ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『トイ・ストーリー』楽しむための5つのポイント&あらすじ・感想をネタバレなしでご紹介

 

 

スポンサードリンク

 

 

ポイント1.基本情報

タイトル トイ・ストーリー
原題 Toy Story
監督 ジョン・ラセター
公開年 1995年
ジャンル ファンタジー,アドベンチャー
視聴制限 なし
時間 81分(1時間21分)
制作 ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
主題歌 ダイヤモンドユカイ「君はともだち」

 

キャスト

英語版/日本語版声優名 役名
トム・ハンクス/唐沢寿明 ウッディ
ティム・アレン/所ジョージ バズ・ライトイヤー
ドン・リックルズ/名古屋章 ミスター・ポテトヘッド
ジム・ヴァーニー/永井一郎 スリンキー
ウォーレス・ショーン/三ツ矢雄二 レックス
ジョン・ラッツェンバーガー/大塚周夫 ハム
アニー・ポッツ/戸田恵子 ボー・ピープ
ジョン・モリス/市村浩佑 アンディ・デイビス
エリック・フォン・デットン/堀裕晶 シド・フィリップス

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.初尽くし

今作は世界中で愛される『トイ・ストーリー』のシリーズ1作目になります。また、製作会社でもあるピクサー・アニメーション・スタジオの記念すべき1作目でもあります。ちなみに、今作は劇場公開された長編映画として世界初のフルCGアニメーション作品になります。

 

ポイント3.オモチャの冒険

今作の特徴は、人間ではなくオモチャが主役という部分です。ピクサーらしい大胆な構想ですが、普段何気なく見ている風景でも小さいオモチャの視点に立つ事で全く別物に感じるような不思議な感覚を味わう事が出来ます。

 

ポイント4.見所

オモチャ目線の世界

ウッディの心の闇

恐怖のシド

オモチャ同士の信頼関係

劇中に隠されたオマージュ

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中に登場するオモチャの中には実際にアメリカで売られていた物が数多くありますが、バービー人形やG.I.ジョー等のオモチャはメーカー側の許可が下りなかったため登場させられなかったみたいです。

また、ピクサー作品では定番となっているデリバリートラックやカリフォルニア芸術大学の教室番号が由来となっている暗号のような「A113」が劇中のどこかに登場しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

他にも、ディズニー作品やピクサーに関連するものが劇中の至る所に散りばめられているので、併せてチェックしてみて下さい。

ちなみに、今作の製作総指揮にはアップル社の共同創設者として有名な「スティーブ・ジョブズ」が参加していて、当時はピクサーのCEOでもありました。

 

予告(トレーラー)


 

登場人物・キャラクター

ウッディ

アンディの1番お気に入りのカウボーイ人形。オモチャ達のリーダー的存在で、皆からの信頼も厚い。

 

バズ・ライトイヤー

アンディがママから貰った人気のある最新のオモチャ。自分の事を本物のスペースレンジャーだと思い込んでいる。

 

ミスター・ポテトヘッド

ジャガイモの形をしたオモチャ。

 

スリンキー

体がバネで出来ている犬のオモチャ。

 

レックス

Tレックスのような恐竜のオモチャ。見た目とは真逆で気が弱い。

 

ハム

ブタの貯金箱。

 

ボー・ピープ

電気スタンドの飾り。ウッディとは仲間以上の関係。

 

アンディ・デイビス

オモチャで遊ぶのが大好きな少年。1番のお気に入りはウッディ。

 

シド・フィリップス

オモチャを破壊するのが大好きな少年。破壊したオモチャ同士を合体させる器用さも持っている。

 

あらすじ・ストーリー

オモチャ達には命があり、意思を持って言葉を話し、人間と遊ぶ事に喜びを感じていた。アメリカに住む少年「アンディ・デイビス」はオモチャが大好きで、中でも1番のお気に入りは「ウッディ」だった。しかし、アンディの誕生日に最新のオモチャ「バズ・ライトイヤー」がやって来たため、オモチャ達の間で捨てられるのではないかと不安が広がる。最初はバズの事を警戒していたオモチャ達だったが、次第に打ち解けていく中で、ウッディだけは嫉妬心から素直に受け入れる事が出来なかった。更に、アンディやオモチャ達がバズに夢中になっていく事に不安と孤独を抱えるウッディは、良くない事を考え始める。そんな中、アンディが引っ越す事になり、ウッディがバズにイタズラを仕掛けた事でトラブルに発展し、2人は道路に置き去りにされてしまう。果たして、ウッディとバズは無事にアンディの元へ帰る事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と感動のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆☆☆
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆☆

☆5つが満点

 

良かった点

老若男女問わず楽しめる点

オモチャを擬人化させるという発想

緩急を上手く使った構成

遊び心満載の演出

メッセージ性のある内容

残念だった点

完璧すぎる点

 

感想

最高の作品でした。

何回見ても毎回新しい発見があって、年齢や環境によって感じ方が異なるのも魅力的だと感じました。明るく楽しいだけでなく、あえて嫉妬や不安、葛藤といった負の感情を表現しているのも良かったです。世界中で愛され続けているシリーズの原点とも言える作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

笑って泣ける映画をお探しの方

子どもの教育に役立つ映画をお探しの方

人付き合いが苦手な方

 

BD/DVD情報

レンタル出来るサービス一覧

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】
ゲオ宅配レンタル
DMM DVDレンタル

注意点

本ページの情報は2021年6月時点のものです。サービスによって取扱が終了していたり、在庫が無い場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

無料動画配信サービス情報

トイ・ストーリー』を無料で見る事が出来る動画配信サービスの一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA △(レンタル)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ 〇(定額見放題)

注意点

本ページの情報は2021年6月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

関連商品情報

トイ・ストーリー』に関連するグッズ等の商品が発売されています。興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

Amazonで最安値を探す

楽天市場で最安値を探す

Yahooショッピングで最安値を探す

 

スポンサードリンク