ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『エスター』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

無料動画配信サービス情報

エスター』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

エスター』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル エスター
原題 Orphan
監督 ジャウム・コレット=セラ
公開年 2009年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 123分(2時間03分)
制作 ダーク・キャッスル・エンターテインメント 他
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
ヴェラ・ファーミガ ケイト・コールマン
イザベル・ファーマン エスター
ピーター・サースガード ジョン・コールマン
ジミー・ベネット ダニエル・コールマン
アリアーナ・エンジニア マックス・コールマン
CCH・パウンダー シスター・アビゲイル

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.豪華な制作陣

今作は俳優としても有名な「レオナルド・ディカプリオ」が制作に参加している作品になります。また、過去に『マトリックス』や『リーサル・ウェポン』等の制作を手がけた「ジョエル・シルバー」や「ロバート・ダウニー・Jr」の妻「スーザン・ダウニー」も制作に参加しています。ちなみに、今作で「デヴィッド・レスリー・ジョンソン」が、初めて脚本を務めています。

 

ポイント3.類似した事件

今作の内容によく似た事件が公開された翌年の2010年にアメリカで発生していたみたいです。今作との関連は特に無いみたいですが、ウクライナ出身の「ナタリア・グレイス」がバーネット夫妻に養子として迎え入れられたのが事の発端らしいです。ただ、巷では「リアルエスター」と呼ばれている事件みたいなので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

コールマン家に起こる悲劇

恐怖のエスター

劇中に散りばめられた伏線

疑心暗鬼と複雑な心理状況

エスターに隠された秘密

 

ポイント5.小ネタ・裏話

マックス役を演じた「アリアーナ・エンジニア」は、実際に聴覚障害を持っているらしく、普段から読唇術や手話を使っているみたいです。

また、今作の特典映像として別エンディングがあり、本来のラストシーンと全く異なる内容なので、ご覧になる際にはぜひ両方ともチェックしてみて下さい。

 

こんな方にオススメ

一風変わったホラー映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

闇の深い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ケイト・コールマン

コールマン家の母親。ピアノが得意で元アルコール依存症だったが、断酒して自力で克服した。3人目の子どもを流産で失い、養子としてエスターを迎え入れる事にする。

 

エスター

養子としてコールマン家の一員となったロシア出身の孤児の少女。絵やピアノが上手だが、少し風変わりな部分があり、身につけているリボンを外す事や歯医者に行く事を極端に嫌がる。古い聖書を宝物のように持ち歩いている。

 

ジョン・コールマン

コールマン家の父親。情緒不安定なケイトを気にする一方で、エスターに対しても人一倍気を遣っている。

 

ダニエル・コールマン

コールマン家の長男。エスターの事を嫌っているが、妹のマックスに対しては優しい。

 

マックス・コールマン

コールマン家の娘。生まれつき耳が悪く、補聴器を付けているが、会話は読唇術と手話を使っている。器用なエスターの事を姉のように慕っている。

 

あらすじ・ストーリー

子どもを流産で失った事で「ケイト・コールマン」は悪夢にうなされる日々を送っていた。そこで、夫の「ジョン・コールマン」の提案で施設から少し変わった雰囲気の「エスター」を養子として迎え入れる事にする。娘の「マックス・コールマン」とすぐに打ち解けるが、兄の「ダニエル・コールマン」は、エスターの奇行を見て避けるようになってしまう。ある日、ジョンとマックスと共に公園へ出かけたエスターは、自分をいじめていた少女を突き落として怪我をさせる。何もしていないと平然と嘘をつくエスターに違和感を覚えたケイトは、日頃の行動にも不審な点が多いと感じ始める。不気味に感じ始めたケイトは、エスターについて調べるため、施設の「シスター・アビゲイル」に詳細を聞くが、以前引き取られていた家族は放火による火事で死亡した事以外に記録が残っていない事を知る。果たして、エスターは一体何者なのか?エスカレートするエスターの行動と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

イザベル・ファーマンの演技

ギャップを上手く使った構成

細かい人物設定

残念だった点

露骨に見せ過ぎる演出

 

感想

リアルさが怖い作品でした。

じわじわ来る恐怖感や伏線の回収は良かったのですが、もう少し隠す部分が多くても良かったような気がしました。ただ、あえて見せる演出を使っていても意外性があって、独特な怖さを堪能できる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク