ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA 〇(定額見放題)
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年12月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
原題 The Hangover Part II
監督 トッド・フィリップス
公開年 2011年
ジャンル ロードムービー,コメディ
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 102分(1時間42分)
制作 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
ブラッドリー・クーパー フィル・ウィネック
エド・ヘルムズ スチュアート・プライス(ステュ)
ザック・ガリフィアナキス アラン・ガーナー
ジャスティン・バーサ ダグ・ビリングス
ケン・チョン レスリー・チャウ
メイソン・リー テディ
ジェイミー・チャン ローレン
ポール・ジアマッティ キングスレー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はハングオーバーのシリーズ2作目になります。前作『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』との関連については、メインキャストがそのまま引き継がれている事に加えて、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるので注意が必要です。また、今作単体で見ても十分楽しむ事は出来ますが、前作を先に見る事をオススメします。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.スケールアップ

前作の舞台はラスベガスでしたが、今作は邦題にもあるように国境を超えてタイが舞台になります。また、撮影も実際にタイで行われたみたいで、有名なホテルから街中にあるバー、テーマパークの「アンシエント・サイアム」等、様々なスポットが登場するので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。ちなみに、前作の制作費は約3,500万ドルだったのに対して、今作は2倍以上の約8,000万ドルの予算をかけて制作されたらしいです。

 

ポイント4.見所

ツッコミ所満載の演出

再び二日酔いから始まる悲劇

個性的な登場人物

ステュに起こる災難

トラブル続きのテディの捜索

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中に登場するタトゥーアーティストは、元々「メル・ギブソン」が演じる予定だったみたいなのですが、実現しなかったため「リーアム・ニーソン」が演じる事になり、撮影まで行ったにも関わらず、再撮影が出来ない事を理由に全てカットして最終的に「ニック・カサヴェテス」が起用されたらしいです。

また、アラン役を演じた「ザック・ガリフィアナキス」は、髭を剃るという脚本に対してNGを出したみたいで、坊主はOKだったので急きょ脚本を書き換えたらしいです。

他にも、ステュ役を演じた「エド・ヘルムズ」のスタントマン「スコット・マクリーン」が撮影中の事故で数ヶ月の間意識不明になったため訴訟を起こしたみたいです。

ちなみに、ザックは前作のヒットを受けて知名度が上がったと同時に店で大勢の人から酒を奢ってもらうようになったらしく、一晩で何度も続いた際に正直辛かったと話していたみたいです。

 

こんな方にオススメ

気軽に笑える映画をお探しの方

ブラックユーモア溢れる映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

お酒のトラブルで後悔した事のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

フィル・ウィネック

妻子持ちで教師の男性。ステュの結婚式に招待されてタイへ来たが、ビーチでビールを飲んだ後に記憶を失くし、テディが行方不明になってしまう。

 

スチュアート・プライス(ステュ)

結婚を目前に控えた歯科医の男性。ベガスでのトラブルを教訓にバチェラー・パーティは行わなかったが、テディの行方不明を含めて数々の悲劇に遭ってしまう。

 

アラン・ガーナー

ニートでトラブルメーカーの男性。フィル達と一緒にタイに来たが、密かに連絡を取っていたチャウを呼んでしまったため、更なるトラブルに巻き込まれる。

 

ダグ・ビリングス

アランの義兄。ステュの結婚式に参加するためタイに来たが、ビーチでビールを飲んだ後、1人でホテルに戻ったためフィル達の行動について何も知らない。

 

レスリー・チャウ

国際的に指名手配されている男性。ベガスの件以降仲良くなったアランとタイで再会し、唯一記憶が残っていたが、ドラッグの過剰摂取で倒れてしまう。

 

テディ

ステュの婚約者ローレンの弟。真面目で成績優秀だが、アランに初見で嫌われてしまう。フィル達とビールを飲んだ後、指だけを残して行方不明になる。

 

あらすじ・ストーリー

結婚を控えた「スチュアート・プライス」は、友人の「フィル・ウィネック」「ダグ・ビリングス」「アラン・ガーナー」と共にタイへ向かう。ハメは外さないと決めていたステュは、ビーチで義弟になる予定の「テディ」を交えて5人でビールを飲むだけにしていたが、翌朝知らないホテルで目を覚ます。更に、謎のサルとテディの指が見つかり、ステュの顔にはタトゥーが入っていて、アランも丸坊主になっていた。しかし、ダグとは連絡が取れたが、テディが行方不明になったため、3人は捜索する事になる。そこで、アランが呼んでいた「レスリー・チャウ」に何があったか聞こうとしたが、ドラッグの吸込み過ぎで倒れたため、警察に向かった3人はテディの服を着た僧侶に出会う。その後、寺院を経由してパブに辿り着いた3人だったが、突然謎の集団にサルを返せと脅され、フィルが銃で撃たれてしまう。果たして、3人はテディを見つけて結婚式に間に合う事が出来るのか?予測不能の展開と笑劇のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

キャストの演技

新しい展開と設定

過激になった演出

マイク・タイソンの再登場

オフショット風の写真

残念だった点

ワンパターン感が目立つ点

 

感想

ぶっ飛んだ続編でした。

前作の良さは残しつつ新しい要素を加える事で、様々な部分がグレードアップしていると感じました。ただ、前作と同じパターンのため新鮮さに欠ける部分は残念でしたが、更に過激度を増した続編になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク