ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ドリームキャッチャー』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ドリームキャッチャー』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA △(レンタル)
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ドリームキャッチャー』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ドリームキャッチャー
原題 Dreamcatcher
監督 ローレンス・カスダン
公開年 2003年
ジャンル SF,ホラー
視聴制限 なし
時間 136分(2時間16分)
制作 キャッスル・ロック・エンターテインメント 他
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
トーマス・ジェーン ヘンリー
ダミアン・ルイス ジョーンジー
ジェイソン・リー ビーヴァー
ティモシー・オリファント ピート
ドニー・ウォールバーグ ダディッツ
モーガン・フリーマン アブラハム・カーティス
トム・サイズモア オーウェン・アンダーヒル

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.小説を映画化

今作は、ホラー界の帝王「スティーヴン・キング」の小説『ドリームキャッチャー』を基に制作された作品になります。ただ、設定や展開が変更されていたり、省略されている部分も多いので、気になる方はぜひ原作の方もご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.ドリームキャッチャー

原作や今作のタイトルにもなっていて、劇中にも登場するドリームキャッチャーですが、元々はアメリカの先住民オジブワ族が魔除けとして使っていた物みたいです。主に子供を悪夢や悪霊から守るために寝床に飾っていたらしいのですが、アクセサリーとして販売されていたり、手作りする事も可能なので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

ヘンリー達が遭遇する悲劇

ダディッツに隠された秘密

強烈な見た目のエイリアン

4人の過去とライン

カーティス流の対処法

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の内容について原作者のスティーヴンは、過去に映画化された自身のホラー作品の中で最高の出来だと絶賛していたみたいです。

また、劇中に登場する赤いカビの名前は『エイリアン』シリーズで「シガニー・ウィーバー」が演じたリプリーの名前をそのまま使っているらしいです。

 

こんな方にオススメ

グロテスクなホラー映画をお探しの方

一風変わったホラー映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

エイリアン等の地球外生命体に興味のある方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ヘンリー

精神科医の男性。精神的に病んでいて自殺願望がある。少年時代からの友人3人と雪山の狩猟小屋を訪れるが、エイリアンと遭遇したため次々と悲劇が起こる。

 

ジョーンジー

ヘンリーの友人の男性。ヘンリー達と訪れた雪山で遭難してお腹が異常に膨らんだ男性を介抱するが、突然現れたエイリアンに体を乗っ取られてしまう。

 

ビーヴァー

ヘンリーの友人の男性。ジョーンジーが連れ帰った男性がトイレで死亡しているのを発見するが、中に寄生していたエイリアンに襲われて命を落とす。

 

ピート

ヘンリーの友人の男性。雪山で買い出しに出かけた際に遭難した女性を発見するが、ヘンリーが助けを呼びに行っている間にエイリアンに襲われる。

 

ダディッツ

ヘンリー達が過去に出会った不思議な力を持つ少年。ラインと呼ばれるテレパシー能力とそれぞれ違う力を4人に授けた。

 

アブラハム・カーティス

エイリアンを長年追い続けている軍の大佐を務める男性。菌の拡大を防ぐため狩猟小屋付近を隔離し、感染者とエイリアンを一掃しようと考えている。

 

あらすじ・ストーリー

幼馴染の「ヘンリー」「ジョーンジー」「ビーヴァー」「ピート」の4人は、毎年恒例の狩猟を行うため山小屋に集まり、再会を喜びつつ昔出会った「ダディッツ」の事を懐かしんでいた。翌日、遭難していた男性を見つけたジョーンジーは、小屋へ連れ帰ってビーヴァーと共に介抱するが、トイレに篭ったまま出てこなくなる。そこで、2人は中を確認するが、男性は既に死亡していて、便器から現れたエイリアンに襲われたビーヴァーが命を落とす。更に、ジョーンジーも別のエイリアンに体を乗っ取られる中、買い出しに出かけたヘンリーとピートも遭難していた女性を発見する。その後、助けを求めて小屋へ戻ったヘンリーは、卵を見つけて焼き払うが、残っていたピートはエイリアンに襲われてしまう。一方、エイリアンの出現を感知した「アブラハム・カーティス」は、周辺一帯を隔離して掃討作戦に乗り出し、計画を知ったヘンリーは阻止するために奮闘するが、ジョーンジーの体を乗っ取ったエイリアンは包囲網をかいくぐって雪山を後にしていた。果たして、ヘンリー達の運命はどのような結末を迎えるのか?衝撃の事実と壮絶なエイリアンとの戦いはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆★★★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆★★★★
音楽 ☆★★★★

☆5つが満点

 

良かった点

オリジナルの設定と展開

記憶倉庫の演出

残念だった点

やや説明不足が目立つ点

詰め込み過ぎに感じる点

過去の描写が少ない点

 

感想

B級感のある作品でした。

不気味な空気感と得体の知れない何かという部分は怖さがあって良かったのですが、エイリアンの登場以降は気持ち悪さとグロさが際立っていると感じました。『It』シリーズのように少年と大人の2部構成にした方が良かったような気もしますが、非常にマニアックな内容になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク