ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

※本ページにはプロモーションが含まれています

映画『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』5つのポイント・無料配信・情報・見どころ・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

無料動画配信サービス情報

『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
Hulu △(レンタル)
ABEMA ×
Lemino △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2024年1月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

Blu-ray・DVD・グッズ情報

『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース
原題 Spider-Man:Across the Spider-Verse
監督 ホアキン・ドス・サントス
ケンプ・パワーズ
ジャスティン・K・トンプソン
公開年 2023年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 140分(2時間20分)
制作 マーベル・エンターテインメント 他
配給 ソニー・ピクチャーズ
主題歌 日本語吹替版 LiSA 「REALiZE」

 

キャスト

声優名 役名
シャメイク・ムーア マイルズ・モラレス
スパイダーマン
ヘイリー・スタインフェルド グウェン・ステイシー
スパイダーグウェン
オスカー・アイザック ミゲル・オハラ
スパイダーマン2099
ジェイソン・シュワルツマン ジョナサン・オーン
スポット
イッサ・レイ ジェシカ・ドリュー
スパイダーウーマン
ダニエル・カルーヤ ホバート・ブラウン(ホービー)
スパイダーパンク
ジェイク・ジョンソン ピーター・B・パーカー
スパイダーマン
カラン・ソーニ パヴィトラ・プラバカール
スパイダーマン・インディア
ブライアン・タイリー・ヘンリー ジェファーソン・デイヴィス
ルナ・ローレン・ベレス リオ・モラレス
シェー・ウィガム ジョージ・ステイシー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はCGアニメ作品スパイダーバースのシリーズ2作目になります。前作『スパイダーマン:スパイダー・バース』との関連については、重大なネタバレを含め、時系列的にも内容的にも繋がりがあるため注意が必要です。また、今作には様々なスパイダーマンやヴィランが登場するので、ぜひ他のスパイダーマン作品も併せてチェックしてみて下さい。

(スパイダーバースの記事一覧はコチラ)

(スパイダーマンの記事一覧はコチラ )

 

ポイント3.スパイダーの集結

今作に登場するスパイダーマンはアニメ版だけでなく、ゲームや実写版からも音声とアーカイブ映像を使って登場する等、マルチバースという特性を最大限に活かしているのが特徴になります。また、スパイダーマンやヴィランだけでなく関係者も登場するので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

ポイント4.見所

グウェンの過去と苦渋の決断

マイルズの葛藤と新たな敵

スパイダーマンvsスパイダー軍団

ミゲルの過ちと信念

避けられない運命とバースの崩壊

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の監督を務めた「ホアキン・ドス・サントス」「ケンプ・パワーズ」「ジャスティン・K・トンプソン」は、制作にあたって前作と同じ事はしないという共通認識を持っていたみたいで、数えきれないほど新たなツールを開発したらしいです。

また、今作の制作に参加したクリエイター達は、キャラクターに個性を持たせるためにあえて統一感を出さないように心がけたみたいで、今作オリジナルのスパイダーマンも約100種類新たにデザインされたらしいです。

他にも、劇中に登場するレゴの世界は14歳の少年「プレストン・ムタンガ」が担当したみたいで、今作の予告映像をレゴを使って再現した動画をYouTubeにアップしたところ製作陣の目に止まって参加が実現したらしいです。

ちなみに、前作同様に様々なアーティストが参加しているサウンドトラックも発売されているので、興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

迫力のあるアクション映画をお探しの方

アーティスティックな映画をお探しの方

勇気がもらえる映画をお探しの方

難しい選択に悩んでいる方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

登場人物

マイルズ・モラレス

スパイダーマンとして活動する男子高校生。孤独を抱えながらヒーロー活動を行う中で新たな脅威のスポットを撃退し、念願のグウェンとも再会を果たす。グウェンの活動を手伝いつつ人助けをするが、バース崩壊の危機を招いた事でミゲルに拘束され、真実を告げられた後に脱走したため追われる事になる。

 

グウェン・ステイシー

スパイダーグウェンとして活動する女子高校生。孤独を抱えながらヒーロー活動に勤しむ反面、警察署長で父親のジョージに正体を打ち明けられずにいる。別のバースから現れたヴァルチャーと交戦した際、一緒に戦ったジェシカに誘われてスパイダー・ソサエティのメンバーとなる道を選ぶ。

 

ミゲル・オハラ

スパイダー・ソサエティのリーダーを務める男性。自らの過ちからスパイダーマンには避けられない運命がある事に気付き、マルチバースの平和と均衡を保つための組織を作って活動を続ける中で、バース崩壊の危機を招いたマイルズが脱走したためメンバー達と共に行方を追う事にする。

 

スポット

元科学者の男性。空間を自由に移動出来る能力を持っていて、マイルズに体を変異させられたため恨んでいる。マイルズとの交戦中に誤って自分の穴に入ってしまうが、様々なバースに移動出来る事に気付き、スパイダー・ソサエティに追われながらパワーを増幅させる加速器を探す。

 

ジェシカ・ドリュー

スパイダーウーマンとして活動する妊婦の女性。ミゲルが率いるスパイダー・ソサエティのメンバーで、別のバースに現れたヴァルチャーを捕らえる中で出会ったグウェンをスカウトするが、バース崩壊の危機を招いたマイルズに対しては容赦なく襲いかかる。

 

ホバート・ブラウン(ホービー)

スパイダーパンクとして活動する男性。スパイダー・ソサエティのメンバーとしてミゲルやジェシカと共に活動する一方で組織に対して抵抗意識があるため、マイルズが捕えられた際には逃走のアドバイスをする。

 

ピーター・B・パーカー

スパイダーマンとして活動する男性。マイルズやグウェン達と共に戦った後、元のバースに戻ってMJと復縁して子供を授かる。スパイダー・ソサエティのメンバーとなって活動を続ける中でマイルズとグウェンに再会する。

 

あらすじ・ストーリー

「キング・ピン」の野望を阻止し、元のバースに戻った「グウェン・ステイシー」は「マイルズ・モラレス」に会えない孤独さや、父親の「ジョージ・ステイシー」に正体を明かせないもどかしさを抱えながらヒーロー活動を続けていた。ある日、別のバースから突然現れた「ヴァルチャー」と交戦する事になったグウェンは、同じく別のバースから現れた「ミゲル・オハラ」と「ジェシカ・ドリュー」に出会う。2人の協力でヴァルチャーを拘束したグウェンだったが、ジョージが現れて銃口を向けてきたため正体を明かす事にするも、警察としての立場を優先されてしまう。そこで、ミゲルがジョージを制止し、ジェシカにスカウトされたグウェンは「スパイダー・ソサエティ」のメンバーとなり、自分がいたバースに別れを告げる。一方、マイルズも学校とヒーロー活動で忙しい日々を送る中でATM強盗の「スポット」と交戦する事になる。空間移動に苦戦しながらもスポットが自滅してどこかへ消えたため一安心したマイルズだったが、度重なる遅刻や約束を守らない事を理由に両親から外出禁止を言い渡される。そこへ、突然グウェンが現れて再会を喜ぶマイルズだったが、どのバースでも2人が近付くと悪い事が起きてしまうと言われてしまう。その後、仲間に呼ばれたと言ってグウェンは立ち去るが、母親の「リオ・モラレス」に背中を押されたマイルズは、意を決して後を追いかける事にする。更に、グウェンがスポットを追っている事やマルチバースを行き来しながら活動している事を知ったマイルズは、力になりたいという一心で戦いに参加する。しかし、マイルズはスポットとの戦いでグウェンの制止を振り切って人助けをしてしまった事でバース自体を崩壊の危機に晒してしまう。一連の行動からスパイダー・ソサエティ本部へ出頭を命じられたマイルズは「ピーター・B・パーカー」とも再会するが、リーダーのミゲルからスパイダーとして活動する上で避けられない死があると言われて拘束される。何とか「ホバート・ブラウン(ホービー)」のアドバイスで脱走したマイルズだったが、ミゲルの命で全スパイダーから追われる事になり、グウェンやピーターも苦渋の選択を強いられる事になる。果たして、マイルズ達の運命はどうなってしまうのか?衝撃の展開と目まぐるしく変化する状況に合わせたハイスピードなアクションはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆☆☆
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆☆

☆5つが満点

 

良かった点

ドラマ性のある展開

ユニークさとシリアス感のギャップ

笑いと涙を誘う演出

アートのような映像

雰囲気を盛り上げる劇中歌

残念だった点

情報量が多過ぎる点

 

感想

感情が爆発する続編でした。

まるで動く絵画のような映像に加え、スピード感のあるアクションと刻一刻と状況が変化するハイペースな展開で、瞬きするのを忘れるほど夢中になりました。マイルズやグウェンだけでなく、スパイダーマンというヒーローそのものにスポットを当てつつ背負った運命を上手く絡ませながら繊細かつ大胆に描いたストーリーも最高でしたし、大興奮間違いなしの作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

 

スポンサーリンク