ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ザ・ボーイ-残虐人形遊戯-』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ザ・ボーイ-残虐人形遊戯-』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ザ・ボーイ-残虐人形遊戯-』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ザ・ボーイ-残虐人形遊戯-
原題 Brahms: The Boy II
監督 ウィリアム・ブレント・ベル
公開年 2016年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 86分(1時間26分)
制作 レアクショア・エンターテインメント 他
配給 STXエンターテインメント

 

キャスト

俳優名 役名
ケイティ・ホームズ ライザ
オウェイン・イオマン ショーン
クリストファー・コンヴェリー ジュード
ラルフ・アイネソン ジョセフ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作は、ザ・ボーイのシリーズ2作目になります。前作『ザ・ボーイ-人形少年の館-』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にもつながりがあるため注意が必要です。特にネタバレ部分が非常に重要であり、今作単体で見てしまうと面白さが半減してしまうので、ご覧になる際には前作を先に見る事を強くオススメします。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.ビスクドール

前作同様に今作にもビスクドールブラームスが登場し、劇中では製作者の名前や詳細を調べる方法として、手か足を見れば分かるという設定が使われています。実際に手や足の他に首や頭に記載されている物が多いみたいなのですが、中には記載の無い物もあるらしいです。

 

ポイント4.見所

居住環境の変化で始まる悲劇

恐怖屋敷と過去の歴史

離れで起こる怪奇現象

人形に隠された秘密

それぞれのトラウマとの戦い

 

ポイント5.小ネタ・裏話

ライザ役を演じた「ケイティ・ホームズ」ですが、今作に加えて『ザ・シークレット:デア・トゥー・ドリーム』の演技が良くなかったため第41回ゴールデンラズベリー賞で「最低主演女優賞」にノミネートされたみたいです。

 

こんな方にオススメ

謎解き要素が多めの映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

トラウマを克服したい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ライザ

ジュードの母親。強盗に襲われたトラウマで悪夢と頭痛に悩まされ続け、居住環境を変えるもジュードが人形を拾った事で今度は怪奇現象に苛まれるようになる。

 

ショーン

ジュードの父親。家族が抱えるトラウマを和らげるため自然豊かな郊外で短期滞在を始め、精神的に支えようとするが、次々と不吉な事が起こり始める。

 

ジュード

失声症に悩む少年。土に埋められていた古い人形を発見し、ブラームスと名付けて一緒に暮らし始める中で症状が緩和されていく。

 

ジョセフ

森の周辺を管理する男性。散弾銃を常に持ち歩いていて、ジュードと人形に対して興味を示して話しかけるが、危険な人物だと考えるライザに警戒されている。

 

あらすじ・ストーリー

強盗に襲われて頭部を負傷した「ライザ」と一部始終を見ていた息子の「ジュード」は、それぞれトラウマに悩まされていたため、夫の「ショーン」と3人で自然豊かな郊外で短期滞在する事に決める。その後、物件を契約した一家は森の中を散策し、ジュードは見つけた古い人形にブラームスと名付けて肌身離さず持ち歩くようになる。一方、ライザは周辺を管理している「ジョセフ」と出会ったが、危険な人物かもしれないと考えて警戒する。そんな中、ジュードはブラームスに話しかけるまで回復し、喜ぶライザだったが、不気味な言動と怪奇現象が目立ち始めたため人形を処分しようと考える。しかし、ジュードからブラームスを怒らせると酷い目に遭うと警告され、人形について調べる中で過去に母家で起きた凄惨な事件を知る。更に、ジュードがブラームスと共に母家へ向かってしまい、ジョセフに監禁されたライザは、人形の秘密を知る事になる。果たして、ライザはジュードを助け出す事が出来るのか?衝撃の事実と不気味なラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

新設定と新展開

離れと母家のギャップ

王道の恐怖演出

残念だった点

露骨なミスリード

説明不足が目立つ点

 

感想

条件次第の続編でした。

前作を見ているかいないかで全く別物に感じる内容でしたが、比較するとインパクトの薄さや怖さが減少していると感じました。また、前作の登場人物に対する説明がほとんど無い上に、気になる点が多過ぎるのも残念に感じましたが、ホラー演出自体は王道ながら怖さがある作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク