ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

※本ページにはプロモーションが含まれています

映画『ホーンテッドマンション(2003)』5つのポイント・無料配信・情報・見どころ・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

無料動画配信サービス情報

『ホーンテッドマンション(2003)』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT ×
Netflix ×
Hulu ×
ABEMA ×
Lemino ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ 〇(定額見放題)

注意点

本ページの情報は2023年12月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

Blu-ray・DVD・グッズ情報

『ホーンテッドマンション(2003)』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ホーンテッドマンション
原題 Haunted Mansion
監督 ロブ・ミンコフ
公開年 2003年
ジャンル ホラー,コメディ
視聴制限 なし
時間 88分(1時間28分)
制作 ウォルト・ディズニー
配給 ウォルト・ディズニー

 

キャスト

俳優名 役名
エディ・マーフィ ジム・エヴァース
マーシャ・トマソン サラ・エヴァース
ナサニエル・パーカー エドワード・グレイシー
テレンス・スタンプ ラムズリー
ジェニファー・ティリー マダム・リオッタ
マーク・ジョン・ジェフリーズ マイケル
アリー・デイヴィス メーガン
ウォーレス・ショーン エズラ
ディナ・ウォーターズ エマ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.アトラクションを映画化

今作は東京ディズニーランドにもあるアトラクション「ホーンテッドマンション」を映画化した作品になります。ただ、一部を除いて登場人物や設定、ストーリー等は今作オリジナルになるためアトラクションを知らない方でも楽しむ事は出来ますが、興味のある方はぜひディズニーランドにも足を運んでみて下さい。

 

ポイント3.相互作用

劇中に登場するダイニングテーブルの椅子は元々アトラクションには無かったみたいなのですが、今作の公開後「ホーンテッドマンション」と「パイレーツ・オブ・カリビアン」のアトラクションに追加されたらしいです。また、劇中にはアトラクションに登場するゴーストやナレーションを含めた演出も様々なシーンに散りばめられているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

ポイント4.見所

寄り道から始まるトラブル

試されるエヴァース家の絆

幽霊屋敷の過去と禁断の愛

エドワードの想いと悲願

ラムズリーの暗躍

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中にはディズニーランドやディズニー作品でお馴染みの隠れミッキーが登場するので、ご覧になる際にはぜひ探してみて下さい。

また、ラムズリー役として「アンソニー・ホプキンス」にもオファーが出されたみたいです。

他にも、撮影にはカリフォルニア州の法律で本物のカラスが使えなかったため、見た目がよく似た別の鳥が使われたらしいです。

ちなみに、劇中には様々な映画のオマージュが散りばめられているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

怖さが控えめなホラー映画をお探しの方

笑って泣ける映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

家族の大切さが実感できる映画をお探しの方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

登場人物

ジム・エヴァース

エヴァース家の父親。サラと共に不動産業を営んでいて、業績を上げるため必死になる反面、家族との時間が中々取れない中で、豪華な屋敷を売りたいという話を聞き、一家4人で湖へ遊びに行く途中で内見に立ち寄ったせいでトラブルに巻き込まれる事になる。

 

サラ・エヴァース

ジムの妻。仕事にばかり夢中で家族と過ごす時間を取らないジムに不満を募らせる中で、湖へ遊びに行くつもりが、商談相手の屋敷へ立ち寄ったせいで大雨によって足止めされ、エドワードにエスコートされるまま家族と離れた事で更なるトラブルに巻き込まれる。

 

エドワード・グレイシー

グレイシー家の主人。古い大きな屋敷で執事のラムズリー達と共に暮らしている。商談に訪れたエヴァース一家を屋敷に招き入れるが、サラを自分が愛したエリザベスだと思い込んでいるため、今度こそ一緒になろうと熱烈にアピールする。

 

ラムズリー

グレイシー家の執事。屋敷を売りたいとサラに電話で伝えるが、家族揃って来たため不快感を露わにしながら招き入れる。念願の計画を実行に移すためジムや子供達を孤立させると同時に本性を見せ、エドワードとサラを結ばせようと暗躍する。

 

マダム・リオッタ

水晶に閉じ込められた占い師の幽霊。屋敷の中を彷徨っていたジムが部屋を訪れたため、呪いと悪霊について説明しつつ、家族の命が狙われていると伝えて鍵を見つけるようアドバイスする。

 

あらすじ・ストーリー

夫婦で不動産業を営む「ジム・エヴァース」と「サラ・エヴァース」は、2人の子供「マイケル」「メーガン」と共に仲睦まじく暮らしていた。ある日、仕事を優先するジムは、結婚記念日の約束を守らなかったためサラを怒らせてしまうが、埋め合わせとして家族で湖に出かける事に決める。そんな中、屋敷を売りたいという電話が来て、ちょうど湖に出かける日に会いたいと言われたため、ジムは途中で立ち寄る事にする。大雨の中、屋敷に着いた4人は執事の「ラムズリー」に出迎えられるが、主人の「エドワード・グレイシー」はサラを一目見て気に入った様子だった。しかし、仕事モードのジムが食事の招待を快諾したため川が増水して屋敷から出られなくなり、4人はエドワードの勧めで仕方なく1泊する事になる。またしてもサラを怒らせてしまったジムは、話があると案内された書斎で隠し扉を見つけるが、好奇心から中に入ってしまい、閉じ込められてしまう。一方、マイケルとメーガンも部屋にあったオルゴールから出て来た光る謎の玉を追いかけ、物置部屋である物を見て驚愕する。更に、姿の見えないジムを探すサラはラムズリーの案内で書斎へ行き、待っていたエドワードと話し込んでしまったため、4人は離れ離れになってしまう。果たして、エヴァース一家の運命はどうなってしまうのか?幽霊が彷徨う屋敷に隠された秘密と感動のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

分かりやすいストーリー

エディ・マーフィの顔芸

ハイクオリティのCG

ドラマ性のある展開

ユニークなゴースト達

残念だった点

精神的にキツい点

 

感想

完成度の高い作品でした。

アトラクションの少し不気味な世界観はそのままに、家族をテーマにしたオリジナルのストーリーとやり過ぎ感のないユーモアが組み合わさる事で、時代に左右されない不動の面白さがあると感じました。何より、子どもの時に見た印象と大人目線で見る印象が大きく異なるのも新たな気付きがあって良かったですし、老若男女問わず楽しめる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

 

スポンサーリンク