ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『プレデター2』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

プレデター2 』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix △(レンタル)
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年12月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

プレデター2 』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル プレデター2
原題 Predator 2
監督 ティーヴン・ホプキンス
公開年 1990年
ジャンル SF,ホラー
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 108分(1時間48分)
制作 ローレンス・ゴードン・プロダクションズ 他
配給 20世紀フォックス

 

キャスト

俳優名 役名
ダニー・グローヴァー マイク・ハリガン
ゲイリー・ビジー ピーター・キース
ビル・パクストン ジェリー・ランバート
ルーベン・ブラデス ダニー・アーチュリータ
マリア・コンチータ・アロンゾ レオナ・キャントレル
カルヴィン・ロックハート キング・ウィリー
ケヴィン・ピーター・ホール プレデター

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はプレデターのシリーズ2作目になります。前作『プレデター』との関連については、プレデター役の「ケヴィン・ピーター・ホール」以外のキャストは変更されていて、内容的な繋がりも無いので、今作単体で見ても十分楽しむ事が出来ます。ただ、劇中で流れる映像に一部前作のシーンが使われているので、気になる方はぜひ前作もご覧になってみて下さい。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.主役の変更

前作でダッチ役を演じた「アーノルド・シュワルツェネッガー」ですが、今作の企画段階で出演を見送る決定をしたため、主役が変更になったみたいです。また、今作の制作がストップしている間に「ダークホースコミックス」が『プレデター:コンクリート・ジャングル』というタイトルで前作の続編を意識した作品を出版し、ダッチの弟を主役にする設定が使われてしまったので、全く関連の無い別の主役を設定する事になったらしいです。

 

ポイント4.見所

マイクvsプレデター

悲惨なギャングの遺体

プレデターの生態

キースの目的と正体

治安の悪いLAの街

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の大まかなストーリーや設定はコミックや小説版の『プレデター:コンクリート・ジャングル』と類似している部分が多いみたいです。

また、劇中のどこかにNBAのバスケットボールチーム「ロサンゼルス・レイカーズ」の選手がゲスト出演しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

他にも、今作の日本語吹き替え版では、一部の名称がカットされているので、ノーカットの方をご覧になりたい方はぜひ字幕版でご覧になってみて下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

過激な描写の多い映画をお探しの方

エイリアン等の地球外生命体に興味のある方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

マイク・ハリガン

LA市警の男性刑事。正義感が強い反面、命令無視や独断行動が目立つ。ギャングが惨殺される事件を追う中で部下が犠牲になり、仇を討つためプレデターに立ち向かう。

 

ピーター・キース

アメリカ政府直属の捜査官の男性。ギャングの麻薬捜査を行うためLAに派遣されたが、マイクを捜査から遠ざけようとしたため、何か裏があると勘付かれる。

 

ジェリー・ランバート

NY市警からLA市警に転属してきた若手の男性刑事。明るい性格で正義感が強く、プレデターと遭遇した際に囮になる事を選ぶ。

 

ダニー・アーチュリータ

LA市警の男性刑事。マイクとは長年の付き合いで、ギャング惨殺事件を追う中でプレデターに遭遇し、応戦するも殺害されてしまう。

 

レオナ・キャントレル

LA市警の女性刑事。マイクと共に事件を追う中でプレデターに遭遇するが、無傷のまま見逃される。

 

キング・ウィリー

LAを拠点にする麻薬組織のボス。ブードゥー教の信者で、マイクから事件の捜査協力を打診されるが、プレデターによって殺害されてしまう。

 

あらすじ・ストーリー

LA市街地で警察とギャングの銃撃戦が繰り広げられる中、現場に駆けつけた「マイク・ハリガン」は、単独でアジトに乗り込む。しかし、何者かによってギャングは既に始末されていて、生き残ったリーダーも発砲してきたためマイクが撃ち殺してしまう。そこでマイクは何かの気配を感じ取るが、現場検証を進める中で、人間の仕業なのか疑問を抱く。一方、事件の捜査は「ピーター・キース」に引き継がれる事になり、マイクは部下3人と共に独自で捜査を始める。そんな中、またも多数の犠牲者が出る事件が発生し、捜査中に「ダニー・アーチュリータ」が犠牲になってしまう。更に、部下の「ジェリー・ランバート」も犠牲になり、仇討ちを誓うマイクはキースを追う中で、食肉加工場に行き着く。そこで、マイクは一連の虐殺を行った地球外生命体「プレデター」と初めて対峙するが、逃げられたため後を追いかける事にする。果たして、マイクは凶悪なプレデターにどう立ち向かうのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆★★★★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

市街地という舞台設定

細かい人物設定

残念だった点

プレデターを見せ過ぎている点

やや詰め込み過ぎに感じる点

スケールが小さくなった点

 

感想

賛否両論の作品でした。

前作から設定を変えた事で新鮮さはありましたが、プレデターの存在を最初からオープンにしているので、緊張感に欠けると感じました。前作が良過ぎたため残念な部分が目立ちましたが、プレデターの生態や行動パターンを細かく描いている作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク