ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ザ・ボーイ-人形少年の館-』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ザ・ボーイ-人形少年の館-』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ザ・ボーイ-人形少年の館-』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ザ・ボーイ-人形少年の館-
原題 The Boy
監督 ウィリアム・ブレント・ベル
公開年 2016年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 97分(1時間37分)
制作 レアクショア・エンターテインメント 他
配給 STXエンターテインメント

 

キャスト

俳優名 役名
ローレン・コーハン グレタ・エヴァンズ
ルパート・エヴァンス マルコム
ジム・ノートン ミスター・ヒールシャー
ダイアナ・ハードキャッスル ミセス・ヒールシャー
ベン・ロブソン コール
ジェット・クライン ブラームス・ヒールシャー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.人形ホラー

今作は、ブラームスという名前の人形を使ったホラー作品になります。また、有名な『チャイルド・プレイ』シリーズや『アナベル』シリーズ、そして『パペットマスター』シリーズ等、数多くの有名な作品に匹敵する怖さと意外性を兼ね備えているのも特徴になります。

 

ポイント3.10のルール

劇中では、ブラームス人形を扱う上で絶対に破ってはいけないルールが10個設定されていて、ストーリーに関係する重要な要素でもあるので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

①客人を招いてはならない

②少年の顔を触ってはいけない

③食事は冷蔵庫で保存せよ

④毎朝7時に起こす事

⑤平日は3時間勉強を教える事

⑥音楽を大音量でかける事

⑦少年を独りにしてはいけない

⑧庭のネズミ取りを掃除する事

⑨必ず少年に食事を与える事

⑩お休みのキスをする事

 

ポイント4.見所

不気味な館とブラームス人形

ヒールシャー家とグレタの過去

怪奇現象に隠された秘密

悪夢と恐怖に襲われるグレタ

マルコムが語る事件と火事

 

ポイント5.小ネタ・裏話

グレタ役を演じた「ローレン・コーハン」は大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』のマギー役として有名ですが、元々ホラー映画も見る事が出来ないほど怖いものが苦手だったみたいです。

また、今作の撮影には材質が異なる4体のブラームス人形が使われたらしいです。

 

こんな方にオススメ

一風変わったホラー映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

自分を変えたいと思っている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

グレタ・エヴァンズ

人形のベビーシッターとして働く女性。10のルールを無視したため怪奇現象に遭遇し、マルコムに相談する中でコールが押しかけてきて最悪の事態に発展する。

 

マルコム

ヒールシャー家に食品を配達する男性。グレタに好意を寄せる中で怪奇現象を目の当たりにし、生前のブラームスに関する事件と火事の話を聞かせる。

 

ヒールシャー夫妻

グレタを雇った老夫婦。失った息子のブラームスの代わりに人形と一緒に暮らしていたが、旅行に出かけると言ってグレタに世話を押し付けて入水自殺する。

 

コール

グレタの元恋人の男性。暴力的な性格で、アメリカからイギリスに逃亡したグレタを追いかけてきたが、ブラームスの怒りを買う事になる。

 

あらすじ・ストーリー

元恋人の「コール」からDVを受けていた「グレタ・エヴァンズ」は、アメリカからイギリスへ逃亡して「ヒールシャー夫妻」の住む屋敷でベビーシッターとして住み込みで働く事にする。「ブラームス」と呼ぶ人形の世話を頼まれ、10のルールが書かれた紙を渡されたグレタだったが、ヒールシャー夫妻が旅行に出かけたため早々に破ってしまう。その後、次々と怪奇現象が起き始め、悪夢にうなされるようになったグレタは、親しくなった「マルコム」に相談するが、信じてもらえなかった。しかし、マルコムもグレタと共に怪奇現象を目の当たりにした事で信じるようになり、次第に2人の関係が深まる中で、突然コールが屋敷に押しかけてきた。コールは威圧的な態度で脅迫するが、グレタは準備が必要だと言って一晩の猶予を貰ってブラームスに助けを求める。すると、真夜中にコールが寝ていた部屋の窓に血で文字が書かれる現象が起きるが、グレタとマルコムがやったと思い込んで激怒し、腹いせに人形を床に叩きつけて破壊したため、ブラームスの怒りを買う事になる。果たして、グレタ達の運命は一体どうなってしまうのか?意外な展開と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

意外性に特化した構成

巧みなミスリード

CGに頼らない演出

恐怖感を煽る曖昧さ

残念だった点

人物設定が簡素な点

 

感想

ゾクゾクする作品でした。

ブラームスビスクドールという設定にする事で冷たさと不気味さを増幅させつつ、動静を上手く使った演出が極上のスリルと恐怖感を引き出していると感じました。屋敷の雰囲気もシンプルな怖さがあって良かったですし、ネタバレ後に更なる恐怖を堪能出来る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク