ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『バッドボーイズ』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

バッドボーイズ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年2月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

バッドボーイズ』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル バッドボーイズ
原題 Bad Boys
監督 マイケル・ベイ
公開年 1995年
ジャンル アクション,コメディ
視聴制限 なし
時間 118分(1時間58分)
制作 ドン・シンプソン,ジェリー・ブラッカイマー・プロ
配給 コロンビア・ピクチャーズ
主題歌 ダイアナ・キング「Shy Guy」

 

キャスト

俳優名 役名
ウィル・スミス マイク・ラーリー
マーティン・ローレンス マーカス・バーネット
ティア・レオーニ ジュリー・モット
チェッキー・カリョ フーシェ
テレサ・ランドル テレサ・バーネット
ジョー・パントリアーノ ハワード警部

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.初監督作品

今作は様々なヒット作を手がけた「マイケル・ベイ」が初めて監督を務めた作品になります。元々アーティストのMVやCMでキャリアを積んでいたマイケルですが、今作で制作を務めた「ドン・シンプソン」や「ジェリー・ブラッカイマー」とは、何度もタッグを組んで多くのメガヒット作品を生み出しているので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.イメージチェンジ

マイク役を演じた「ウィル・スミス」は、俳優としてのキャリアがまだ浅かった事に加えて、コメディ寄りの役が多かったみたいなのですが、今作でクールガイのイメージも定着したため、その後は様々な役を演じるようになったらしいです。

 

ポイント4.見所

マイクとマーカスの凸凹コンビ

なりすましで起こるハプニング

迫力のあるアクションシーン

個性豊かな登場人物

最恐の嫁テレサ

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中でドル紙幣が燃えながら舞い散るシーンがあるのですが、低予算だったため監督のマイケルが自腹で本物の紙幣を用意して撮影に使ったみたいです。

また、爆発シーンの撮影の際、天候が悪くなる予報だった事からディレクターが撮影を中止しようとしたらしいのですが、マイケルは断固反対して監督を辞めると言い出したため、根負けして撮影が行われたみたいです。

他にも、ドンやジェリーと様々な作品を制作してきたマイケルですが、今作の原稿案を2人に見せた際にB級映画にもならない駄作だと指摘されたらしいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

激しい戦闘アクション映画をお探しの方

元気が出るような映画をお探しの方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

マイク・ラーリー

マイアミ市警の男性刑事。性格が真逆のマーカスとバディを組んでいるが、捜査の一環で入れ替わり生活を始めたため、トラブルが続出する。

 

マーカス・バーネット

マイアミ市警の男性刑事。家族想いの性格だが、妻のテレサには尻に敷かれている。マイクと入れ替わり生活を送る中で、テレサに浮気を疑われてしまう。

 

ジュリー・モット

事件に巻き込まれた一般女性。フーシェに命を狙われる事になったためマイクを頼ったつもりが、なりすましたマーカスが警護を担当する事になる。

 

フーシェ

麻薬密売人の男性。マイアミ市警に押収されたヘロインを取り返すが、やり取りをジュリーに目撃されたため、証拠隠滅のために追いかける事になる。

 

あらすじ・ストーリー

マイアミ市警で押収したコカインが盗まれる事件が発生し、問題ばかり起こす「マイク・ラーリー」と「マーカス・バーネット」のバディ「バッドボーイズ」が捜査を担当する事になる。そこで、マイクは友人の「マックス」に情報収集を依頼するが、麻薬密売人の「フーシェ」に殺害されてしまう。更に、マックスと一緒に現場にいた「ジュリー・モット」も命からがら逃げ延びたが、口封じのためにフーシェに命を狙われる事になる。ジュリーは、事前にマイクの名前を聞いていたため急いで連絡するが、電話に出たのはマーカスだった。しかし、ジュリーがマイク以外とは話さないと駄々をこねたため、マーカスがなりすます事になる。ジュリーから4日後に取引が行われる事を聞いたマーカスは、警護のためマイクの自宅で匿う事にし、恐妻の「テレサ」には出張だと嘘をつく事にする。一方、マイクはテレサにバレないようにマーカスの自宅で寝泊まりするようになる。果たして、2人は無事に事件を解決する事が出来るのか?笑劇の展開と激しい戦闘シーンはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆★★★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

派手な演出とアクション

マイクとマーカスの設定

テンポの良い展開

笑える会話シーン

分かりやすいストーリー

残念だった点

やや新鮮さに欠ける点

 

感想

色々ぶっ飛んだ作品でした。

コメディがベースになっているので、笑い所が多いのはもちろんですが、アクションシーンも見応えがあって非常にバランスが良いと感じました。また、バディの設定や内容は王道感がありますが、プラスアルファで個性が出ていましたし、何より監督を務めたマイケルの熱意が伝わる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク