ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『スパイダーマン2』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

スパイダーマン2』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA 〇(定額見放題)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年2月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

スパイダーマン2』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

ポイント1.基本情報

タイトル スパイダーマン2
原題 Spider-Man 2
監督 サム・ライミ
公開年 2004年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 127分(2時間07分)
制作 マーベル・エンターテインメント 他
配給 ソニー・ピクチャーズ
主題歌 アナ・ジョンソン「ウィ・アー」

 

キャスト

俳優名 役名
トビー・マグワイア ピーター・パーカー
スパイダーマン
キルスティン・ダンスト メリー・ジェーン・ワトソン(MJ)
ルフレッド・モリー オットー・オクタビアス
ドクター・オクトパス
ジェームズ・フランコ ハリー・オズボーン
ローズマリー・ハリス メイ・パーカー
J・K・シモンズ J・ジョナ・ジェイムソン
ダニエル・キリーズ ジョン・ジェイムソン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はスパイダーマンのシリーズ2作目になります。前作『スパイダーマン』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるので注意が必要です。また、主要キャストもそのまま引き継がれていて、相関関係等を知らないと理解できない部分もあるので、ご覧になる際には先に前作を見る事をオススメします。

(スパイダーマンのシリーズをまとめた記事はコチラ)

 

ポイント3.アカデミー賞

前作でもスパイダーマンのアクションは非常にリアルで迫力がありましたが、今作では更に当時の最先端VFXが使われた事もあり、第77回アカデミー賞では「視覚効果賞」を受賞しました。ちなみに、今作のVFXデザイナーは前作から引き続き「ジョン・ダイクストラ」が務めていて、1977年に公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に続いて2度目の受賞になります。

 

ポイント4.見所

ドクター・オクトパスの執念

ヒーローの孤独と重圧

スパイダーマンと市民の絆

すれ違うピーターとMJ

復讐に燃えるハリー

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中でピーターが腰痛に悩んでいると話すシーンがあるのですが、実際に「トビー・マグワイア」は腰痛持ちだったため、セリフに追加されたみたいです。

また、前作から引き続きメイ役を演じた「ローズマリー・ハリス」ですが、一部のシーンで自らスタントを行って宙吊りになったらしいです。

他にも、ドクター・オクトパスのアームは1本につき86個のパーツが使われているみたいで、操作は4人がかりで行われたらしいです。

ちなみに、劇中にはトビーの異母兄弟が出演しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

迫力のあるアクション映画をお探しの方

メッセージ性の強い映画をお探しの方

泣ける映画をお探しの方

勇気がもらえる映画をお探しの方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ピーター・パーカー

科学好きの男子大学生。今後の行末と現状に苦悩し始めた事が原因で超人的な力が弱まったため、スパイダーマンを辞めて一般人としての生活を始める。

 

メアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)

女優志望の女性。ピーターに想いを寄せていたが、何の発展も無いため、新しい恋人のジョンと交際を始めて婚約する。

 

オットー・オクタビアス

天才科学者の男性。オズコープ社が手がける核融合プロジェクトの責任者だったが、デモンストレーション中の事故が原因で人工知能に操られ、暴走し始める。

 

ハリー・オズボーン

ピーターの友人でオズコープ社の責任者の男性。父親がグリーン・ゴブリンだった事を知らず、スパイダーマンが殺したと思い込んで恨み続けている。

 

メイ・パーカー

ピーターの叔母。ピーターからベンの死に関する真実を聞かされ酷くショックを受けるが、住宅ローンの滞納もあり引っ越しを決意する。

 

J・ジョナ・ジェイムソン

デイリー・ビューグルの社長を務める男性。捨てられていたスパイダーマンのコスチュームをホームレスから受け取り、廃業の見出しをつけて新聞記事にする。

 

あらすじ・ストーリー

スパイダーマンとして活動を続けながら大学に通う「ピーター・パーカー」は、久々に「メアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)」と「ハリー・オズボーン」に再会する。しかし、スパイダーマンの件でハリーとは微妙な関係になってしまい、MJとも距離を置いていたため、ピーターは複雑な心境だった。そんな中、ピーターはハリーの紹介で尊敬する「オットー・オクタビアス」と出会い、核融合装置の危険性を指摘するが、杞憂だと一蹴されてしまう。そして、核融合プロジェクトの公開デモンストレーションが行われる事になり、オットーは人工知能が搭載された4本のアームを使って実験を開始する。しかし、実験の失敗によってオットーは妻を失い、制御チップの破損によって人工知能に支配され、暴走を始める。一方、ピーターは超人的なパワーが失われつつある事に気付き、別の生き方を考え始める中でスパイダーマンのコスチュームを捨ててしまう。果たして、ピーターはスパイダーマンとして生きる事を辞めてしまうのか?それぞれの思惑が交錯する複雑な展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆☆☆
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

キャストの体を張った演技

感情を揺さぶる演出

過不足の無い構成

ドラマ性のある展開

大迫力のアクションシーン

残念だった点

悪質なMJの設定

 

感想

非常に濃厚な続編でした。

映像のクオリティはもちろんですが、全てにおいて前作を上回る内容だったので、感情が追いつかないほど素晴らしい仕上がりだと感じました。登場人物それぞれの葛藤や苦悩が細かく描かれているのも良かったですし、涙が枯れるくらい泣ける作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク