ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『マン・オブ・スティール』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『マン・オブ・スティール』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA 〇(定額見放題)
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年4月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

BD・DVD・グッズ情報

『マン・オブ・スティール』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル マン・オブ・スティー
原題 Man of Steel
監督 ザック・スナイダー
公開年 2013年
ジャンル SF,アクション
視聴制限 なし
時間 143分(2時間23分)
制作 DCエンターテインメント 他
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
ヘンリー・カヴィル クラーク・ケント
スーパーマン(カル=エル)
エイミー・アダムス ロイス・レイン
マイケル・シャノン ゾッド将軍
ケビン・コスナー ジョナサン・ケント
ダイアン・レイン マーサ・ケント
ローレンス・フィッシュバーン ペリー・ホワイト
アンチュ・トラウェ ファオラ=ウル
ラッセル・クロウ ジョー=エル
アイェレット・ゾラー ララ・ロー=ヴァン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.スーパーマン

今作は過去5作の実写映画が制作されている『スーパーマン』の6作目になります。キャストが全て一新されているだけでなく、「ザック・スナイダー」が監督を務めると同時に『ダークナイト・トリロジー』を手がけた「デヴィッド・S・ゴイヤー」「クリストファー・ノーラン」「エマ・トーマス」「チャールズ・ローヴェン」が今作に携わっています。スーパーマンバットマン共にそれぞれの良さがあり、DCを代表するキャラクターでもあるので、ぜひ今作と併せて他の作品もご覧になってみて下さい。

(DCEUの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.DCEU始動

今作はDCEU(DC エクステンデッド・ユニバース)の記念すべきシリーズ1作目になります。元々、スーパーマン作品を3部作の構想で制作予定だったみたいなのですが、様々な経緯を経て5作構成の案で企画が進んでいく中で、スピンオフ作品を加えたユニバース作品として展開する事になったらしいです。

 

ポイント4.見所

スーパーマンの誕生と過去

破壊力のある戦闘シーン

ゾッドの過去と使命

2人の父親と息子の絆

クラークとロイスの恋の行方

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作のタイトルはスーパーマンのニックネームをそのまま使っていますが、デヴィッドとノーランの提案で決定したみたいで、過去作との違いを明確にしたかったという理由だったらしいです。

また、クラーク役を演じた「ヘンリー・カヴィル」は、過去の映画版やアニメ版ではなく、原作のコミックを熟読した上で撮影に挑んだみたいです。

他にも、ヘンリーは役作りのために非常にハードなトレーニングを行ったらしく、撮影中も継続する必要があったため大変だったとインタビューの中で話していたみたいです。

ちなみに、劇中のカニ漁を行うシーンは、実際に荒波の中で撮影されたらしいので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

迫力のあるアクション映画をお探しの方

家族の大切さが実感できる映画をお探しの方

勇気がもらえる映画をお探しの方

親子関係で悩んでいる方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

クラーク・ケント

惑星クリプトンで生まれて地球で育った男性。自分のルーツを探す旅を続ける中で出生の秘密と使命を知り、地球を守るためにゾッド将軍と戦う事を決意する。

 

ロイス・レイン

デイリー・プラネットに勤める女性記者。軍が発見した未知の物体を調べる中でクラークに命を救われ、地球人で無い事や超能力を持っている事を知る。

 

ゾッド将軍

惑星クリプトンの軍に所属する最高司令官の男性。過去にクーデターを起こした罪で追放されていたが、クリプトンを再興するため地球への侵略を始める。

 

ジョナサン・ケント

クラークの義父。不時着したポッドから赤ちゃんを発見し、クラークと名付けて我が子のように育てながら、地球人として大切な事を教える。

 

マーサ・ケント

クラークの義母。ジョナサンの死後、農場を1人で経営している。クラークが自分の出生や故郷について知った後に再会するが、複雑な心境を抱く。

 

ジョー=エル

クラークの実父。クリプトン人にとって重要なコデックスを赤ちゃんだったクラークに託し、ポッドで地球へ送るが、ゾッド将軍に刺殺される。

 

あらすじ・ストーリー

地球に不時着したポッドから赤ちゃんを発見したケント夫妻は「クラーク」と名付けて我が子のように育て始める。2人はクラークの成長に合わせて力をコントロールする術と無闇に使わない事を教え、知っている事を全て話す。しかし、一家が竜巻に襲われた際、父親の「ジョナサン・ケント」が死亡してしまい、悲しみに暮れるクラークは教え通りに自分のルーツを探す旅を始める。そんな中、北極で未知の物体が発見され、秘密裏に中に入ったクラークは、実の父「ジョー=エル」の記憶と言葉を交わす中で自分がクリプトン人である事を知る。そして、クラークはジョーから1枚のスーツを譲り受ける一方で、かつて惑星クリプトンでクーデターを起こした「ゾッド将軍」が地球へ侵略を始める。ゾッド将軍は地球をクリプトン再建に使おうと考えていたが、クラークは地球を守るために戦う事を決意する。果たして、クラークはゾッド将軍から地球を守る事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と激しい戦闘シーンはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

設定の細かさと丁寧さ

ドラマ性のある展開

深みのあるセリフ

ハイクオリティのCG

残念だった点

やや意外性に欠ける点

 

感想

始まりに相応しい作品でした。

ヒーロー自身の苦悩や葛藤だけでなく、ヴィランなりの事情やバックグラウンドも描かれていて、非常に見応えと奥深さがあると感じました。長尺のお陰で細かい部分まで描かれているのも良かったですし、大迫力の映像とドラマ性の両方を堪能出来る作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク