ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ゾンビランド』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

ゾンビランド』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video △(レンタル)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix 〇(定額見放題)
hulu ×
ABEMA △(レンタル)
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年10月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

ゾンビランド』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ゾンビランド
原題 Zombieland
監督 ルーベン・フライシャー
公開年 2009年
ジャンル ホラー,コメディ
視聴制限 R-15+(15歳未満は視聴禁止)
時間 88分(1時間28分)
制作 コロンビア・ピクチャーズ 他
配給 コロンビア・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
ジェシー・アイゼンバーグ コロンバス
ウディ・ハレルソン タラハシー
エマ・ストーン ウィチタ
アビゲイル・ブレスリン リトルロック

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.初監督作品

今作は「ルーベン・フライシャー」の長編映画としての初監督作品になります。元々、ルーベンはテレビCMやミュージック・ビデオ等の監督を務めていましたが、今作が大ヒットした事で一気に注目を集めました。また、初監督作品ながら評論家からも高い評価を得て、アメリカ国内外で数々の賞にノミネートされ、一部の賞は受賞もしています。

 

ポイント3.32のルール

コロンバスがゾンビから生き延びるための独自で考えたルールが32個ありますが、全てのルールが劇中に登場するわけではありません。ただ、ストーリーに関係する重要な部分でもあるので、ぜひチェックしてから本編をご覧になってみて下さい。

 

ルール1.有酸素運動をしろ

ルール2.二度打ちでトドメをさせろ

ルール3.トイレ中は用心しろ

ルール4.シートベルトを締めろ

ルール5.ゾンビを見つけたら逃げろ

ルール6.フライパンでぶっ叩く

ルール7.旅行は身軽にしろ

ルール8.クソったれな相棒を見つけろ

ルール9.家族や友人でも容赦するな

ルール10.素早く振り向け

ルール11.静かに行動しろ

ルール12.バウンティやペーパータオルは必需品

ルール13.異性の誘惑には注意しろ

ルール14.ショッピングモールは補給地

ルール15.ボウリングの玉はぶん投げろ

ルール16.人の集まる場所は避けろ

ルール17.英雄になるな

ルール18.準備体操は怠るな

ルール19.葬儀や埋葬の必要はない

ルール20.人を見たらゾンビと思え

ルール21.ストリップクラブは避けろ

ルール22.逃げ道を確保しろ

ルール23.金品よりも食料確保を優先しろ

ルール24.生き残るためには法を無視しろ

ルール25.火には用心しろ

ルール26.肌の露出は控えろ

ルール27.就寝前に安全確認しろ

ルール28.食事と風呂は短時間で行え

ルール29.2人でペアになって行動しろ

ルール30.予備の武器を持て

ルール31.車に乗る時は後部座席を確認しろ

ルール32.小さい事を楽しめ

 

ポイント4.見所

癖の強い登場人物

ゾンビが蔓延する世界の楽しみ方

個性的なゾンビ達

生き延びるための32のルール

コロンバスの恋

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中で「ビル・マーレイ」が本人役で登場するのですが、代表作『ゴーストバスターズ』のオマージュも演出として使われているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

また、監督を務めたルーベンはゾンビ映画をほとんど見た事がなかったみたいです。

他にも、タラハシーが車に「3」と書く事には意味があり、NASCARというアメリカで人気のカーレスでチャンピオンのタイトルを7回も獲得した「デイル・アーンハート・シニア」のカーナンバーをモチーフにしているらしいです。

ちなみに、デイルは2001年のレース中にクラッシュ事故で他界してしまったのですが、彼のカーナンバーは永久欠番になっているみたいです。

 

こんな方にオススメ

一風変わったゾンビ映画をお探しの方

怖さが控えめなホラー映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

元気が出るような映画をお探しの方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

コロンバス

胃が弱く気弱な大学生。ゾンビだらけの世界を生き延びるため独自で32のルールを決めている。タラハシーと出会って行動を共にするが、次々とトラブルに遭う。

 

タラハシー

コロンバスが出会った生存者の男性。粗暴で荒っぽい性格だが、射撃の腕は百発百中。強面の見た目とは裏腹に甘いお菓子が好物。

 

ウィチタ

コロンバスが出会った生存者の女性。元プロの詐欺師で妹のリトルロックと共に他の生存者を騙して物資を奪いながら生き延びてきた。ゾンビがいないと噂される遊園地パシフィック・ランドを目指している。

 

リトルロック

ウィチタの妹。姉と協力して詐欺行為を繰り返している。

 

あらすじ・ストーリー

ゾンビが蔓延するアメリカをゾンビランドと呼ぶ「コロンバス」は、自ら考案した32個のルールを遵守する事で生き延び、両親の住むオハイオを目指して1人で旅をしていた。そんな中、屈強な生存者「タラハシー」と出会ったコロンバスは、向かう方向が同じだった事もあり、行動を共にして欲しいと頼み込む。道中、大型スーパーを発見した2人は、店内のゾンビを蹴散らしながら食料を物色し始める。しかし、店の奥から生存者の「ウィチタ」が現れ、一緒にいた妹の「リトルロック」に騙された2人は、銃と車を奪われた上に逃げられてしまう。何とか別の車を調達した2人はそのまま移動し続け、道の真ん中に奪われた車が止まっているのを発見する。罠を警戒していた2人だったが、またもウィチタ達にハメられるも、結果的に和解して4人でゾンビがいないと噂される遊園地パシフィック・ランドを目指す。果たして、4人はパシフィック・ランドに辿り着く事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開とユーモア溢れる数々の演出はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆☆★★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

ホラーとコメディのバランス

個性的な人物設定とゾンビ

適度なサバイバル感

ビル・マーレイの演技

残念だった点

やや緊張感に欠ける点

 

感想

新感覚のゾンビ映画でした。

ホラー要素もありながら、ベースはコメディなので怖いのが苦手な方でも楽しめると感じました。色々ツッコミ所も多いですが、色んな要素を少しずつ楽しめる作品になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク