ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『スパイダーマン:ホームカミング』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

スパイダーマン:ホームカミング』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA △(レンタル)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年2月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

スパイダーマン:ホームカミング』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル スパイダーマン:ホームカミング
原題 Spider-Man: Homecoming
監督 ジョン・ワッツ
公開年 2017年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 133分(2時間13分)
制作 マーベル・スタジオ
配給 ソニー・ピクチャーズ
主題歌 ラモーンズ「Blitzkrieg Bop」

 

キャスト

俳優名 役名
トム・ホランド ピーター・パーカー
スパイダーマン
マイケル・キートン エイドリアン・トゥームス
バルチャー
ロバート・ダウニー・Jr トニー・スターク
アイアンマン
ジェイコブ・バタロン ネッド・リーズ
ローラ・ハリアー リズ・トゥームス
ゼンデイヤ ミシェル・ジョーンズ(MJ)
ジョン・ファヴロー ハロルド・ホーガン(ハッピー)
メリサ・トメイ メイ・パーカー

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作はスパイダーマンのシリーズ1作目であり、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ16作目になります。MCUのシリーズ15作目でもある『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』との関連はほとんどありませんが、過去作の『シビル ウォー/キャプテン アメリカ』で既に今作のスパイダーマンが登場しているので、注意が必要です。また、今作の時系列的には『アベンジャーズ』の4年後という設定で、劇中にはアイアンマンも登場し、一部の内容に繋がりがあるので、ご覧になる際にはぜひ過去作を先に見る事をオススメします。

(スパイダーマンのシリーズをまとめた記事はコチラ)

(MCUの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.再リブート

元々『アメイジング・スパイダーマン2』の続編を制作する予定でしたが、打ち切りとなって企画自体が白紙の状態になり、新しい企画として「ソニー・ピクチャーズ」と「マーベル・スタジオ」のパートナーシップ契約が締結されて今作が制作される事になったみたいです。また、今作のサブタイトル「ホームカミング」は、劇中のホームカミングパーティーの他に、別のアースで物語が展開していたスパイダーマンMCUに帰ってきたという意味も込められているらしいです。

 

ポイント4.見所

新しいピーター像

ヒーローの条件と責任

若さ故の過ちと葛藤

バルチャーの正体

他作品との繋がり

 

ポイント5.小ネタ・裏話

ピーター役を演じた「トム・ホランド」は、舞台に出演していた事もあり、体操やダンスを含めて身体能力が高かったため、スタントシーンの大半を本人が演じたみたいです。

また、トムは役作りのために3日間ブロンクス高校に偽名で通っていたらしいです。

他にも、ピーター役のキャスティングの際、MCUでソー役を演じている「クリス・ヘムズワース」と今作にもトニー役で出演している「ロバート・ダウニー・Jr」の2人がトムの事を推薦し、保証人として太鼓判を押したみたいです。

ちなみに、劇中には様々なオマージュが散りばめられていて、ピーターが通うミッドタウン高校の壁には「ハワード・スターク」や「エイブラハム・アースキン」の壁画が描かれているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

迫力のあるアクション映画をお探しの方

熱い友情を感じる映画をお探しの方

青春を感じる映画をお探しの方

夢に向かって努力している方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ピーター・パーカー

アベンジャーズに加入する事を夢見る男子高校生。トニーに認めて貰いたい一心で奮闘するが、失態を繰り返したためスーツを没収されてしまう。

 

エイドリアン・トゥームス

武器の密売を取り仕切る男性。仕事を失って以降、チタウリの残骸から作成した武器を密売し、羽のあるスーツを身に付けて材料を調達している。

 

トニー・スターク

アイアンマンとして戦うアベンジャーズの共同リーダーの男性。ピーターに期待を寄せているが、ヒーローにとって必要な事を教えるため厳しく接する。

 

ネッド・リーズ

ピーターの親友の男子高校生。学力コンテストチームの一員でコンピューターに詳しい。ピーターがスパイダーマンだと知り、周囲にバレないように協力する。

 

リズ・トゥームス

ピーターが想いを寄せる女子高生。学力コンテストチームのリーダー的存在で、成績優秀なためクラスの中でも人気がある。

 

ミシェル・ジョーンズ(MJ)

ピーターのクラスメイトで風変わりな女子高生。学力コンテストチームの一員で勉強熱心かつ博識な反面、人付き合いが苦手で友達がいない。

 

ハロルド・ホーガン(ハッピー)

トニーの運転手で親友の男性。トニーからピーターの監視役を任されるが、アベンジャーズの本拠地移転による引越し作業に追われて放置しがちになっている。

 

メイ・パーカー

ピーターの叔母で保護者。ピーターの事を実子同然のように気にかけているが、スパイダーマンだという事は知らない。

 

あらすじ・ストーリー

ミッドタウン高校に通う「ピーター・パーカー」は、学業や学力コンテストの活動を疎かにし、現状に不満を感じながらもスパイダーマンとして街の犯罪を阻止していた。ある日、ATM強盗を発見したピーターは、見慣れない武器に苦戦し、周囲に損害が出てしまう。更に、遊びに来ていた「ネッド・リーズ」にスパイダーマンという事がバレたピーターは、心配の種が増える事になる。そんな中、ピーターは想いを寄せる「リズ・トゥームス」の自宅パーティーに参加する事になるが、強盗達が使っていた武器の密売現場を目撃し、逃げられたため追跡を試みる。すると、突然「エイドリアン・トゥームス」が現れて湖に落とされてしまうが、「トニー・スターク」が遠隔操作するアーマーに助けられる。そして、一連の出来事をトニーに話すも手を出すなと釘を刺されたピーターは憤りを感じ、何としても自分で解決してみせると心に決める。果たして、ピーターはエイドリアンの武器密売を阻止する事が出来るのか?大迫力の戦闘シーンと衝撃の展開はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

トム・ホランドの演技

シンプルなメッセージ性

個性的な登場人物

MCUならではの演出

リアリティのあるCG

残念だった点

ピーターの設定が曖昧な点

やや緊張感に欠ける点

 

感想

進化を感じる作品でした。

過去5作と全く異なるプロットからのアプローチが斬新なのはもちろんですが、未登場だったヴィランやヒロインを使う事で、より新鮮な内容になっていると感じました。ただ、良くも悪くも幼さが強調されているので好みは分かれるかもしれませんが、アイアンマンやハッピーの登場も最高の演出でしたし、MCUらしさをフル活用した作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク