しい選択に悩んでいる方

人生観を見つめ直したい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ロキ

ソーの義弟。NY決戦の後、コズミックキューブを使って逃亡したためTVAに拘束される。変異体として剪定対象となるが、マルチバースで殺戮を繰り返す別の変異体の捜査に協力する事になる。

 

シルヴィ

ロキの変異体の女性。TVAに復讐するため様々な時代に移動してミニットメンを殺害し続け、ある方法を使って雲隠れする中でロキと名乗る男性と出会う。

 

メビウス・M・メビウス

TVAで分析官として働く男性。拘束されたロキの尋問を担当を担当する事になり、協力して事件を起こす変異体の捜査を進める中で友情を深めていく。

 

ラヴォーナ・レンスレイヤー

TVAの判事でメビウスの上司の女性。タイムキーパーに対する忠誠心が強く、神聖時間軸を脅かす存在に対して容赦しない。

 

ハンターB-15

TVAのミニットメンを率いる隊員の女性。高い戦闘能力を持ち、TVAに対する忠誠心が強いため、何の疑問も抱かず変異体を容赦なくリセットしている。

 

ミス・ミニッツ

TVAのマスコットキャラクター。AIとして職員の業務をサポートしながら拘束された変異体に対して教育を行っていて、TVA内の様々な情報を握っている。

 

あらすじ・ストーリー

アベンジャーズとの戦いに敗れた「ロキ」は、コズミックキューブの力でテレポートに成功するが、砂漠に飛ばされた後、突然現れた「ハンターB-15」率いるミニットメンに拘束される。その後、TVAへ連行されたロキは変異体として扱われ、判事の「ラヴォーナ・レンスレイヤー」からリセットの判決を言い渡される。しかし、分析官の「メビウス・M・メビウス」のお陰でリセットされずに済んだロキだったが、本来辿るべきだった未来のビジョンを見せられてショックを受ける。そんな中、メビウスから逃亡中の変異体について捜査協力を依頼されたロキは、TVAのトップに君臨するタイムキーパーへの謁見を条件に承諾する。逃亡中の変異体が別次元の自分だと聞いたロキだったが、どの時代のどの場所に現れるのか分からないため捜査は難航する。そこで、過去に現れた時代と場所に目を付けたロキは、潜伏先を割り出して2050年へ向かい、変異体「シルヴィ」と対峙するが、戦闘の末に逃げられたため急いで後を追いかける。果たして、ロキの運命は一体どうなってしまうのか?衝撃の事実と先の読めない予測不能な展開はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

オリジナルの設定と展開

二転三転するストーリー

マルチバースの分かりやすさ

個性豊かな登場人物

適度なユーモア感

残念だった点

やや鑑賞難度が高い点

 

感想

見応えのある作品でした。

登場作品が多い割に深掘りされてこなかったロキの内面にスポットを当てつつ、マルチバースという予測不能な展開を組み合わせる事で、新鮮さと複雑さを上手く両立させていると感じました。冷静なロキが思い通りにいかずに翻弄される姿もユーモアがあって良かったですし、今後の展開がもっと楽しみになる魅力溢れる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク