ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『デッドコースター』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

デッドコースター』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年6月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

デッドコースター』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル デッドコースター
原題 Final Destination 2
監督 デヴィッド・エリス
公開年 2003年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 90分(1時間30分)
制作 ニュー・ライン・シネマ 他
配給 ニュー・ライン・シネマ

 

キャスト

俳優名 役名
A・J・クック キンバリー・ゴールドマン
マイケル・ランデス トーマス・バーク
アリ・ラーター クレア・リバース
デヴィッド・パートコー エバン・ルイス
ジェイムズ・カーク ティム・カーペンター
リンダ・ボイド ノラ・カーペンター
キーガン・コナー・トレイシー キャット・ジェニングス
ジョナサン・チェリー ローリー・ペータース
T・C・カーソン ユージーン・ディックス
ジャスティーナ・マチャド イザベラ・ハドソン
ノエル・フィッシャー ブライアン
トニー・トッド ウィリアム・ブラッドワース

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はファイナル・デスティネーションのシリーズ2作目になります。前作『ファイナル・デスティネーション』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるので注意が必要です。また、一部の登場人物は同じキャストが引き続き演じているので、前作から先に見る事をオススメします。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.監督の交代

今作の監督は、前作で監督を務めた「ジェームズ・ウォン」から「デヴィッド・エリス」に変更されています。また、一部を除く制作スタッフやキャストも大幅に変更されていますが、作風自体は前作から引き継がれています。

 

ポイント4.見所

玉突き事故から始まる惨劇

死のピタゴラスイッチの再来

生存者の共通点

死の回避法と落とし穴

クレアの決意と安全地帯

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の撮影は監督を務めたデヴィッドの意向で出来る限りCGは使わずにロケ撮影を中心に行ったみたいです。

また、劇中に登場する丸太は元々本物を使う予定だったらしいのですが、テストを行った際に上手く跳ねなかったため合成によって付け加えられたみたいです。

 

こんな方にオススメ

B級ホラー映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

不屈の精神を身に付けたい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

キンバリー・ゴールドマン

死を予感出来る女性。ハイウェイで玉突き事故に遭遇する予知夢を見て死を回避するが、友人達を救う事が出来ず、助けた人達も次々と死を遂げていく。

 

トーマス・バーク

保安官の男性。キンバリーが立ち往生した事で命拾いし、逆に大型トラックから命を救う。助かった人達が次々死亡したためキンバリーに協力する事に決める。

 

クレア・リバース

飛行機事故の生存者の女性。精神病院に隔離してもらう事で死を回避していたが、手がかりを求めて訪れたキンバリーと出会って再び立ち向かう事を決意する。

 

エバン・ルイス

宝くじに当選した男性。キンバリーの立ち往生によって命拾いしたが、次々と迫り来る死を回避するも、助かった人達の中で最初の犠牲者となってしまう。

 

ティム・カーペンター

カーペンター家の息子。キンバリーの立ち往生によって命拾いしたが、死の予感に関して信じなかったため迫り来る死に抗えずに2人目の犠牲者となる。

 

ノラ・カーペンター

シングルマザーの女性。キンバリーの立ち往生によって命拾いするが、息子のティムを失ったためショックで自暴自棄になるも、他の生存者達に励まされる。

 

キャット・ジェニングス

キンバリーの立ち往生によって助かった女性。キンバリーの呼びかけで集まり、他の生存者達と協力して死を回避しようと試みる。

 

ローリー・ペータース

薬物依存の男性。キンバリーの立ち往生によって命拾いし、他の生存者達と協力して死を回避しようと試みる中でブライアンの命を救う。

 

ユージーン・ディックス

教師の男性。キンバリーの立ち往生によって命拾いし、他の生存者達と協力して死を回避しようとするが、重症を負ったため病院に搬送される。

 

イザベラ・ハドソン

出産を間近に控えた妊娠中の女性。キンバリーの立ち往生によって命拾いし、死の回避法が新しい生命の誕生だと知った生存者達の唯一の希望になる。

 

ブライアン

警察官の父を持つ青年。死を回避しようと試みる生存者達が通りかかった際、事故を起こしたため犠牲になりかけるが、ローリーによって助けられる。

 

ウィリアム・ブラッドワース

死の運命に詳しい謎の男性。キンバリーがクレアと共に遺体安置所を訪れた際、死を回避する方法は新しい生命の誕生だとアドバイスする。

 

あらすじ・ストーリー

多くの犠牲者が出た飛行機事故から1年が経ち、友人達とビーチへ向かうためハイウェイに乗ろうとしていた「キンバリー・ゴールドマン」は、玉突き事故の白昼夢を見てしまう。夢から覚めたキンバリーが恐怖で車を降りてしまったため、後続車は足止めを食らってしまうが、玉突き事故は変わらず発生してしまう。友人達を失いながらも近くにいた保安官の「トーマス・バーク」によって命を救われたキンバリーは、事情聴取を受ける中で予知夢の事を話す。しかし、命拾いした人達は誰も信じようとしなかったため、次々と命を落としてしまう。そこでキンバリーは、生存者を集めると同時に飛行機事故の当事者で唯一生き残っていた「クレア・リバース」にも協力を打診する。更に、クレアが過去に助言を受けた「ウィリアム・ブラッドワース」から死の回避方法が新しい生命の誕生だと聞いたキンバリーは、玉突き事故の際に妊娠中の女性がいた事を思い出し、無事に出産させるため奮闘する。果たして、キンバリー達は死の運命を回避する事が出来るのか?衝撃の展開と無慈悲な死のピタゴラスイッチはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

シンプルなミスリード

適度な続編感

予想を裏切らない展開

残念だった点

関係性の無い邦題

進行に応じて目立つ雑さ

強引さが目立つ点

 

感想

グロさ際立つ続編でした。

前作に比べると謎解き要素が若干多めになっていて、致命傷のグロさもパワーアップしていますが、相変わらずB級感は強めだと感じました。ただ、全く緊張感が煽られないチープなBGMも粗い作りの内容にピッタリでしたし、プロセス命のピタゴラスイッチが魅力的な作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク