ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ブラックシープ』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ブラックシープ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT ×
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年3月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ブラックシープ』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ブラックシープ
原題 Blacksheep
監督 ジョナサン・キング
公開年 2006年
ジャンル ホラー,コメディ
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 87分(1時間27分)
制作 New Zealand Film Commission 他
配給 New Zealand Film Commission

 

キャスト

俳優名 役名
ネイサン・マイスター ヘンリー・オールドフィールド
ピーター・フィーニー アンガス・オールドフィールド
ダニエル・メイソン エクスペリメンス
グレニス・レベスタ マック夫人
タンディ・ライト ラッシュ博士
タミー・デイヴィス タッカー
オリヴァー・ドライバー グラント

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.ブラックシープ

今作のタイトルにも使われているブラックシープですが、実際にごく稀にではあるものの黒い毛の羊が産まれる事があるみたいです。また、集団の中で異質な存在を指す慣用句としても使われる言葉であり、今作の内容と一致する部分もあるので、ご覧になる際にはぜひタイトルに使われた理由も考察してみて下さい。

 

ポイント3.ニュージーランド

今作の舞台はニュージーランドですが、人口よりも羊の数が多い羊大国でもあります。ただ、世界的に羊毛の需要が減っている事が原因で羊から牛に変更する農家も多いみたいです。

 

ポイント4.見所

肉食化した恐怖の羊

人間のエゴと科学の代償

効率化による弊害

アンガスの秘密と野望

生々しいゴア表現

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の撮影ではCGを使わずに本物の羊やロボット、特殊メイク等を駆使したみたいです。

また、劇中には他のホラー映画のオマージュが散りばめられているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

グロテスクなホラー映画をお探しの方

一風変わったホラー映画をお探しの方

過激な描写の多い映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ヘンリー・オールドフィールド

オールドフィールド家の次男。幼い頃のトラウマで羊恐怖症になったため農場を離れて暮らしているが、久々に帰省した際、羊の暴走に巻き込まれてしまう。

 

アンガス・オールドフィールド

ヘンリーの兄。亡き父の跡を継いで牧羊を営んでいるが、効率化を図るため秘密裏にラッシュ博士と共謀して遺伝子操作による実験を繰り返している。

 

エクスペリメンス

動物愛護活動家の女性。アンガスが行っている実験を暴くためグラントと共に研究所に忍び込むが、持ち出した標本を落とした事で惨劇を引き起こしてしまう。

 

マック夫人

オールドフィールド家に家政婦として雇われている女性。心優しい性格の反面、ウサギを喜んで解体する一面もある。

 

あらすじ・ストーリー

羊恐怖症の「ヘンリー・オールドフィールド」は、亡き父から受け継いだ農場の権利を兄の「アンガス・オールドフィールド」に譲るため故郷に帰省していた。一方、アンガスの黒い噂を聞きつけた「エクスペリメンス」と「グラント」は、怪しい研究所から証拠となる標本を盗み出し、写真と共に暴露する予定だった。しかし、グラントが標本のケースを割った事で中に入っていた子羊に噛まれるトラブルが発生し、外に出た子羊は次々と他の羊にも噛み付き始める。そして、噛まれた羊達は凶暴化し、別の羊に噛み付いた事で最悪の事態に発展してしまう。何も知らないヘンリーは、旧友の「タッカー」と農場を移動していたが、逃げるエクスペリメンスに出会うと同時に暴走する羊の群れに襲われる。その後、3人は研究所に逃げ込むが、手を噛まれたアンガスと「ラッシュ博士」に遭遇し、足を噛まれたタッカーが拘束されてしまう。何とか研究所から脱出したヘンリーとエクスペリメンスだったが、羊の群れとアンガスの両方から追われる事になる。果たして、ヘンリー達は無事に修羅場から生還する事が出来るのか?凄惨さを極めた展開と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆★★★
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆★★★★

☆5つが満点

 

良かった点

ぶっ飛んだ発想

シンプルなメッセージ性

残念だった点

緊張感に欠ける点

チープさが目立つ点

強引さが目立つ点

説明不足が目立つ点

 

感想

奇抜なホラー作品でした。

動物系のホラーは数多くありますが、羊が人を襲うという発想が新鮮だと感じました。ただ、B級色が強めなのでツッコミ所も多いですが、人間のエゴや畜産農家のあり方について考えさせられる作品でもあるので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク