ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『バイオハザードⅡ アポカリプス』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

バイオハザードⅡ アポカリプス』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

バイオハザードⅡ アポカリプス』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル バイオハザードⅡ アポカリプス
原題 Resident Evil: Apocalypse
監督 アレクサンダー・ウィット
公開年 2004年
ジャンル ホラー,アクション
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 94分(1時間34分)
制作 スクリーン・ジェムズ 他
配給 スクリーン・ジェムズ

 

キャスト

俳優名 役名
ミラ・ジョヴォヴィッチ アリス
シエンナ・ギロリー ジル・バレンタイン
トーマス・クレッチマン ティモシー・ケイン
オデッド・フェール カルロス・オリヴェイラ
マイク・エップス ロイド・ジェファーソン・ウェイド(L.J.)
ソフィー・ヴァヴァサー アンジェラ・アシュフォード
サンドリーヌ・ホルト テリ・モラレス
ラズ・アドティ ペイトン・ウェルズ
ザック・ウォード ニコライ・ジビエノフ
ジャレッド・ハリス チャールズ・アシュフォード

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作は、バイオハザードのシリーズ2作目になります。前作『バイオハザード』との関連については、ネタバレを含め時系列的にも内容的にも繋がりがあるため注意が必要です。また、監督は「アレクサンダー・ウィット」に交代していますが、引き続き「ポール・W・S・アンダーソン」が脚本と制作を務めています。ちなみに、今作にはゲーム版のキャラクターが登場し、内容や展開は異なるものの『バイオハザード3 LAST ESCAPE』やリメイク版の『バイオハザード RE:3』との共通点も多いので、ぜひ今作と併せてプレイしてみて下さい。

(前作の記事はコチラ)

ポイント3.登場クリーチャー

アンデッド(ゾンビ)

T-ウイルスに感染し、死亡後に蘇った動く死体。ラクーンシティの住民の大半がゾンビ化したため、大人から子供まで多種多様な見た目をしていて、生存者を次々と襲う。

 

ゾンビ犬

T-ウイルスに感染したラクーン市警の警察犬。ケルベロスに比べると細身だが、高い俊敏性で生存者を襲う。

 

リッカー

アンブレラ社の実験によって生み出された生物兵器。ハイブから抜け出した3体が教会内に潜み、生存者が来るのを待ち構えている。

 

ネメシス

アンブレラ社の実験によって生み出された人型の生物兵器。T-ウイルスの適合性がアンデッドよりも高く、強靭な肉体を持ち、武器の扱いと命令に従う知能も兼ね備えている。

 

ポイント4.見所

再現度の高いジル

アンブレラ社の闇

ネメシス計画の始動

アリスの覚醒

アシュフォード親子の秘密

 

ポイント5.小ネタ・裏話

ジル役を演じた「シエンナ・ギロリー」は、ゲーム版の動きや立ち振る舞いを細かくリサーチして役作りに活かしたため、非常に再現度が高いと絶賛されたみたいです。

また、シエンナやアリス役を演じた「ミラ・ジョヴォヴィッチ」の衣装は薄着ですが、撮影自体は寒い時期に加えて夜間に行われる事が多かったため、過酷な現場だったらしいです。

他にも、劇中でアリスがビルから垂直に駆け降りるシーンはCGではなく実際に撮影されたみたいで、スタントマンが屋上から25m地点まで行って、ミラ本人が25m地点から地上まで行ったらしいです。

ちなみに、劇中にはゲーム版のオマージュが様々なシーンに散りばめられているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

迫力のあるアクション映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

闇の深い映画をお探しの方

正義感の強い方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

アリス

アンブレラ社の元特殊工作員の女性。T-ウイルスの実験体にされたが、変異せずに超人的なパワーを得て、ジル達と共にゾンビだらけの街から脱出を目指す。

 

ジル・バレンタイン

ラクーン市警のS.T.A.R.S.に所属する女性。身体能力が高く、ゾンビの弱点や対処法を熟知している。アリス達と共に封鎖された街から脱出するため奮闘する。

 

ティモシー・ケイン

CSAに所属する少佐の男性。ネメシス計画の責任者で、T-ウイルスの漏洩をもみ消すため街を封鎖し、秘密裏に爆弾で吹き飛ばそうとしている。

 

カルロス・オリヴェイラ

アンブレラ社のU.B.C.S.に所属する隊長の男性。ラクーンシティに派遣されたが、仲間を失った上に取り残されてしまったためアリス達と手を組む事にする。

 

ロイド・ジェファーソン・ウェイド(L.J.)

ラクーンシティの一般市民の男性。スリの容疑で警察に逮捕されていたが、パニックのお陰で釈放される。街中を逃げ回る中でアリス達と出会い、脱出を目指す。

 

アンジェラ・アシュフォード

チャールズの娘で一般市民の少女。難病を患っているため父親の開発したT-ウイルスで治療し、変異を防ぐため抗ウイルスワクチンを接種し続けている。

 

テリ・モラレス

ニュースキャスターとして働く一般市民の女性。街から脱出するためアリス達と行動を共にしながら惨劇の様子をハンディカメラで撮影し続けている。

 

チャールズ・アシュフォード

娘のアンジェラを治療するためT-ウイルスを開発した男性。アリス達と取引をして街に取り残されたアンジェラを助け出そうと考えている。

 

あらすじ・ストーリー

ハイブの惨劇から2日後、封鎖していた出入口をアンブレラ社の研究員が開けてしまった事でゾンビやクリーチャーがラクーンシティに解き放たれ、街は壊滅状態に陥る。事態の深刻さに気付いた「ジル・バレンタイン」は、相棒の「ペイトン・ウェルズ」と共に街を出ようとしたが、CSAの「ティモシー・ケイン」によって封鎖されてしまう。一方、病院で目が覚めた「アリス」は、装備を整えつつ状況を把握するため移動を始める。その後、リッカーと戦闘していたジル達を助けたアリスは、既に避難していた「チャールズ・アシュフォード」博士と電話で話し、アンブレラ社は爆弾を使って街を吹き飛ばす計画だと知る。そして、娘の「アンジェラ・アシュフォード」を探し出して救出すれば脱出方法を教えると言われたアリスは、ジル達と共に学校へ向かうが、ティモシーが裏でネメシス計画を開始したため、新たな脅威が背後に迫っていた。果たして、アリス達は無事にラクーンシティから脱出する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆☆☆
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

オリジナルの設定と展開

ゾンビの造形

ハイクオリティのCG

分かりやすいストーリー

残念だった点

ゾンビの脅威が薄い点

 

感想

大興奮の続編でした。

前作の設定をそのまま引き継ぐ形でゲーム版のキャラクターと今作オリジナルのキャラクターを違和感なく組み合わせているので、満足度が高いと感じました。ただ、前作以上にホラーよりもアクション要素が強めな上に、アリスとジルが強過ぎてゾンビそのものの恐怖感が薄れてしまっているのは少し残念な気もしましたが、ゲームをプレイした事が無くても楽しめる内容になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク