ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ドクター・ドリトル(2020)』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ドクター・ドリトル(2020)』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT △(レンタル)
Netflix 〇(定額見放題)
Hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年3月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ドクター・ドリトル(2020)』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ドクター・ドリトル
原題 スティーヴン・ギャガン
監督 Dolittle
公開年 2020年
ジャンル ファンタジー,アドベンチャー
視聴制限 なし
時間 101分(1時間41分)
制作 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
ロバート・ダウニー・Jr. ジョン・ドリトル
ハリー・コレット トミー・スタビンズ
マイケル・シーン ブレア・マッドフライ
ジム・ブロードベン トーマス・バッジリー
アントニオ・バンデラス 海賊王ラソーリ
カーメル・ラニアード レディ・ローズ
ジェシー・バックリー ヴィクトリア女王
カシア・スムトゥニアク リリー・ドリトル

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.映画オリジナル版

今作は「ヒュー・ロフティング」の小説『ドリトル先生』のシリーズを基に制作された作品になります。ただ、動物や登場人物の名前、一部の設定だけが原作と共通している部分なので、完全にオリジナルストーリーになります。また、1998年からシリーズ化された「エディ・マーフィ」主演の『ドクター・ドリトル』とは設定自体が全く異なるため、今作はリメイク版ではありません。しかし、どちらも非常に面白いので、時間に余裕のある方はぜひ原作やエディ・マーフィ版の方もチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.豪華な声の出演

劇中に登場する動物ですが、字幕版、日本語吹き替え版共に豪華なキャスティングになっています。

 

ポリネシア/ポリー(オウム)

エマ・トンプソン 石田ゆり子

 

チーチー(ゴリラ)

ラミ・マレック 小野大輔

 

ヨシ(ホッキョクグマ)

ジョン・シナ 中村悠一

 

プリンプトン(ダチョウ)

クメイル・ナンジアニ 八嶋智人

 

ダブダブ(アヒル)

オクタヴィア・スペンサー 朴璐美

 

ジップ(犬)

トム・ホランド 斉藤壮馬

 

ケヴィン(リス)

クレイグ・ロビンソン 黒田崇矢

 

バリー(トラ)

レイフ・ファインズ 池田秀一

 

ベッツィ(キリン)

セレーナ・ゴメス 花澤香菜

 

チュチュ(アカメギツネ)

マリオン・コティヤール 沢城みゆき

 

ミニー(フクロモモンガ)

ニック・A・フィッシャー 茅野芽衣

 

ジェームズ(トンボ)

ジェイソン・マンツォーカス 杉田智和

 

ドン・カーペンテリノ(アリ)

デイヴィッド・シェインコフ 井上和彦

 

ご覧になる際にはぜひ声優陣の声の演技にも注目してみて下さい。

 

ポイント4.見所

ロバート・ダウニー・Jr.の怪演

個性豊かな動物達

ドリトルの過去

幻のエデンの樹の果実

イギリス王室に渦巻く陰謀

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中に登場する動物や背景はほぼCGだったという事もあってトミー・スタビンズ役を演じた「ハリー・コレット」は演技に苦労したとインタビューで話していたみたいです。

また、今作の日本語吹き替え版には、第7世代を代表する人気芸人「霜降り明星」の2人が参加しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

他にも、今作の製作陣には「ロバート・ダウニー・Jr.」の妻「スーザン・ダウニー」が参加しています。

ちなみに、日本での公開は3月20日の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で6月19日に延期されました。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

冒険気分が味わえる映画をお探しの方

不思議な異世界感を堪能したい方

動物が大好きな方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ジョン・ドリトル

動物と会話出来る能力を持つ医師の男性。愛する妻のリリーを失った事で人と接するのを拒んでいたが、ヴィクトリア女王を助けるためエデンの樹の果実を求めて冒険に出る。

 

トミー・スタビンズ

猟師の家庭で育った少年。心優しい性格のため動物を傷つけられず、怪我を負わせてしまったリスを救うためドリトルの屋敷を訪れ、そのまま一方的に弟子入りする。

 

ブレア・マッドフライ

ドリトルの大学時代の同期の男性。プライドが高く、ドリトルをライバル視している。

 

ポリー

人間の言葉を話せるオウム。ドリトルを常に気遣い、出会ったスタビンズの事が気に入ったため、弟子入り出来るように後押しする。

 

あらすじ・ストーリー

広い屋敷と庭園の中で人との接触を断つ生活を送っていた「ジョン・ドリトル」だったが、ある日怪我をしたリスを抱えた少年「トミー・スタンビンズ」が訪ねて来た。動物達に指示を出してリスの治療を終えたドリトルは、スタビンズと同じく屋敷を訪れていた「レディ・ローズ」から「ヴィクトリア女王」の治療を依頼される。外に出るのを拒むドリトルだったが、女王が亡くなれば屋敷も無くなる事を聞かされ、仕方なく宮殿に向かう。動物達を連れて王宮を訪れたドリトルは、衰弱した女王を診察し、部屋の中で飼育されていたタコから原因は紅茶に含まれていた毒だという情報を得る。しかし、唯一の治療薬は妻の「リリー・ドリトル」が追い求めて失踪した幻のエデンの樹の果実だったため、ドリトルは弟子入りを懇願するスタビンズを連れ、大海原へ旅立つ事を決意する。果たして、ドリトルはエデンの樹の果実を見つける事が出来るのか?ハラハラドキドキの大冒険と女王を狙う犯人の正体はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆★★★★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

CGならではのファンタジー

愛らしい動物達

オリジナルのドリトル像

残念だった点

意外性に欠ける点

先の読める展開

コメディ要素の空回り感

 

感想

色々と惜しい作品でした。

ロバートが主演という事もあり、非常に楽しみにしていましたが、せっかくの名演技を生かしきれてない気がしました。ストーリーももう少し個性を出して欲しかったですし、肝心の部分が曖昧なのも気になりました。ただ、分かりやすいという意味では老若男女問わず楽しめる作品になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク