ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『スイス・アーミー・マン』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

スイス・アーミー・マン』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

スイス・アーミー・マン』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル スイス・アーミー・マン
原題 Swiss Army Man
監督 ダニエル・シャイナート
ダニエル・クワン
公開年 2016年
ジャンル アドベンチャー,コメディ
視聴制限 なし
時間 97分(1時間37分)
制作 タドモー 他
配給 A24

 

キャスト

俳優名 役名
ポール・ダノ ハンク・トンプソン
ダニエル・ラドクリフ メニー
メアリー・エリザベス・ウィンステッド サラ・ジョンソン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.死体役

今作は『ハリー・ポッター』のシリーズでハリー役を演じている「ダニエル・ラドクリフ」が死体の役を演じるという非常にマニアックな作品になります。一部のシーンではスタントマンや人形が使われていますが、大半のシーンはダニエル自身が演じているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

ポイント3.タイトルの意味

今作のタイトルにも使われているスイス・アーミーですが、死体をアーミーナイフのように様々な用途で使う事から付けられたみたいです。日本ではアーミーナイフやマルチツールナイフという名称で知られていますが、元々はスイス軍の装備としてスイス国内のメーカーで製造され、現在でも世界的なシェアを誇るため、スイス・アーミーナイフと呼ばれているらしいです。

 

ポイント4.見所

主役2人の絶妙な演技

斬新なサバイバル術

抽象的な表現

際どい演出

ハンクの秘密

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中で流れる音楽は一部のシーンで実際に現場で流して撮影が行われたみたいです。

また、メニー役を演じたダニエルは、撮影中に瞬きしないようにする事が一番大変だったとインタビューで答えていたみたいです。

他にも、ダニエルは水上バイクになるシーンや口から水を出すシーン等も自分で演じたらしく、森で引きずられるシーンでは、ハンク役を演じた「ポール・ダノ」が実際に背負って撮影されたみたいです。

ちなみに、今作は評論家の間でも賛否が分かれているみたいなのですが、映画祭等で複数の賞を受賞しているらしいです。

 

こんな方にオススメ

一風変わったコメディ映画をお探しの方

ブラックユーモア溢れる映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

過激な演出が好きな方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ハンク・トンプソン

海で遭難した男性。無人島に流れ着いて自害しようとしたところ、流れ着いた死体を発見する。死体が様々な機能を持っている事を知り、行動を共にする。

 

メニー

ハンクが発見した男性の死体。サバイバルに必要な機能を兼ね備えていて、話す事は出来るが、自分の事については何も覚えていない。

 

あらすじ・ストーリー

無人島に流れ着いた「ハンク・トンプソン」は、絶望感から自害しようとしていたが、男性が倒れているのを目撃して思い止まる。男性は既に死亡していたが、ハンクは死体の体に溜まったガスを使ってジェットスキーのように別の島まで移動する事に成功する。しかし、島には道も人気も無く、ジャングルを抜ける事にしたハンクは死体と共に洞窟で一夜を過ごす。翌朝、死体の体から飲み水を確保したハンクは、死体から声が聞こえる事に気付く。死体は「メニー」と名乗り、話し相手が出来た事に喜ぶハンクは、一緒にサバイバル生活を送る事にする。更に、メニーの膨らんだ股間が方位磁針として使える事を知ったハンクは、故郷を目指してジャングルを突き進んで行く。順調に歩を進めるハンクとメニーだったが、突然現れたクマに襲われてしまい、大怪我を負ってそのまま気を失ってしまう。果たして、ハンクとメニーは無事に故郷へ辿り着く事が出来るのか?意外な展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

主演2人の体を張った演技

ぶっ飛んだ発想

適度にユルいサバイバル

残念だった点

つかみどころが無い点

 

感想

マニアック過ぎる作品でした。

ブラックユーモア満載の内容なので、好みがハッキリ分かれると感じました。見方によってはアウトな表現も含まれていますが、尖った部分こそが最大の魅力とも言える作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

スポンサーリンク