ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『プロミシング・ヤング・ウーマン』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年7月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『プロミシング・ヤング・ウーマン』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル プロミシング・ヤング・ウーマン
原題 Promising Young Woman
監督 エメラルド・フェネル
公開年 2020年
ジャンル クライム,スリラー
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 113分(1時間53分)
制作 フィルムネーション・エンターテイメント 他
配給 フォーカス・フィーチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
キャリー・マリガン カサンドラ・トーマス(キャシー)
ボー・バーナム ライアン・クーパー
アリソン・ブリー マディソン・マクフィ
コニー・ブリットン エリザベス・ウォーカー 大学校長
ルフレッド・モリー ジョーダン 弁護士
クリス・ローウェル アル・モンロー
ラバーン・コックス ゲイル
クランシー・ブラウン スタンリー・トーマス
ジェニファー・クーリッジ スーザン・トーマス

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.初監督作品

今作は「エメラルド・フェネル」が初めて長編映画の監督を務めた作品になります。元々エメラルドは、テレビドラマや『アルバート氏の人生』『アンナ・カレーニナ』『リリーのすべて』等、女優として活動していて、映画やドラマの脚本も務めた経験があります。

 

ポイント3.夫婦で制作

今作の制作には『スーサイド・スクワッド』のシリーズでハーレイ・クイン役を演じている「マーゴット・ロビー」が参加しています。また、マーゴットの夫「トム・アッカーリー」も制作を務めていて、2014年に設立した「ラッキーチャップ・エンターテインメント」も制作会社として参加しています。ちなみに、制作総指揮にはキャシー役を演じた「キャリー・マリガン」も参加しています。

 

ポイント4.見所

キャシー流の復讐方法

ニーナの過去

罪と罰の在り方

お酒との付き合い方

キャシーとライアンの恋

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作は第93回アカデミー賞で「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「主演女優賞」「編集賞」にノミネートされ、脚本賞を受賞しました。

また、キャシー役を演じたキャリーは、ライアン役を演じた「ボー・バーナム」に何度も笑わされたみたいで、撮影中に何度もNGを出してしまうほどだったらしいです。

他にも、ボーはキャリーの演技力だけでなく、脚本についても絶賛していたみたいです。

ちなみに、監督を務めたフェネルは撮影当時、妊娠7ヶ月だったらしいです。

 

こんな方にオススメ

一風変わったリベンジ映画をお探しの方

メッセージ性の強い映画をお探しの方

勇気がもらえる映画をお探しの方

人を見た目や印象で判断しやすい方

社会問題に関心のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

カサンドラ・トーマス(キャシー)

コーヒーショップで働く女性。男性に対して制裁を加える中でライアンと再会し、旧友との付き合いがある事を知って、ニーナのための復讐を始める。

 

ライアン・クーパー

小児科医の男性。大学生の頃からキャシーに好意を持っていて、立ち寄ったコーヒーショップで運命的な再会を果たし、互いに惹かれ合っていく。

 

あらすじ・ストーリー

恋人も友人もいない「カサンドラ・トーマス(キャシー)」は、夜な夜な派手な格好でバーを訪れ、酔ったフリをして男性に制裁を加える生活を送っていた。ある日、キャシーはコーヒーショップに客として来店した「ライアン・クーパー」と再会し、積極的なアプローチを受ける。しかし、キャシーは過去のニーナの事件以降、恋に前向きになれず、ライアンの好意を受け流していた。そんな中、ライアンが旧友と連絡を取り合っていると知ったキャシーは、ニーナの事件に関わった人々に復讐を始める。思い通り復讐を遂げるキャシーは、ライアンとも交際を始めて徐々に生活もか変わり始めていたが、後悔の念に苛まれて精神的に病んだ弁護士の「ジョーダン」に対しては謝罪を受け入れて復讐しなかった。その後、4人目にしてようやく主犯格の「アル・モンロー」に辿り着いたキャシーだったが、泥酔したニーナが男子大学生に弄ばれる動画を見て酷くショックを受けてしまう。果たして、キャシーは見事に復讐を遂げる事が出来るのか?衝撃の展開と予測不能の展開はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆☆

☆5つが満点

 

良かった点

色彩豊かな映像

数字と赤色を使った演出

雰囲気にマッチした劇中劇

シンプルなメッセージ性

抽象的な表現

残念だった点

やや偏見が含まれている点

 

感想

新鮮なリベンジ作品でした。

現実的な社会問題を大胆かつ繊細に描きつつ、アクション要素を伴わないリベンジ方法を組み合わせているので、シンプルながら新鮮さがあると感じました。胸糞な内容とポップな世界観とのギャップも良かったですし、賛否両論のラストを含めて余韻の残る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク