ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『バイオハザードⅤ リトリビューション』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

バイオハザードⅤ リトリビューション』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

バイオハザードⅤ リトリビューション』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル バイオハザードⅤ リトリビューション
原題 Resident Evil:Retribution
監督 ポール・W・S・アンダーソン
公開年 2012年
ジャンル ホラー,アクション
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 96分(1時間36分)
制作 スクリーン・ジェムズ 他
配給 スクリーン・ジェムズ

 

キャスト

俳優名 役名
ミラ・ジョヴォヴィッチ アリス
リー・ビンビン エイダ・ウォン
ヨハン・アーブ レオン・S・ケネディ
ショーン・ロバーツ アルバート・ウェスカー
シエンナ・ギロリー ジル・バレンタイン
ミーガン・シャルパンティエ レッドクイーン
アリーナ・エンジニア ベッキー
ミシェル・ロドリゲス クローンレイン
オデッド・フェール トッド
クローンカルロス
ケヴィン・デュランド バリー・バートン
ボリス・コジョー ルーサー・ウェスト

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作は、バイオハザードのシリーズ5作目になります。前作『バイオハザードⅣ アフターライフ』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるため注意が必要です。また、過去作についてもストーリー的に全て繋がりがあり、ナンバリングと時系列が一致しているので、ご覧になる際には1作目から見る事をオススメします。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.登場クリーチャー

マジニ・アンデッド

T-ウイルスに感染したアンデッドの変異種。俊敏性と知能に優れ、花弁のような捕食器官を感覚器としても使用するだけでなく襲った人間もマジニ化させる。

 

処刑マジニ

巨大な断頭斧を持ったクリーチャー。強化された肉体で高い耐久性とスピード、パワーを持つ反面、知能はあまり高くない。

 

プラーガ寄生体

アンブレラ社の生物兵器。アンデッドに寄生させる事で知性を与えて命令を聞かせる事が出来るだけでなく、人間に寄生させる事で超人的なパワーを与える。

 

プラーガ・アンデッド

プラーガを寄生させたアンデッド。知能が向上した事で武器の使用や乗り物の操縦、集団行動も可能だが、言葉を発したり意思疎通は出来ない。

 

チェーンソー男

チェーンソーを武器として扱う適合率が高いプラーガ・アンデッド。肉体が強化されているため銃撃では怯まないが、弱点の頭部まではカバー出来ていない。

 

巨大リッカー

新鮮な人間のDNAを摂取した事で巨大化したリッカー。俊敏性とパワー、生命力が非常に高く、獲物を生捕りにして繭の中で溶かして摂取する特徴を持つ。

 

ポイント4.見所

再現度の高いエイダとジル

レッド・クイーンの暴走

激しい銃撃戦

アリスに芽生える母性

バラエティ豊かなクリーチャー

 

ポイント5.小ネタ・裏話

シリーズ2作目からジル役を演じている「シエンナ・ギロリー」は元々降板する予定だったみたいなのですが、ファンの後押しもあって続投が決定したらしいです。

また、前作から引き続きゾンビ役として出演している「中島美嘉」は、今作でスタントマン無しのアクションシーンの撮影に挑戦しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

他にも、劇中にはゲーム版の『バイオハザード4』と『バイオハザード5』を中心に過去作の中で最も多くのオマージュが散りばめられているので、ぜひ今作と併せてプレイしてみて下さい。

ちなみに、小説版『バイオハザード リトリビューション』では劇中に登場しなかった人物達の脱出劇が描かれているので、気になる方はぜひ今作と併せてチェックしてみて下さい。

 

こんな方にオススメ

迫力のあるアクション映画をお探しの方

激しい戦闘アクション映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

不屈の精神を身に付けたい方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

アリス

アンブレラ社に囚われた女性。洗脳されているジルから拷問を受けながらもエイダの協力で脱走し、救出チームと合流して海底の実験施設から脱出を目指す。

 

エイダ・ウォン

アンブレラ社の元スパイの女性。ウェスカーの部下であり、実験施設に潜入してアリスの脱走を手助けした後、脱出を目指して共闘する。

 

レオン・S・ケネディ

アリス救出チームを率いる男性。ウェスカーによって派遣され、アリス1人のために仲間が次々と犠牲になる事に不満を感じながらも懸命に戦い続ける。

 

アルバート・ウェスカー

アンブレラ社の元上級幹部の男性。全人類を滅亡させようと暴走するレッド・クイーンに反旗を翻し、宿敵のアリスを救出するためチームを派遣させる。

 

ジル・バレンタイン

元S.T.A.R.S.隊員の女性。胸に装着されたデバイスによってレッド・クイーンに洗脳されていて、脱走したアリスを捕獲するため部隊を使って執拗に追い回す。

 

レッド・クイーン

アンブレラ社が開発した最先端のAI。施設から脱走したアリスを捕獲するためジルに命令を出すと同時に、救出チームとの合流を妨害するため様々な手を使う。

 

ベッキー

クローンアリスとトッドの娘で実験用のクローン少女。本物のアリスと出会って母親と思い込んだため、行動を共にしながら施設からの脱出を目指す。

 

あらすじ・ストーリー

アルカディア号に囚われていた生存者を解放した「アリス」だったが、アンブレラ社が派遣した「ジル・バレンタイン」率いる部隊の襲撃を受け、海に転落したまま意識を失う。意識を取り戻したアリスは、夫の「トッド」と娘の「ベッキー」と共に平和な日常を過ごしていたが、突然アンデッドの襲撃を受けて逃げ延びた末に意識を失う。再び目覚めたアリスは、出口の無い独房に囚われていて、ジルから何度も拷問を受ける中で「エイダ・ウォン」の協力を得て脱走に成功する。その後、モニター越しに宿敵「アルバート・ウェスカー」と対面したアリスは、エイダの他に「レオン・S・ケネディ」率いる救出チームも派遣されている事と「レッド・クイーン」が暴走して人類を滅亡させようとしている事を聞かされる。そして、アリスはエイダと共に救出チームと合流し、施設からの脱出を目指す一方で、行手を阻むジルとクリーチャーから次々と襲撃を受ける。果たして、アリス達は無事に施設から脱出する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と見応えのある戦闘シーンはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆★★★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

オリジナルの設定と展開

登場キャラクターの多さ

迫力のあるアクションシーン

ゲーム版のオマージュ

残念だった点

クレアとクリスがいない点

レオンの設定が簡素な点

 

感想

ファン向けの続編でした。

過去作で死亡したキャラクターをクローンという形で再登場させているだけでなく、未登場だったゲーム版のキャラクターを追加しているので、知識量で楽しみ方に差が出ると感じました。ただ、前作同様にアクションシーンのクオリティは高いままでしたし、アンダーソン監督のバイオ愛が伝わる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク