ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『テッド』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『テッド』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA 〇(定額見放題)
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年4月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『テッド』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル テッド
原題 Ted
監督 セス・マクファーレン
公開年 2012年
ジャンル コメディ,ファンタジー
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 106分(1時間46分)
制作 メディア・ライツ・キャピタル 他
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
セス・マクファーレン テッド(声)
マーク・ウォールバーグ ジョン・ベネット
ミラ・キュニス ロリー・コリンズ
ジョエル・マクヘイル レックス
ジョヴァンニ・リビシ ドニー
ジェシカ・バース タミ・リン
エイディン・ミンクス ロバート
パトリック・スチュワート ナレーター

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.初監督作品

今作は「セス・マクファーレン」が初めて実写映画の監督を務めた作品になります。元々は『ファミリー・ガイ』や『アメリカン・ダッド』等、テレビアニメを中心に手がけていて、声優としても数多くの作品に出演しているため、今作でもテッドの声を演じています。

 

ポイント3.9•11テロ事件

劇中では9•11テロ事件について話をするシーンがあるのですが、監督を務めたセスとジョン役を演じた「マーク・ウォールバーグ」は、本来ならワールドトレードセンターに激突した飛行機に搭乗する予定だったみたいです。ただ、セスは出発時刻の勘違いと二日酔いで乗り遅れたらしく、マークも当日に目的地までのルートを変更したため被害に遭わなかったみたいです。

 

ポイント4.見所

テッドとジョンの凸凹コンビ

恋と友情の選択

癖の強い登場人物

恐怖のドニー

豪華なキャスト

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の制作について監督を務めたセスは、撮影方法がアニメと実写で大きく異なるため非常に苦労したみたいなのですが、逆に特殊効果等の本来複雑な作業が必要な部分はスムーズに進んだとインタビューの中で答えていたらしいです。

また、劇中でジョンが女性の名前を次々と口にするシーンがあるのですが、マークのアドリブ等ではなくキャストやスタッフと事前に意見を出し合ったみたいです。

他にも、劇中には「サム・J・ジョーンズ」や「ノラ・ジョーンズ」「テッド・ダンソン」「トム・スケリット」が本人役で出演していて、ジャレッド役として「ライアン・レイノルズ」もカメオ出演しています。

ちなみに、今作はR指定を受けている国が多いらしいのですが、日本では編集が加えられたPG-12版の「大人になるまで待てない!バージョン」が劇場で公開されたみたいです。

 

こんな方にオススメ

ブラックユーモア溢れる映画をお探しの方

気軽に笑える映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

自分を変えたいと思っている方

後悔しやすい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

テッド

クマのぬいぐるみ。ジョンが幼い頃に友達が欲しいと願った事で命が宿った。ジョンと共に成長して大人になるが、ドラッグや女性遊びを好む自堕落な生活を送っている。

 

ジョン・ベネット

レンタカー店で働く35歳の男性。堕落した生活を変えようとテッドと別居し、恋人のロリーと2人で暮らし始めるが、期待に応えられず別れを告げられる。

 

ロリー・コリンズ

ジョンの恋人で広告会社で幹部職を務める女性。ジョンの事を愛している反面、優柔不断で積極性に欠ける部分に不満を感じて別れる事を決意する。

 

レックス

ロリーに好意を寄せる上司の男性。社長の息子という立場だが、金持ちアピールと自慢話ばかりするため女性社員から嫌われている。

 

ドニー

テッドの熱狂的なファンの男性。息子のロバートもテッドのファンで、ジョンに譲って欲しいと懇願するも断られたため強引な手段に出る。

 

タミ・リン

テッドが就職したスーパーのレジ係として働く女性。テッドと体の関係を持つほど親密になる。明るい性格だが、怒ると汚い言葉を発する。

 

あらすじ・ストーリー

クリスマス・イヴに少年の「ジョン・ベネット」は、両親から貰ったクマのぬいぐるみに「テッド」と名付け、命が宿るように祈った所、願いが叶って2人は親友になる。そして、27年が経過して2人は大人になっていたが、堕落した生活を送っていたためジョンは恋人の「ロリー・コリンズ」からテッドと別居する事を提案される。そこでジョンは、テッドと別居してロリーと2人だけで暮らし始めるも、誘われれば会いに行っている事がバレて叱られてしまう。しかし、期待を裏切らないと約束したジョンだったが、ロリーと出席したパーティーを抜け出してテッドと遊んでいた事がバレたため、一方的に別れを告げられてしまう。ショックを受けたジョンはテッドと大喧嘩になり、殴り合いの末に仲直りしてロリーとの復縁を目指す。一方、テッドは2人の前から姿を消そうと考える中で、熱狂的なファンの「ドニー」に拉致されて行方不明になってしまう。果たして、ジョンはロリーとテッドの2人を取り戻す事が出来るのか?放送禁止用語が飛び交う爆笑必至の展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆★★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

斬新で自由度の高い発想

ツッコミ所満載の演出

ドラマ性のある展開

テッドのギャップ

残念だった点

アウトな表現が多い点

 

感想

最高に笑える作品でした。

ブラックユーモアの塊みたいな内容ですが、ファンタジーなのにリアリティがあって、どこか憎めない所が魅力的だと感じました。その反面、際どい演出も多く、攻め過ぎている部分については好みが分かれるかもしれませんが、ふざけ散らかしているのにストーリーとしてまとまっている作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク