ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年8月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク
原題 The Lost World:Jurassic Park
監督 スティーヴン・スピルバーグ
公開年 1997年
ジャンル SF,アドベンチャー
視聴制限 なし
時間 129分(2時間09分)
制作 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
ジェフ・ゴールドブラム イアン・マルコム
ジュリアン・ムーア サラ・ハーディング
ヴァネッサ・リー・チェスター ケリー・カーティス
アーリス・ハワード ピーター・ルドロー
ピート・ポスルスウェイト ローランド・テンポ
ヴィンス・ヴォーン ニック・ヴァン・オーウェン
リチャード・シフ エディ・カー
リチャード・アッテンボロー ジョン・ハモンド

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はジュラシック・パークのシリーズ2作目になります。前作『ジュラシック・パーク』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるため注意が必要です。また、前作にも登場したイアンが今作の主役になっているので、ご覧になる際にはぜひ前作から先に見る事をオススメします。

(ジュラシック・パークの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.オリジナルストーリー

今作と小説版が同時進行で制作されたため、内容や展開、登場人物が大きく異なるのが特徴になります。小説版『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2』の作者「マイケル・クラントン」自身も互いに自由に制作する事を承諾していたみたいです。ちなみに、小説版との共通点もあるので、気になる方はぜひ今作と併せてチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

リアリティのある恐竜

過ちを繰り返す人間

ティラノサウルス2頭の恐怖

インジェン社の暗躍

それぞれの家族愛

 

ポイント5.小ネタ・裏話

前作同様に、今作でも実物大のティラノサウルスを2体製作したみたいなのですが、重量と大きさが原因で動かすのが困難だったため、逆にセットを周囲に作ったり移動させて撮影が行われたらしいです。

また、前作を見た子供達からステゴサウルスがなぜ登場しないのかという内容の手紙が「スティーヴン・スピルバーグ」の元に届いたため、今作で登場させる事にしたみたいです。

他にも、劇中には『キングコング』や『ゴジラ』のオマージュだけでなく、架空の映画として「アーノルド・シュワルツェネッガー」主演の「KING LEAR」や「ロビン・ウィリアムズ」主演の「JACK AND THE BEANSTALK」そして「トム・ハンクス」主演の「TSUNAMI SUNRISE」というポスターも登場するので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

ちなみに、今作の脚本を務めた「デヴィッド・コープ」も劇中に出演していて「Unlucky bastard(不運なヤツ)」という役名でクレジットもされているので、ご覧になる際にはぜひ探してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

刺激的な冒険を堪能したい方

不屈の精神を身に付けたい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

イアン・マルコム

数学者の男性。恐竜調査に1人で向かった恋人のサラを救助するためサイトBに向かうが、インジェン社の目的を知って阻止するために行動を起こす中でティラノサウルス2頭に追い回される事になる。

 

サラ・ハーディング

イアンの恋人で古生物学者の女性。大胆不敵な性格で恐竜愛が強く、ケガをしたティラノサウルスの子どもを助けようとした際に付着した血液のせいで、親のティラノサウルス2頭に追われる事になる。

 

ケリー・カーティス

イアンの娘。イアンの言う事を聞かずにサイトBに着いてきてしまうが、度重なる恐竜の襲撃を受けて後悔する事になる。

 

ピーター・ルドロー

ハモンドの甥でインジェン社の新社長。アメリカ本土に新たなジュラシック・パークを建設していて、恐竜を連れ出すためにローランド達を雇ってサイトBを訪れる。

 

ローランド・テンポ

恐竜ハンターの隊長を務める男性。雄のティラノサウルスを狩る事だけに情熱を燃やしていて、誘き出すために子どもを捕獲した事で怒りを買ってしまう。

 

ニック・ヴァン・オーウェン

カメラマンの男性。一攫千金を狙って調査チームに参加するが、事前に受けていたハモンドの指示でルドロー達が捕獲した恐竜を脱走させる。

 

エディ・カー

カニックの男性。調査チームのメンバーとしてサイトBを訪れるが、ティラノサウルスに襲われたイアン達を助けようとして命を落とす。

 

あらすじ・ストーリー

ジュラシック・パークでの惨劇から4年後のある日「ジョン・ハモンド」に呼び出された「イアン・マルコム」は恐竜の調査を依頼される。恐竜と関わりたくないイアンは断固拒否するが、恋人の「サラ・ハーディング」が1人で先に現地入りしていると聞かされ、救出するためチームと共にサイトBへ向かう。無事にサラと合流したイアン達だったが、隠れて着いてきた「ケリー・カーティス」を見つけ、島を脱出するか否かで意見が分かれる。そんな中、恐竜を捕獲する「ピーター・ルドロー」とハンター集団を目撃したイアン達は、野営地に忍び込んで恐竜を檻から脱走させる。しかし、サラ達がケガをしたティラノサウルスの子供を治療しようと連れ去ったせいで、親のティラノサウルス2頭に襲われ、助けに来た「エディ・カー」が命を落としてしまう。何とかルドローとハンター集団に助けられたイアン達は、行動を共にする中で救助を要請するため島の中心にある通信センターを目指す。果たして、イアン達は無事に島から脱出する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と肉食恐竜の恐怖はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

ティラノサウルス2頭の迫力

恐竜の登場シーンが増えた点

緊張感とスリルのある演出

分かりやすいストーリー

残念だった点

一部の合成感が強い映像

やや意外性に欠ける点

 

感想

手に汗握る続編でした。

どのシーンもスリル満点ですが、影やガラスに加えて高低差を使った恐怖演出とティラノサウルス2頭に追いかけられる絶望感のお陰で、シンプルながら恐竜の怖さがダイレクトに伝わる内容だと感じました。ただ、リアリティのある映像と合成感の強い映像の差が激しいのは少し残念でしたが、ハラハラドキドキしっぱなしの展開が魅力的な作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク