ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ブラック・クリスマス』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ブラック・クリスマス』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
Hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2023年1月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ブラック・クリスマス』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ブラック・クリスマス
原題 Black Christmas
監督 ソフィア・タカール
公開年 2019年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 92分(1時間32分)
制作 ブラムハウス・プロダクションズ 他
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
イモージェン・プーツ ライリー
アレイズ・シャノン クリス
リリー・ドナヒュー マーティ
ブリタニー・オグレイディ ジェシー
ケイレブ・エバハート ランドン
ベン・ブラック フィル
マデリーン・アダムス ヘレナ
ケイリー・エルウィス ゲルソン教授
ライアン・マッキンタイア ブライアン
サイモン・ミード ネイト

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.リメイク作品

今作は1974年に公開された『暗闇にベルが鳴る』のリメイク作品になります。ただ、共通点はあるもののオリジナル要素が強めなので内容は大幅に異なりますが、興味のある方はぜひ今作と併せてご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.都市伝説

今作の基となった原作ですが、アメリカやカナダで有名な都市伝説「ベビーシッターと2階の男」をモチーフにしているみたいです。元々はイタズラ電話が次第にエスカレートしたため警察に電話して逆探知したところ、発信元が自宅で犯人はベビーシッターでだったという内容の都市伝説だったらしいです。ちなみに、今作や原作以外にも同じ都市伝説を映画化した作品もあるので、興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

惨劇のクリスマス

女子寮に訪れる悲劇

謎のDMとキラーの正体

ホーソーン大学の秘密

ライリーの過去

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中に登場するホーソーン大学のシーンは、ニュージーランドで最も古い名門校でもあるオタゴ大学のキャンパスを使って撮影が行われたみたいです。

また、今作の制作期間はわずが5ヶ月だったらしく、1テイクで撮影したシーンや台本無しのアドリブだけで撮影したシーンもあるみたいです。

 

こんな方にオススメ

謎解き要素が多めの映画をお探しの方

闇の深い映画をお探しの方

熱い友情を感じる映画をお探しの方

不快な空気感のある映画をお探しの方

不屈の精神を身に付けたい方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ライリー

ホーソーン大学に通う女子大学生。クリスマスを前に謎のDMが届いた後、同じ寮に住む学生達が次々と行方不明になる中でフードを被った不審者に襲われてしまう。

 

クリス

ライリーの親友で同じ寮に住む女子大学生。男尊女卑の考えを持つゲルソン教授を辞めさせようと活動する中でライリー同様にフードを被った不審者に襲われてしまう。

 

マーティ

ライリーの友人で同じ寮に住む女子大学生。ライリー達と休暇を楽しんでいたが、恋人のネイトと口論になる中でフードを被った不審者に襲われてしまう。

 

ジェシー

ライリーの友人で同じ寮に住む女子大学生。クリスマスツリーの電球を屋根裏部屋で探す最中に何者かに襲われて死亡する。

 

ランドン

ライリーに気がある男子大学生。互いに好意を持つ中でフードを被った不審者に追われるライリーに遭遇し、協力する事に決める。

 

フィル

ライリーを目の敵にする男子大学生。泥酔したヘレナと関係を持とうとした所をライリーに見つかって阻止され、ブライアンとの一件を歌った事で激怒している。

 

ヘレナ

ライリーと同じ寮に住む女子大学生。泥酔したためステージに立つ事が出来なくなり、寮に帰ったまま行方不明になる。

 

あらすじ・ストーリー

ホーソーン大学に通う「ライリー」は、親友の「クリス」が「ゲルソン教授」を辞めさせようと署名活動を行っているせいで仲間だと思われ、目の敵にされていた。クリスマスを目前に控えたある日、ライリーはバイト先に現れた「ランドン」に声をかけられて好意を抱くが、同じく店に現れた「フィル」から過去に性的暴行を受けた「ブライアン」が夜のイベントに来ると聞かされて憂鬱な気分になる。そして夜になり、イベントでパフォーマンスを披露する予定だった「ヘレナ」が泥酔したため、代わりにステージに立ったライリーは、歌に乗せてブライアンの行為を暴露し、会場を沸かせて復讐を果たす。しかし、寮に帰ったヘレナが行方不明になり、謎のDMが届いたライリーは嫌な予感がして警察に相談するが、結局送り主は分からないままだった。更に、パフォーマンスの動画が話題になっている事を知ったライリーはネット上にアップしたクリスと口論になり、友人の「マーティ」と恋人の「ネイト」を巻き込んでケンカに発展する。その後、再び謎のDMが届くと同時に突然フードとマスクで顔を隠した不審者が現れ、寮内にいたライリー達は次々に襲われてしまう。果たして、ライリー達の運命はどうなってしまうのか?キラーとの激しい攻防と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆★★★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

シンプルな伏線

顔の見えないキラー像

残念だった点

強引さが目立つ点

登場人物が多過ぎる点

クリスマス感が薄い点

 

感想

色々惜しい作品でした。

ストーリー自体は謎解き要素もあって良かったのですが、キラーの正体が判明するまでがピークで後は失速してしまうのがもったいないと感じました。また、クリスマスというシチュエーションを活かしきれていないのも残念でしたが、意外性のある展開のお陰で良くも悪くも期待を裏切ってくれる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク