ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『らせん』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『らせん』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『らせん』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル らせん
監督 飯田譲治
公開年 1998年
ジャンル ホラー,SF
視聴制限 なし
時間 97分(1時間37分)
制作 東宝
配給 東宝
主題歌 HIIH「ゆがんだ時計」

 

キャスト

俳優名 役名
佐藤浩市 安藤満
中谷美紀 高野舞
松重豊 吉野賢三
佐伯日奈子 山村貞子
真田広之 高山竜司
松嶋菜々子 浅川玲子

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はリングのシリーズ2作目になります。前作『リング』との関連ですが、ネタバレを含めてその後にあたる内容なので注意が必要です。また、原作に近い正当な続編は今作ですが、IFストーリーを描いたもう一つの続編『リング2』もありますので、気になる方はぜひそちらも併せてご覧になってみて下さい。

(前作の記事はコチラ)

(リング2の記事はコチラ)

 

ポイント3.原作との違い

今作は「鈴木光司」の小説『らせん』が原作になっていますが、一部の設定や演出が大幅に変更されています。また、一部の登場人物やシーン自体もカットされているので、気になる方はぜひ原作の方もチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

終わらない貞子の呪い

竜司の死体に隠された謎のメモ

満男の過去と後悔

舞に訪れる悲劇

謎のウイルスの正体

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中のどこかに原作者の鈴木がカメオ出演しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

一風変わったホラー映画をお探しの方

謎解き要素が多めの映画をお探しの方

闇の深い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

超常現象や幽霊に興味のある方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

安藤満

監察医として働く男性。息子を水難事故で失ったため、生きる気力を失っている。友人でもある竜司の死に迫る中で謎のメモを発見し、呪いのビデオを見てしまう。

 

高野舞

高山竜司の元恋人の女性。竜司の死と呪いのビデオの関連を調べる中で安藤と出会い、互いを慰め合う関係に発展する。

 

吉野賢三

浅川玲子の上司の男性。玲子と息子が死亡した事故現場で取材ノートと呪いのビデオを発見し、安藤に手渡す。

 

あらすじ・ストーリー

息子を亡くしてから死ぬ事ばかり考えながら生活を送る「安藤満男」は、ある日友人の「高山竜司」の死体を解剖する事になる。解剖を進める中で満男は竜司の体内から謎のメモを発見し、解読しようと試みる。一方、竜司の死の原因を探る「高野舞」は満男の元を訪れ、呪いのビデオと関係がある事を指摘する。そんな中、竜司の元妻「浅川玲子」と息子が事故死したという知らせを受けた満男は、事故現場で「吉野賢三」と出会う。賢三から玲子の所持していた取材ノートと謎のビデオテープを受け取った満男は中身を見てしまい、頻繁に「山村貞子」の幻影を見るようになる。更に、賢三も死亡し、呪いのビデオが本物だと確信した満男はテープを破壊するが、死への恐怖から舞と肉体関係を持ってしまう。しかし、今度は舞が遺体で発見され、死亡した4人と自分の心臓に腫瘍がある事を知った満男は、検査を進める中で天然痘に似た新種のウイルスを発見する。果たして、満男は呪いの原因を突き止めて死を回避する事が出来るのか?意外な展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆★★★
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆★★★★

☆5つが満点

 

良かった点

予測不能な展開

残念だった点

ホラー感が薄い点

インパクトに欠ける点

やや説明不足感が目立つ点

イメージとかけ離れた貞子像

 

感想

ミステリーに近い続編でした。

謎解き要素を含めて設定自体は良かったのですが、前作に比べると怖さが控えめなので少し物足りなく感じました。どちらかというとリング2の方がホラー感のある続編なので好みが分かれると思いますが、意外性こそが今作の魅力なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク