ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『ヴィジット』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『ヴィジット』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV 〇(定額見放題)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年10月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『ヴィジット』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル ヴィジット
原題 The Visit
監督 M・ナイト・シャマラン
公開年 2015年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 94分(1時間34分)
制作 ブライディング・エッジ・ピクチャーズ 他
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

 

キャスト

俳優名 役名
リビア・デヨング ベッカ
エド・オクセンボールド タイラー
キャスリン・ハーン ロレッタ
ディアナ・デュガン マリア・ベラ・ジェイミソン
ピーター・マクロビー フレドリック・スペンサー・ジェイミソン

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.シャマラン作品

今作はスリラー映画やホラー映画を中心に監督を務めている「M・ナイト・シャマラン」が監督、脚本、制作を務めた作品になります。『シックス・センス』や『サイン』等の有名な作品を手がけたシャマランですが、他にも魅力的な作品がありますので、ぜひ今作と併せてご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.ジェイソン・ブラム制作

今作の制作にはブラムハウス・プロダクションズのCEO「ジェイソン・ブラム」も参加しています。低予算ながらストーリーや設定が秀逸なブラムハウス作品は、本格的なホラーから少し変わったホラーまで多種多様なので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

安心感の無い実家

祖父母の奇行と秘密

演出や設定に隠された伏線

ネタバレ後に来る真の恐怖

子供ならではの好奇心

 

ポイント5.小ネタ・裏話

劇中でベッカが撮影した映像を編集しているシーンがあるのですが、監督を務めたシャマラン自身を投影した姿という演出みたいです。

また、今作のラストにゲストとしてシャマランが登場する予定だったらしいのですが、設定的に不可能だったため断念したみたいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

一風変わったホラー映画をお探しの方

独特な緊張感のある映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ベッカ

記録映画を作るため撮影に勤しむ少女。弟のタイラーと初めて会う祖父母の家に1週間滞在する事になるが、2人の奇行に恐怖を感じ始める。

 

タイラー

ベッカの弟でラップが得意な少年。父親が家族を捨てた事で極度の潔癖症になっている。祖父母の奇行をロレッタに伝えるが、元からおかしいと言われてしまう。

 

ロレッタ

ベッカとタイラーの母親。15年間両親とは絶縁状態だったが、連絡を貰ったのをキッカケに子供達2人だけで生家に行かせる事にし、その間恋人と旅行に行く予定を立てている。

 

マリア・ベラ・ジェイミソン

ロレッタの母親。フレドリックと共に病院でボランティア活動をしている。お菓子を作るのが得意だが、深夜に徘徊する等の奇行が見られる。

 

フレドリック・スペンサー・ジェイミソン

ロレッタの父親。粗相をする事を恥じているため、小屋にオムツを隠している。見知らぬ人に突然襲いかかる等の奇行も見られる。

 

あらすじ・ストーリー

長年、両親と絶縁状態だった「ロレッタ」は、夫に捨てられたため1人で娘の「ベッカ」と息子の「タイラー」を育てていた。ある日、両親から突然連絡が来て、孫に会いたいと言われたため、ロレッタは2人を実家に1週間滞在させる事にする。列車に乗って駅に着いた2人は、初めて会う祖父母の歓迎を受けてロレッタの実家に向かう。そして、祖父の「フレドリック・スペンサー・ジェイミソン」から、地下室は立入禁止、消灯は9時半、9時半以降は部屋から出てはいけないというルールを伝えられる。しかし、消灯時間を過ぎてお腹が空いたベッカが部屋のドアを開けると、祖母の「マリア・ベラ・ジェイミソン」が嘔吐しながら徘徊する姿を目撃する。更に、昼夜問わず祖父母の奇行を目にした2人は、隠しカメラを設置するが、祖母に見つかってしまい、包丁を持って部屋に入ろうとしたため、身の危険を感じてロレッタに早く迎えに来て欲しいと懇願する。果たして、2人は無事にロレッタと再会する事が出来るのか?ハラハラドキドキの展開と衝撃の事実はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ★★★★★
映像 ☆☆☆★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

キャストの演技

POVならではの臨場感

不気味な雰囲気

残念だった点

汚い表現が含まれる点

画面酔いしそうな点

 

感想

ゾッとする作品でした。

設定と伏線はシンプルですが、脅かし要素もありつつ、祖父母の奇行が良い緊張感を演出していると感じました。ただ、不快感のある表現も一部含まれていますが、ある一言で一気に鳥肌が立つ作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク