ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『お!バカんす家族』楽しむための5つのポイント&あらすじ・感想をネタバレなしでご紹介

 

 

スポンサードリンク

 

 

ポイント1.基本情報

タイトル お!バカんす家族
原題 Vacation
監督 ジョナサン・ゴールドスタイン
ジョン・フランシス・デイリー
公開年 2015年
ジャンル コメディ,ロードムービー
視聴制限 PG-12(12歳以下は保護者の監督が必要)
時間 99分(1時間39分)
制作 ニュー・ライン・シネマ 他
配給 ワーナー・ブラザース

 

キャスト

俳優名 役名
エド・ヘルムズ ラスティ・グリズワルド
クリスティナ・アップルゲイト デビー・グリズワルド
スカイラー・ギソンド ジェームズ・グリズワルド
ティール・ステピンズ ケヴィン・グリズワルド
クリス・ヘムズワース ストーン・クランドル
レスリー・マン オードリー・クランドル
チェビー・チェイス クラーク・グリズワルド
ビヴァリー・ダンジェロ エレン・グリズワルド

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2. 前作・過去作との関連

今作はバケーションのシリーズ5作目になります。前作『ベガス・バケーション』との関連については、キャストや制作陣は一部を除いてほぼ変更されていて、内容もほとんど繋がりがないので、今作単体で見ても十分楽しむ事が出来ます。ただ、登場人物の設定や家族構成は引き継がれているので、時間のある方はぜひ過去作の方もチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.ワリー・ワールド

今作でグリズワルド家が目指すテーマパークのワリー・ワールドですが、実際には実在しない架空のテーマパークです。シリーズ1作目の『ホリデーロード4000キロ』にもワリー・ワールドは登場しましたが、世界的に有名なディズニー・ランドが元ネタになっているみたいです。

 

ポイント4.見所

シリーズ共通の演出

過去作や他の作品のオマージュ

新生グリズワルド家の珍道中

グリズワルド家の絆

知られざるデビーの過去

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中に登場するワリー・ワールドですが、ロケ地としてアメリカのカリフォルニアにある「シックス・フラッグス・オーバー・ジョージア」という巨大な遊園地が使われたみたいです。

また、劇中の至る所に過去作のオマージュが含まれているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

予告(トレーラー)

 

登場人物

ラスティ・グリズワルド

グリズワルド家の父親。LCCの航空会社でパイロットとして働いている。幼い頃に父親のクラークと行ったワリー・ワールドへ行って家族の絆を修復しようと計画する。

 

デビー・グリズワルド

ラスティの妻でグリズワルド家の母親。汚い言葉を使う事に対して敏感だが、ラスティにも話していない衝撃の過去がある。

 

ジェームズ・グリズワルド

グリズワルド家の長男。気が弱く弟のケヴィンから嫌がらせを受けている。

 

ケヴィン・グリズワルド

グリズワルド家の次男。兄と正反対で口が悪く暴力的な性格。

 

ストーン・クランドル

ラスティの妹オードリーの旦那。イケメンでセレブのためラスティが嫉妬している。

 

あらすじ・ストーリー

小さな航空会社に勤める「ラスティ・グリズワルド」は、パイロットとして忙しい日々を送る中で、家族との間に溝が出来ている事を心配していた。そこで、家族の絆を深めるため、サマーバケーションを利用して、車でワリー・ワールドへ行こうと計画を立てる。タータン社のプランサーという謎だらけの車を借りたラスティは、用途不明のボタンや操作に戸惑いながらも、乗り気でない妻の「デビー」と2人の息子「ジェームズ」「ケヴィン」と共に出発する。道中、大型トラックに追い回されて、車内の怪しいボタンを押したせいでトラブル続きだったが、何とかモーテルに辿り着く。翌日、ラスティの妹夫婦の家に向かう予定だったが、ラスティは途中で人気の温泉に立ち寄ろうと考える。しかし、混雑を避けて入った穴場スポットが下水だらけの溜池だった上に、車上荒らしに遭って荷物をほとんど盗まれてしまう。果たして、グリズワルド家は無事にワリー・ワールドへ着く事が出来るのか?トラブルだらけの爆笑珍道中と感動のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆★★★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

バランスの良い続編感

期待を裏切らない笑いの演出

残念だった点

少し下品さが目立つ点

 

感想

シンプルに笑える作品でした。

設定自体の物珍しさはありませんでしたが、余計な要素を省いて笑いに特化させているので、思いっきり笑う事が出来ました。シリーズ作品ではありますが、過去作を知らなくても楽しめるのも良かったですし、過去作を知ると更に楽しめる作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

こんな方にオススメ

笑って泣ける映画をお探しの方

旅行気分が味わえる映画をお探しの方

家族の大切さが実感できる映画をお探しの方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

仕事ばかりで家族との時間がとれていない方

 

BD/DVD情報

レンタル出来るサービス一覧

TSUTAYA DISCAS
ゲオ宅配レンタル
DMM DVDレンタル

注意点

本ページの情報は2021年5月時点のものです。サービスによって取扱が終了していたり、在庫が無い場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

動画配信サービス情報

お!バカんす家族を無料で見る事が出来る動画配信サービスの一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
Hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market ×
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

関連商品情報

お!バカんす家族に関連する商品が発売されています。興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

Amazonで最安値を探す

楽天市場で最安値を探す

Yahooショッピングで最安値を探す

 

スポンサードリンク