ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ターミネーター』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ターミネーター』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年10月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ターミネーター』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ターミネーター
原題 The Terminator
監督 ジェームズ・キャメロン
公開年 1984
ジャンル SF,アクション
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 108分(1時間48分)
製作 パシフィック・ウェスタン・プロ 他
配給 オライオン・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
アーノルド・シュワルツェネッガー ターミネーター
リンダ・ハミルトン サラ・コナー
マイケル・ビーン カイル・リース

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.夢から生まれたヒット作

今作はターミネーターのシリーズ1作目になります。続編が何作も制作されている人気シリーズですが、今作の監督を務めた「ジェームズ・キャメロン」が見た炎の中から現れたロボットに襲われるという悪夢をアイデアとして採用した事が制作のキッカケになったみたいです。

 

ポイント3.スターの誕生

今作でターミネーター役を演じた「アーノルド・シュワルツェネッガー」ですが、当時は全くの無名ではなかったものの、俳優としてのキャリアが浅かった事もあって知名度はそこまで高くありませんでした。また、オーストリア出身で英語が苦手だったため、良い役柄にあまり恵まれていなかったみたいです。しかし、ターミネーターという役を演じる上で、流暢ではない英語がロボットの話す言葉にピッタリだった事もあって、キャメロン監督が抜擢した結果、今作のヒットと共にシュワちゃんをハリウッドスターの地位にまで押し上げました。

 

ポイント4.見所

恐怖のターミネーター

多彩なアクションシーン

サラとカイルの関係

伏線の回収方法

若々しいシュワちゃん

 

ポイント5.小ネタ・裏話

当初シュワちゃんはカイル役の候補に挙がっていましたが、キャメロン監督がシュワちゃんの似顔絵を描いていく中でターミネーター役に相応しいと考えて抜擢したみたいです。

また、今作のラストシーンは元々続編を意識させる内容にする予定でしたが、キャメロン監督の見る側の想像に任せたいという意向からカットされたらしいです。

ちなみに、日本記念日協会では初公開された1985年5月25日から30周年を記念して、5月25日をターミネーターの日として認定しています。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

激しい戦闘アクション映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

ロボットやアンドロイドに興味のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

サラ・コナー

ダイナーで働く女性で今作の主人公。自分と同じ名前の人物ばかりが狙われる事件に遭遇してしまい、ターミネーターに命を狙われる。

 

カイル・リース

未来からタイムトラベルしてきた男性。ジョン・コナーからサラを守る使命を言い渡されている。

 

ターミネーター(T-800)

スカイネットが未来から送り込んだ人間そっくりのロボット。サラ・コナーという名前の人物を次々と抹殺する事だけを目的としている。

 

あらすじ・ストーリー

ロサンゼルスに突然現れた筋肉隆々の男に複数人が襲われる事件が発生し、同じく突然現れた「カイル・リース」は「サラ・コナー」という女性を探していた。一方、ダイナーで働くサラは、自分と同じ名前の人物が次々に襲われる事件が発生している事を知り、身の危険を感じていた。警察が連続殺人事件として公表する中、サラは怪しい男が後を付けてきている事に気付いて人の多い場所へ逃げ込むが、銃を持った別の男に襲われてしまう。後を付けてきたカイルと名乗る男に助けられたサラは、襲ってきた男が未来から送り込まれたターミネーターというロボットだと聞かされる。更に、カイルはサラの息子「ジョン・コナー」の指示で未来から来たと話し、ターミネーターがサラの命を狙っていると説明する。サラは、なぜ自分が狙われるのか質問すると、未来で人間とロボットの戦争が起き、ジョンがリーダーとなって導いているため、生まれる前に母親を抹殺しようとスカイネットが考えたためだと言われる。果たして、サラとカイルはターミネーターから逃げ切る事が出来るのか?そして、なぜカイルがサラの護衛に選ばれたのか?ハラハラドキドキの展開と迫りくるターミネーターの恐怖はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

斬新な発想

伏線と繋がり

恐怖感を増幅させる演出

雰囲気を盛り上げるBGM

残念だった点

ターミネーターの動き

シュワちゃんの特殊メイク

 

感想

演出が素晴らしい作品でした。

低予算ならではの工夫が凝らされていて、CGや映像に頼らないストーリー重視という部分が良かったです。ホラーとは違う怖さがあるのも良かったですし、人気シリーズ作品の記念すべき1作目でもあるので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク