ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ジュラシック・ワールド』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ジュラシック・ワールド』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu 〇(定額見放題)
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年8月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ジュラシック・ワールド』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ジュラシック・ワールド
原題 Jurassic World
監督 コリン・トレヴォロウ
公開年 2015年
ジャンル SF,アドベンチャー
視聴制限 なし
時間 125分(2時間05分)
制作 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
クリス・プラット オーウェン・グレイディ
ブライス・ダラス・ハワード クレア・ディアリング
タイ・シンプキンス グレイ・ミッチェル
ニック・ロビンソン ザック・ミッチェル
イルファーン・カーン サイモン・マスラニ
ヴィンセント・ドノフリオ ヴィック・ホスキンス
B・D・ウォン ヘンリー・ウー
ジェイク・ジョンソン ロウリー・クルーザース
オマール・シー バリー・センベーヌ3
ケイティ・マググラス ザラ・ヤング

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作・過去作との関連

今作はジュラシック・パークのシリーズ4作目であり、ジュラシック・ワールドの1作目になります。前作『ジュラシック・パークⅢ』を含め、過去作との関連については、時系列的な繋がりはあるものの、主役がオーウェンに変更され、内容的な繋がりはほとんど無いので、今作単体で見ても十分楽しむ事が出来ます。ただ、過去作の設定はそのまま引き継がれていて、演出の一部として数多くのオマージュが劇中に散りばめられているので、ぜひ過去作の方もご覧になってみて下さい。

(ジュラシック・パークの記事一覧はコチラ)

 

ポイント3.長い道のり

今作は元々『ジュラシック・パークⅢ』が公開された後すぐにジュラシック・パーク4として企画され、脚本やコンセプトアートも制作されていたみたいなのですが、全てキャンセルされて長期間延期になったらしいです。その後、約10年が経過し、正式に制作が決まったみたいなのですが、キャストが次々と決まる中でオーウェン役のオファーを出していた「ジョシュ・ブローリン」と交渉が決裂したため「クリス・プラット」が代わりにキャスティングされたらしいです。

 

ポイント4.見所

テーマパークの抱える問題

白い悪魔インドミナス・レックス

種を超える絆

インジェン社の目的

ミッチェル兄弟のサバイバル

 

ポイント5.小ネタ・裏話

クレア役を演じた「ブライス・ダラス・ハワード」は、走るシーンを含めてリアリティを出すために実際にヒールを履いて撮影に挑んだみたいです。

また、今作はシリーズの中で初めて雨のシーンが無い作品になったらしく、名前のある女性の登場人物が死亡するのも初だったみたいです。

他にも、劇中には監督を務めた「コリン・トレヴォロウ」と友人でもあり『Mr.インクレディブル』や『レミーのおいしいレストラン』等の監督を務めた「ブラッド・バード」が声のみにはなるものの出演しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

ちなみに、今作に関連する作品として小説やアニメ、絵本が制作、出版されていますが、ジュラシック・ワールドを実際に経営する事が出来るゲーム『ジュラシック・ワールド エボリューション』も発売されているので、ぜひ今作と併せてプレイしてみて下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

極上のスリルが味わえる映画をお探しの方

家族で楽しめる映画をお探しの方

刺激的な冒険を堪能したい方

責任感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

オーウェン・グレイディ

元軍人でラプトルの研究と監視を行う男性。インドミナスが脱走するトラブルが発生したため、反りが合わないクレアと協力して行方不明になったミッチェル兄弟を捜索する。

 

クレア・ディアリング

ジュラシック・ワールドの管理責任者の女性。パークの経営を第一に考えていたが、オーウェンと共に甥のミッチェル兄弟を捜索する中で考えを改めていく。

 

グレイ・ミッチェル

クレアの甥で11歳の少年。両親の離婚という複雑な心境の中でパークを楽しんでいたが、インドミナスに襲われて逃げ延びた挙句、危険区域を彷徨う事になる。

 

ザック・ミッチェル

グレイの兄で16歳の少年。恐竜にはあまり興味が無く、避難指示を無視したせいでインドミナスに襲われるが、グレイを守るため奮闘する。

 

サイモン・マスラニ

ジュラシック・ワールドとインジェン社のオーナーを務める男性。インドミナスの捕獲を部下に命じるが、全員が死亡したためヘリを自ら操縦して殺処分する事に決める。

 

ヴィック・ホスキンス

インジェン社のセキュリティ部門で幹部を務める男性。恐竜を軍事利用しようと裏で計画を進めていて、インドミナスの脱走を機にラプトルを使った実地テストを開始する。

 

ヘンリー・ウー

ジュラシック・ワールドで働く遺伝学者の男性。ジュラシック・パークで培った技術と遺伝子操作でインドミナスを作り出したため、パーク内で惨劇が起きてしまう。

 

あらすじ・ストーリー

ジュラシック・パークの惨劇から22年後、新たに恐竜のテーマパークが建造され、連日観光客で賑わっていた。多忙な責任者「クレア・ディアリング」は、甥のミッチェル兄弟が遊びに来ても一緒に過ごせなかったため、秘書の「ザラ・ヤング」に世話を頼む事にする。その後、オーナーの「サイモン・マスラニ」に新種のインドミナス・レックスの事を相談したクレアは、アドバイスを求めて元恋人の元恋人の「オーウェン・グレイディ」に協力を依頼する。しかし、インドミナスは想像以上の能力を持っていたためクレア達を欺いて檻から脱走し、観光客の集まるエリアへ向かってしまう。一方、ザラを撒いてパークを満喫するミッチェル兄弟は、避難指示を無視してジャイロスフィアで立入禁止エリアに足を踏み入れたためインドミナスに襲われてしまう。何とか逃げ切ったミッチェル兄弟は危険区域を彷徨う事になり、インドミナスの捕獲に失敗したサイモンは殺処分を決定する。同じ頃、ミッチェル兄弟が行方不明になった事を知ったクレアは職務を放棄してオーウェンと共に捜索に乗り出す。果たして、ジュラシック・ワールドとミッチェル兄弟の運命は一体どうなってしまうのか?ハラハラドキドキの展開と暴走するインドミナスの恐怖はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆☆★

☆5つが満点

 

良かった点

ドラマ性のある展開

ファン向けの演出

ダイナミックな映像

抜け感と緊張感のバランス

シンプルなメッセージ性

残念だった点

突然の時間経過

存在感の薄いティラノ

 

感想

進化を感じる続編でした。

ストーリー自体は王道でしたが、息を呑むほどの美しい映像に加え、主要な登場人物を一新しつつ過去作との繋がりを散りばめる事で、様々な発見と楽しみ方が出来ると感じました。恐竜に追われるというシンプルな展開もスリル満点で良かったですし、老若男女問わず楽しめる作品になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク