ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『仄暗い水の底から』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

仄暗い水の底から』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

仄暗い水の底から』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル 仄暗い水の底から
監督 中田秀夫
公開年 2002年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 101分(1時間41分)
制作 オズ 他
配給 東宝
主題歌 スガシカオ「青空」

 

キャスト

俳優名 役名
黒木瞳 松原淑美
小日向文世 浜田邦夫
菅野莉央 松原郁子
小口美澪 河合美津子
小木茂光 岸田

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.短編を映画化

今作は「鈴木光司」の短編集『仄暗い水の底から』に収録されている「浮遊する水」を基に制作された作品になります。ただ、原作は短編のため内容が大幅に異なり、特にラストの部分は今作オリジナルになるので、気になる方はぜひ原作の方もご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.最恐コンビ

今作の監督を務めた「中田秀夫」は、今作以前に『リング』『リング2』の監督を務めているのですが、両作共に原作者は鈴木になります。

 

ポイント4.見所

離婚調停と親権問題

新生活から始まる恐怖

頻発する怪奇現象

捨てても戻る赤いバッグ

行方不明の美津子

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の上映に合わせてテレビだけでなくラジオでもCMが流されたみたいなのですが、タイトル名を読み上げる間の部分にコロスという音声が入る謎の現象が起きたらしいです。

 

こんな方にオススメ

独特な緊張感のある映画をお探しの方

不快な空気感のある映画をお探しの方

家族の大切さが実感できる映画をお探しの方

超常現象や幽霊に興味のある方

不屈の精神を身に付けたい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

松原淑美

離婚調停中の女性。夫の邦夫と郁子の親権争いをする中で有利に進めるため古いマンションに引っ越すが、怪奇現象が次々と起こり始める。

 

浜田邦夫

淑美の夫。郁子の親権を巡って淑美に対してプレッシャーをかけつつ精神的に不安定になっていると指摘して調停を有利に進めようとしている。

 

松原郁子

淑美と邦夫の娘。両親の離婚に巻き込まれる中で淑美と新生活を始めるが、怪奇現象の発生と同時に言動がおかしくなり始める。

 

河合美津子

2年前から行方不明になっている少女。松原親子が引っ越してきた部屋の上階に父親と住んでいたが、1人で留守番をしている間に行方不明になってしまう。

 

あらすじ・ストーリー

離婚調停中の「松原淑美」は、夫の「浜田邦夫」と娘の「松原郁子」の親権を争う事になり、有利に進めるために古いマンションに引っ越しする。就職先も決まって郁子との新生活をスタートさせた淑美だったが、天井の雨漏りや水を出すと髪の毛が入っていたりしたため、管理人や不動産屋に相談するも対応が悪く、上階の部屋を訪ねても反応が無かった。更に、郁子も独り言を呟いたり、屋上で見つけた赤いバッグに執着するようになった事で淑美は心身共に疲弊していく。そんな中、淑美は近所の張り紙を見て上階に住んでいた少女「河合美津子」が2年前から行方不明になっている事を知る。その後、郁子が高熱を出した事で恐怖を感じた淑美は美津子の仕業だと考え、意を決して上階の部屋を再び訪れるが、鍵が開いていて水が出しっぱなしのまま一面水浸しの状態だった。そこで、淑美は弁護士の「岸田」に相談し、雨漏りの件が解決した事で安心したのも束の間、更なる恐怖が松原親子を襲い始める。果たして、淑美は郁子を守る事が出来るのか?衝撃の事実とエスカレートする怪奇現象はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

水を使った恐怖演出

陰湿な雰囲気

シンプルな伏線

残念だった点

ツッコミ所が多い点

 

感想

気分が沈む作品でした。

アジアホラー特有のジメジメとした湿っぽさと胸糞の内容が合わさる事で、見終えた後も不快感が残ると感じました。ただ、内容に沿う形で全体的に静かなシーンが多く、ツッコミ所の多さも目立ちましたが、鬱感情を詰め込んだ作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク