ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA 〇(定額見放題)
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年12月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
原題 The Hangover
監督 トッド・フィリップス
公開年 2009年
ジャンル ロードムービー,コメディ
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 100分(1時間40分)
制作 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
ブラッドリー・クーパー フィル・ウィネック
エド・ヘルムズ スチュアート・プライス(ステュ)
ザック・ガリフィアナキス アラン・ガーナー
ジャスティン・バーサ ダグ・ビリングス
ケン・チョン レスリー・チャウ
ヘザー・グラハム ジェイド
マイク・エップス 黒い方のダグ
サーシャ・バレス トレーシー・ガーナー
マイク・タイソン マイク・タイソン(本人役)

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.実話ベース

今作はアメリカの映画やテレビでプロデューサーを務める「トリップ・ヴィンソン」のラスベガスで行ったバチェラー・パーティーで起きた事象を基に制作された作品になります。劇中では脚色が加えられていますが、実際にトリップは酔っ払って意識を失った上に行方不明になり、クラブで目が覚めた後に高額の支払いを要求されたらしいです。

 

ポイント3.アドリブ祭

アラン役を演じた「ザック・ガリフィアナキス」は、監督を務めた「トッド・フィリップス」から天邪鬼な性格という設定を伝えられたらしく、撮影ではアドリブを連発していく中で予想外の人物像になっていったみたいです。また、レスリー役を演じた「ケン・チョン」もザック同様にアドリブによって癖の強い人物像を形成していったらしいです。

 

ポイント4.見所

ツッコミ所満載の演出

二日酔いから始まる悲劇

個性的な登場人物

アランの意外な才能

トラブル続きのダグの捜索

 

ポイント5.小ネタ・裏話

アラン役は当初「ジャック・ブラック」にオファーを出していたらしいのですが、断られたため「ジェイク・ギレンホール」や「ジョナ・ヒル」が候補として選ばれる中でザックに決定したみたいです。

また、ステュ役を演じた「エド・ヘルムズ」は、元々歯が1本無いため差し歯をしているらしく、撮影では実際に歯を外していたみたいです。

他にも、元プロボクサーの「マイク・タイソン」が本人役で出演しているのですが、撮影予定の前日まで出演を忘れていたらしいです。

ちなみに、劇中の設定と同じくタイソンは実際にトラを飼っていたみたいです。

 

こんな方にオススメ

気軽に笑える映画をお探しの方

ブラックユーモア溢れる映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

お酒のトラブルで後悔した事のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

フィル・ウィネック

妻子持ちで教師の男性。バチェラー・パーティーをラスベガスで行う事にするが、結婚を控えたダグが行方不明になり、次々とトラブルに巻き込まれる。

 

スチュアート・プライス(ステュ)

歯科医の男性。気の強い恋人の尻に敷かれている。二日酔いで目が覚めると歯が無くなっていて、ダグ同様にプロポーズ用の指輪も行方不明になってしまう。

 

アラン・ガーナー

ダグの婚約者トレーシーの弟。ニートな上に空気が読めない変人。目が覚めた時に病院のリストバンドを身につけていたため、ダグを捜索する手がかりとなる。

 

ダグ・ビリングス

フィルとステュの友人で、挙式を2日後に控えた男性。アランを誘って4人でラスベガスへ向かうが、一晩のうちに行方不明になってしまう。

 

レスリー・チャウ

謎の中国人男性。アランが持ち帰ったバッグの中に8万ドル分のカジノのチップが入っていたため、ダグを誘拐して交換取引を3人に持ちかける。

 

あらすじ・ストーリー

結婚を直前に控えた「ダグ・ビリングス」は、友人の「フィル・ウィネック」「スチュアート・プライス」義理の弟になる予定の「アラン・ガーナー」と共にバチェラー・パーティーを楽しむためラスベガスへ向かう。4人はカジノへ行く前に祝杯を上げるが、翌朝目が覚めると散乱した部屋にトラと見知らぬ赤ちゃん、走り去る謎の女性等、理解し難い状況に陥る。更に、ダグが行方不明になっていて、3人とも昨夜の記憶が全く無かったため、手がかりを求めて病院へ向かう。すると、血中から大量のドラッグが検出された事を知り、記憶が無くなった原因が判明した3人は、医師の情報を元にチャペルへ向かう。そこで、ステュが「ジェイド」という女性と結婚した事を知るが、今度は謎の中国人集団に襲撃されてしまう。そして、ジェイドの元を訪れた3人だったが、ダグの行方が分からないままパトカーを盗んだ罪で逮捕されてしまう。果たして、3人はダグを見つけて結婚式に間に合わせる事が出来るのか?予測不能の展開と笑劇のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

キャストの演技

分かりやすい構成

マイク・タイソンの登場

オフショット風の写真

程よいボリューム感

残念だった点

やや強引に感じる点

 

感想

大爆笑の作品でした。

ブラックジョークとふざけ散らかした展開に加えて、様々な要素をバランスよく組み合わせているので、非常に完成度が高いと感じました。強引ではあるものの、やりたい放題なのにストーリーとして成立させているのも良かったですし、最後まで笑わせてくれる最高の作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク