ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『インターンシップ』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

インターンシップ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

インターンシップ』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル インターンシップ
原題 The Internship
監督 ショーン・レヴィ
公開年 2013年
ジャンル ヒューマンドラマ,コメディ
視聴制限 なし
時間 120分(2時間00分)
制作 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス

 

キャスト

俳優名 役名
ヴィンス・ヴォーン ビリー・マクマホン
オーウェン・ウィルソン ニック・キャンベル
ローズ・バーン ダナ・シムズ
ディラン・オブライエン スチュアート・トゥオンブリ
ティヤ・シルカ ネーハ・パテル
トビット・ラファエル ヨーヨー・サントス
ジョシュ・ブレナー ライル・スポルディング
マックス・ミンゲラ グレアム・ホートリー
ジョシュ・ギャッド アンドリュー・アンダーソン
アーシフ・マンドヴィ ロジャー・チェティ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.ヴィンス・ヴォーン制作

今作は、主演を務める「ヴィンス・ヴォーン」が脚本や制作も務めた作品になります。また、ヴィンスは過去に何度もコメディ作品の制作や脚本を手がけているので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.Google全面協力

今作はGAFAの一角を担うGoogleが舞台になっていますが、アメリカのカリフォルニアにあるGoogle本社で実際に撮影が行われたみたいです。ただ、全てのシーンではありませんが、一部とはいえ本物のGoogle本社を見る事が出来ます。また、劇中に登場するインターンの一部は、Googleで実際に行われている内容も再現されているらしいので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

ポイント4.見所

遊び心溢れるGoogle

おじさん2人の無謀な挑戦

アナログの重要性

独特なインターン

男同士の熱い友情

 

ポイント5.小ネタ・裏話

Googleの全面協力で制作された今作ですが、劇中のどこかにGoogleの創設者でもある「セルゲイ・ブリン」がゲスト出演しているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

また、ベテラン俳優の「ジョン・グッドマン」やヴィンスと他の作品で共演した事のある「ウィル・フェレル」も劇中に登場しているので、そちらも併せて注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

笑って泣ける映画をお探しの方

元気が出るような映画をお探しの方

新しい事にチャレンジしたいと思う方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

本気でGoogleに就職したいと思う方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ビリー・マクマホン

時計販売の会社に勤める男性。突然会社が倒産し、再就職を検討する中で、普段から利用しているGoogleに目を付けて、インターンに参加する。

 

ニック・キャンベル

ビリーの同僚で親友の男性。再就職で一時はベッド販売の会社に勤めるが、ビリーの提案を聞き、一緒にGoogleインターンに参加する。

 

ダナ・シムズ

Googleに勤める女性。ニックが一目惚れして、やる気を出すきっかけになる。

 

ライル・スポルディング

Googleに勤める若手社員の男性。面接でビリーとニックに可能性を感じ、インターンでは2人を含めた5人の学生を率いる事になる。

 

あらすじ・ストーリー

時計販売会社で働く「ビリー・マクマホン」と「ニック・キャンベル」は、突然社長から会社を畳むと聞かされ、無職となってしまう。ビリーはネットで職探しを始めるが、良い条件の会社が見つからず、同棲していた恋人にも捨てられてしまう。そんな中、ビリーは普段検索に利用しているGoogleに目を付け、就職に必要な募集要項を満たすためニックに内緒で通信制大学の入学手続きを2人分申請する。無謀な計画に呆れるニックだったが、ビリーの説得に応じる形で面接を受ける事にする。しかし、全く手応えのないまま面接は終了し、完全に終わったと考えていた2人だったが、可能性を感じた「ライル・スポルディング」のお陰でインターンに参加出来る事になる。インターンの内容はグループで与えられた課題をこなし、成績の良い1組だけが採用されるシステムだったため、2人は癖の強い3人の若い学生と、監督役のライルと共に挑戦する事になる。果たして、ビリーとニック達のグループは採用を勝ち取る事が出来るのか?爆笑必至の展開とまさかのラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆☆☆☆★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

キャストの演技

コメディ全開の演出

個性的なインターンの内容

デジタル社会に対するメッセージ

残念だった点

やや意外性に欠ける点

 

感想

非常にユニークな作品でした。

Google本社が見られるだけでも一見の価値はありますが、それに負けないくらい内容も充実しているので、満足度の高い作品だと感じました。ただ笑えるだけでなくメッセージ性があるのも良かったですし、悲劇を喜劇に変える構成が素晴らしい作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク