ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『サンダーボルト』楽しむための5つのポイント&あらすじ・感想をネタバレなしでご紹介

 

 

スポンサードリンク

 

 

ポイント1.基本情報

タイトル サンダーボルト
原題 Thunderbolt and Lightfoot
監督 マイケル・チミノ
公開年 1974年
ジャンル クライム,ロードムービー
視聴制限 なし
時間 115分(1時間55分)
制作 マルパソ・カンパニー 他
配給 ユナイテッド・アーティスツ
主題歌 ポール・ウィリアムズ「Where Do I Go from Here」

 

キャスト

俳優名 役名
クリント・イーストウッド サンダーボルト
ジェフ・ブリッジス ライトフット
ジョージ・ケネディ レッド・リアリー
ジェフリー・ルイス エディ・グーディ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.初監督作品

今作は「マイケル・チミノ」の初監督作品になります。元々TVCMの監督として有名でしたが、脚本家に転身後わずか数年で監督を務めるまでになりました。ちなみに、今作の原案はマイケル自身が脚本を務めた『ダーティハリー2』のために考案された内容だったらしいので、気になる方は併せてチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.予想外の結果

今作の内容は高く評価されましたが、なぜか興行収入は伸びませんでした。主演を務めた「クリント・イーストウッド」自身もアカデミー賞を受賞出来ると確信していたみたいですが、第47回アカデミー賞では「ジェフ・ブリッジス」が助演男優賞にノミネートされただけでイーストウッド自身はノミネートすらされないという結果になりました。

 

ポイント4.見所

イーストウッドの体当たり演技

ジェフ・フリッジスのコミカルな演技

中年男性と若者の凸凹コンビ

無謀な強盗計画

行方不明になった50万ドルの行方

 

ポイント5.小ネタ・裏話

日本では過去に何度もテレビ放送されていた今作ですが、実は昭和64年1月6日の深夜に関東地方で放送されていたので、地上波では昭和最後に放送された番組になったらしいです。

また、今作が成功しなかった要因として、イーストウッドは共同製作したユナイテッド・アーティスツの製作手法に問題があったという理由を挙げていたみたいです。

 

予告(トレーラー)

 

登場人物

サンダーボルト

銀行から50万ドル奪った過去を持つ元軍人の男性。強盗団のリーダーが心臓マヒで亡くなる直前に隠し場所を聞いていたため、他の仲間から身を隠すために牧師になりすましている。

 

ライトフット

泥棒をしながら自由に暮らす若者。偶然出会ったサンダーボルトに惹かれて行動を共にする。

 

レッド・リアリー

サンダーボルトの元軍隊仲間で強盗団の一味の男性。50万ドルの行方を探すためサンダーボルトを監視する。

 

エディ・グーディ

レッドと同じく強盗団の一味の男性。

 

あらすじ・ストーリー

教会で説教中だった「サンダーボルト」は、元強盗仲間の「レッド・リアリー」と「エディ・グーディ」に襲われ、逃亡する中で車を盗んでドライブ中だった「ライトフット」と出会い、命を救われる。ライトフットは、サンダーボルトから7年前に銀行から50万ドルを奪った事と、隠し場所を知っている事が原因で追われていたと聞かされ、2人で金の回収に向かう。しかし、隠し場所の学校は新しく建て替えられていたため、現金もどこかへ消えていて、更に後を追ってきたレッドとエディの待ち伏せに遭う。レッド達に銃を突きつけられたサンダーボルトとライトフットだったが、反撃して武器を奪った事で立場が逆転する。そして、隠し場所の事をレッド達に話した事で和解し、ライトフットの提案でもう1度同じ方法を使って4人で協力して銀行強盗する計画を立てる。果たして4人の計画は成功する事が出来るのか?予測不能な意外すぎる展開と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆★★
音楽 ☆☆☆★★

☆5つが満点

 

良かった点

コメディ色の強い演出

先の読めない展開

残念だった点

やや緊張感に欠ける点

 

感想

予測不能な作品でした。

なぜ興行的に伸びなかったのか不思議なくらい充実した内容で、非常に見応えがあると感じました。色々とツッコミ所も多いですが、イーストウッドが色んな意味で体を張っている貴重な作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

一風変わったロードムービーをお探しの方

笑って泣ける映画をお探しの方

ツッコミ所満載の映画をお探しの方

レアなイーストウッドをご覧になりたい方

 

BD/DVD情報

レンタル出来るサービス一覧

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】
ゲオ宅配レンタル
DMM DVDレンタル

注意点

本ページの情報は2021年5月時点のものです。サービスによって取扱が終了していたり、在庫が無い場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

無料動画配信サービス情報

『サンダーボルト』を無料で見る事が出来る動画配信サービスの一覧です。

Amazon prime video ×
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年5月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

関連商品情報

『サンダーボルト』に関連するポスターやグッズ等の商品が発売されています。興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

Amazonで最安値を探す

楽天市場で最安値を探す

Yahooショッピングで最安値を探す

 

スポンサードリンク