ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『スパイダーマン3』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

スパイダーマン3』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA 〇(定額見放題)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年2月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

スパイダーマン3』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル スパイダーマン3
原題 Spider-Man 3
監督 サム・ライミ
公開年 2007年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 139分(2時間19分)
制作 マーベル・エンターテインメント 他
配給 ソニー・ピクチャーズ
主題歌 スノウ・パトロール「シグナル・ファイア」

 

キャスト

俳優名 役名
トビー・マグワイア ピーター・パーカー
スパイダーマン
キルスティン・ダンスト メリー・ジェーン・ワトソン(MJ)
ジェームズ・フランコ ハリー・オズボーン
ニュー・ゴブリン
トーマス・ヘイデン・チャーチ フリント・マルコ
サンドマン
トファー・グレイス エディ・ブロックJr
ヴェノム
ブライス・ダラス・ハワード グウェン・ステーシー
ローズマリー・ハリス メイ・パーカー
J・K・シモンズ J・ジョナ・ジェイムソン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作はスパイダーマンのシリーズ3作目になります。前作『スパイダーマン2』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるので注意が必要です。また、主要キャストも1作目からそのまま引き継がれていて、相関関係を含めて重要な設定が過去2作で描かれているので、ご覧になる際にはぜひ1作目から見る事をオススメします。

(スパイダーマンのシリーズをまとめた記事はコチラ)

 

ポイント3.複数のヴィラン

過去2作ではヴィランはそれぞれ1体づつしか登場しませんでしたが、今作ではサンドマン、ヴェノムの2体が登場します。また、サンドマンやヴェノムを実写で再現するために当時の映画史上最高額となる2億5,800万ドルという制作費が投じられたみたいです。

 

ポイント4.見所

ヒーローの品格と責任

ピーターの恋と友情と正義

ハリーの葛藤と復讐

サンドマンとヴェノムの暴走

ベン殺害の真犯人と真実

 

ポイント5.小ネタ・裏話

シリーズを通して監督を務めてきた「サム・ライミ」ですが、今作の内容について問題があったと話した上で酷い作品だったとインタビューの中で話していたみたいです。

また、1作目からピーター役を演じてきた「トビー・マグワイア」ですが、劇中で演奏するピアノやダンスは本人が演じていたらしいです。

他にも、グウェン役を演じた「ブライス・ダラス・ハワード」は撮影時に妊娠していたみたいなのですが、気付いていなかったためスタントも普通にこなしていたらしいです。

ちなみに、劇中には過去2作同様に「スタン・リー」がカメオ出演している事に加え、サム・ライミの娘も出演しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

迫力のあるアクション映画をお探しの方

メッセージ性の強い映画をお探しの方

泣ける映画をお探しの方

勇気がもらえる映画をお探しの方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ピーター・パーカー

スパイダーマンとして活動する男性。MJと交際する中でプロポーズを決意するも上手くいかず、シンビオートに寄生された事で人格が変わってしまう。

 

メアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)

ピーターの恋人で女優として活動する女性。大きな舞台で主演を務めるが、評価が悪かったため降板させられ、ピーターとの関係も悪化してしまう。

 

ハリー・オズボーン

ピーターの親友の男性。スパイダーマンでもあるピーターに復讐するためニュー・ゴブリンとなるが、戦闘の最中に頭を強く打って父親の死以降の記憶を失う。

 

フリント・マルコ

強盗の罪で収監されていた男性。脱獄後、警察に追われる中で実験施設の穴に落ち、電子分解装置の影響でサンドマンとなって娘を救うため再び強盗を始める。

 

エディ・ブロックJr

フリーカメラマンの男性。スパイダーマンの写真を偽造した事がピーターにバレて仕事を失うが、シンビオートの寄生でヴェノムとなって復讐を決意する。

 

グウェン・ステーシー

ピーターの学友の女性。スパイダーマンに命を救われ、名誉市民の受賞パーティーでキスした事で見ていたMJに不快感を与えてしまう。

 

メイ・パーカー

ピーターの叔母。ピーターがMJにプロポーズすると聞き、ベンから貰った大切な指輪を差し出す。

 

あらすじ・ストーリー

犯罪の減少と市民の反応に喜びを感じる「ピーター・パーカー」は、学業や恋人の「メアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)」との交際も順調で、順風満帆の生活を送っていた。そんな中、復讐に燃える「ハリー・オズボーン」はピーターを襲撃するが、頭を強打して記憶を失う。複雑な心境のまま生活を送るピーターだったが、MJから「グウェン・ステーシー」との関係を疑われ、2人の間に距離が出来てしまう。一方、刑務所から脱獄した「フリント・マルコ」は、サンドマンとなって暴走を始め、ピーターは鎮圧に向かう事になる。しかし、フリントが叔父の「ベン・パーカー」を殺害した真犯人だと知ったピーターは、謎の黒い生物シンビオートに寄生された事で攻撃的な性格に変わってしまう。何とかシンビオートを引き剥がす事に成功したピーターだったが、今度は「エディ・ブロックJr」が寄生されてしまう。更に、エディはフリントと手を組み、共通の敵でもあるピーターを殺害する計画を立てる。果たして、ピーターの運命はどのような結末を迎えるのか?衝撃の展開と瞬き厳禁の戦闘シーンはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆☆☆
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

トビー・マグワイヤの演技幅

ヴィランの造形

ダイナミックなアクション

メイ叔母さんの深いセリフ

複雑に絡み合う人間関係

残念だった点

やや詰め込み過ぎに感じる点

存在感の薄いグウェン

 

感想

大興奮の続編でした。

過去2作に比べて登場するヴィランの数が多いので、瞬きを忘れるくらい戦闘シーンが魅力的だと感じました。ただ、完結作という事もあって詰め込み感や急ぎ足に感じた点は少し残念でしたが、非常にボリューム感のある作品に仕上がっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク