ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

※本ページにはプロモーションが含まれています

映画『Pearl パール』5つのポイント・サブスクどこで見れる?・配信情報・見どころ・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

動画配信サービス情報

『Pearl パール』を見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
Hulu △(レンタル)
ABEMA ×
Lemino △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2024年5月時点のものです。サービスによって見放題の期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(お得に見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

Blu-ray・DVD・グッズ情報

『Pearl パール』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル Pearl パール
原題 Pearl
監督 タイ・ウェスト
公開年 2022年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 102分(1時間42分)
制作 A24 他
配給 A24

 

キャスト

俳優名 役名
ミア・ゴス パール
デヴィッド・コレンスウェット 映写技師
タンディ・ライト ルース
エマ・ジェンキンス=プーロ ミッチー
アリステア・シーウェル ハワード
マシュー・サンダーランド パールの父親

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はXのシリーズ2作目になります。前作『X エックス』との関連については、時系列的にも内容的にも繋がりがあるため注意が必要です。また、今作は前作に登場したパールにスポットを当てた前日譚になるので、ぜひ前作とセットでご覧になってみて下さい。

(Xの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.同時進行

今作は前作『X エックス』の撮影前から企画がスタートし、監督を務めた「タイ・ウェスト」とマキシーンとパール役の両方を演じた「ミア・ゴス」が共同で脚本を書き始めていたみたいです。その後、A24が正式に制作を決定したため、前作の撮影終了と同時に今作の撮影もスタートしたらしいです。

 

ポイント4.見所

内なる欲望と狂気の覚醒

介護と抑圧による厳しい現実

パールの夢と過去

母親との確執

映写技師の誘惑

 

ポイント5.小ネタ・裏話

前作から引き続きパール役を演じた「ミア・ゴス」は、今作で初めて脚本や制作にも携わったみたいです。

また、今作は元々モノクロで撮影される予定だったらしいのですが、制作会社のA24が反対した事や色合いにこだわりたかったため変更されたみたいです。

他にも、劇中に登場する納屋や家等の建物は前作の撮影で使用したセットをそのまま再利用したらしく、壁紙の張り替えとペンキの塗装のみ行われたみたいです。

ちなみに、劇中で流れる音楽には68人によるフルオーケストラの演奏をレコーディングした楽曲が使われたらしいです。

 

こんな方にオススメ

グロテスクなホラー映画をお探しの方

不快感の残る映画をお探しの方

独特な雰囲気のある映画をお探しの方

闇の深い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

登場人物

パール

スターを夢見る女性。父親の介護と農場の手伝いに明け暮れる日々を過ごしながら厳格な母親に夢を否定される中で、出会った映写技師からスターになれると言われて刺激を受け、義妹の情報でダンスオーディションがあると知り、家を出るチャンスだと考えて受ける事に決める。

 

映写技師

パールが出会った映写技師の男性。映画館を出たパールに声をかけ、家を離れられない境遇を聞かされるが、好きな事をすれば良いとアドバイスしつつスターになれると言って密会するようになる。

 

ルース

パールの母親。夫の介護と農場の運営をしながら貧しい生活を送っているため、スターになる夢を抱くパールに対して厳しい言葉を投げかけつつ、食べ物を援助するために訪れたハワードの母や妹に対しても冷たく接する。

 

あらすじ・ストーリー

農場に住む「パール」は、スクリーンで踊るダンサーに憧れ、スターになる夢を抱きつつも父親の介護と家畜の世話に明け暮れる日々を送っていた。若くして結婚したパールだったが、夫の「ハワード」は戦場に出征中だったため、男手がない事を理由に母親の「ルース」から考えを改めるよう厳しく言われ、常に不満を抱えていた。ある日、ルースから父親の薬を買ってくるよう言われたパールは町へ出かけ、代金の残りで息抜きしようと映画を見る事にする。大スクリーンで踊るダンサーを見て大興奮するパールは、映画館を出た後に映写技師の男性と出会い、君ならスターになれる、スクリーンで踊る姿を見るのが楽しみだと言われる。続けて映写技師から好きな時に映画を見せてあげると言われたパールは、喜びに満ちると同時に刺激的な出会いに触発されて畑に立つカカシ相手に性行為の真似事を始める。その後、帰宅したパールは代金が少ない事を母親に咎められ、親子関係が悪化する中で義妹の「ミッチー」と久々に再会する。更に、ミッチーから近々教会でダンサーのオーディションがある事を聞いたパールは、家を出る千載一遇のチャンスが訪れたと考え、高ぶる気持ちを抑えきれずに映写技師の元へ向かい、フランスで買い付けてきたポルノ映画を一緒に見た事でヨーロッパへ行きたいと思うようになる。そして、パールは意を決してオーディションの事をルースに話すが、真っ向から否定されたため言い争いから取っ組み合いのケンカに発展し、母親に大火傷を負わせてしまい、逃げるように家を出て再び映写技師の元へ向かう。果たして、パールはスターになる夢を叶える事が出来るのか?衝撃の展開と狂気が覚醒したパールの姿はご自身の目でご確認下さい!

 

スポンサーリンク

 

レビュー

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆☆

☆5つが満点

 

良かった点

ミア・ゴスの怪演

作品またぎの伏線回収

こだわりの映像と音楽

不快感を煽る演出

残念だった点

ややゴア描写が控えめな点

 

 

感想

刺激的で胸糞な続編でした。

前作で強烈なインパクトを残したパールの過去を掘り下げつつ、内に秘めた欲望や残虐性、不遇な人生によって芽生える狂気を生々しく描いていて、ドラマ性のある内容に仕上がっていると感じました。ただ、前作に比べると不気味さやゴア描写は控えめな反面、ノスタルジックでポップな世界観と音楽によって良いアンバランス感を生み出していると感じましたし、不覚にも感情移入してしまう不思議な魅力のある作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

 

スポンサーリンク