ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年10月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
監督 新房昭之(総監督)
竹内宣之(監督)
公開年 2017年
ジャンル ファンタジー,ラブロマンス
視聴制限 なし
時間 90分(1時間30分)
製作 シャフト
配給 東宝
主題歌 DAOKO×米津玄師「打上花火」

 

キャスト

声優名 役名
広瀬すず 及川なずな
菅田将暉 島田典道
宮野真守 安曇祐介
松たか子 なずなの母

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.ドラマをアニメ化

今作は1993年にテレビ放送されたオムニバスドラマ『if もしも』の一部をアニメ化した作品になります。基本的な内容はオリジナルをベースにしていますが、人物設定が変更され、新たなストーリーも追加されています。また、ドラマ版ではストーリーがAパートとBパートに分岐するのに対して、今作は両パートとも描かれています。ちなみに、ドラマ版の方は再編集されて映画としても公開されたので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.花火の見え方

花火は見る角度によって見え方が変わるのか?という素朴な疑問が劇中にも登場しますが、実際に見る角度や距離によって見え方は異なります。花火は基本的には丸い形に見えるように作られていますが、風向きや風力によっても変わりますし、打ち上げ位置に近いほど広がっているように見えます。ただ、花火によっては様々な形に見えるように作られている物もあるので、見る場所によって見え方に違いがあるのがよく分かると思います。

 

ポイント4.見所

圧巻の映像美

なずなと典道、祐介の三角関係

典道の選択

謎の玉の正体

演出に隠された意図

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中で背景として登場する風力発電ですが、打ち上げ花火の疑問に対する答えにもなっているので、ご覧になる際には注目してみて下さい。

また、原作者の「岩井俊二」は今作の製作にあたって監督やクリエイターがどう表現するのかを見たかったらしく、あえて自由度を高くした事でオリジナルのストーリーが完成したみたいです。

他にも、今作の公開に合わせて小説『少年たちは花火を横から見たかった』が発売されましたが、こちらも全く異なる内容になっているので、今作と併せてぜひチェックしてみて下さい。

 

こんな方にオススメ

甘酸っぱい恋愛映画をお探しの方

夏らしい映画をお探しの方

青春を感じる映画をお探しの方

恋に夢中の方

シャフトの世界観が好きな方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

及川なずな

茂下町に住む中学1年生。母親の再婚で引っ越しが決まったが、反発して祭りの日に家出しようと考えている。

 

島田典道

茂下町に住む中学1年生。なずなの事が気になっていて、家出の騒動に巻き込まれる中で謎の玉の力に気付く。

 

安曇祐介

典道の同級生で仲の良い友人。典道と同じくなずなに想いを寄せているが、本人に気持ちを伝えられずにいる。

 

なずなの母

夫を亡くしてから交際を始めた男性と再婚しようと考えている。なずなとの家族仲はあまり良好ではない。

 

あらすじ・ストーリー

茂下町に住む中学生の「島田典道」は、花火大会の日、友人の「安曇祐介」と共に向かった学校のプールで「及川なずな」が水着姿で寝転がっているのを目撃する。そこで、突然なずなから水泳で競争しようと言われ、結果は典道が3位、祐介が2位、なずなが1位だった。勝ったなずなは祐介を花火大会に誘い、5時に迎えに行くと伝えるが、典道と祐介はクラスメイトの男子と花火を横から見るため神社に5時集合という約束をしてしまう。なずなとの約束を破って男子と一緒に行く事を選んだ祐介は、足を怪我した典道に病院へ行くように促す。病院で祐介の父親に診察してもらった典道は、待合室にいたなずなに祐介が来ない事を告げる。しかし、なずなの本当の目的が家出だった事を知り、無理やり母親に連れ戻されるなずなを助けられなかった典道は、もし自分が競争に勝っていたらと怒りにまかせて謎の玉を投げつける。その瞬間、眩い光に包まれた典道は、プールで典道となずなと勝負する前に飛ばされてしまう。果たして、典道の身に何が起こったのか?謎の玉の正体と3人の恋の行方はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

人物の感情が上手く表現されている点

新房昭之ならではの演出と構成

残念だった点

打ち上げ花火の関係性が分かりにくい点

展開が読めてしまう点

主役の声が合っていない点

 

感想

味わいのある作品でした。

初見では分かりにくい演出が多めですが、2度3度見る事で奥深さを感じる事が出来ると思います。ややマニア向けの作品だと感じましたが、とにかく映像は一見の価値があるほど非常に美しいので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク