ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『アパートの鍵貸します』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

アパートの鍵貸します』を無料で見る事が出来る動画配信サービスの一覧です。

Amazon prime video ×
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年9月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

アパートの鍵貸します』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル アパートの鍵貸します
原題 The Apartment
監督 ビリー・ワイルダー
公開年 1960年
ジャンル コメディ,ラブロマンス
視聴制限 なし
時間 125分(2時間05分)
制作 ミリシュ・カンパニー
配給 ユナイテッド・アーティスツ

 

キャスト

俳優名 役名
ジャック・レモン C・C・バクスター
シャーリー・マクレーン フラン・キューブリック
フレッド・マクマレイ ジェフ・D・シェルドレイク
ジャック・クルーシェン ドレイファス

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.アカデミー賞受賞作品

今作は、第33回アカデミー賞で「作品賞」「監督賞」「脚本賞」「美術賞」「編集賞」の合計5つも受賞した作品になります。また、主演を務めた「ジャック・レモン」と「シャーリー・マクレーン」を含め他の5つの部門にノミネートされ、アカデミー賞以外でも数々の賞を受賞しています。

 

ポイント3.コメディ界の神様

1959年に公開された「マリリン・モンロー」主演の『お熱いのがお好き』と今作が高く評価され、コメディ界の神様と称されている「ビリー・ワイルダー」ですが、特別コメディ作品ばかりに携わっていたわけではありません。どちらかというとサスペンス等のシリアスな作品を主に手がけているので、気になる方はぜひ他の作品もチェックしてみて下さい。

 

ポイント4.見所

ジャックの演技

勘違いの連鎖

ドロドロした人間関係

欲望に満ちた大人の色恋

バクスターの恋の行方

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作でアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞の3つの部門を受賞したワイルダー監督ですが、長い歴史のあるアカデミー賞の中で唯一、1本の映画で3つの部門を受賞した人物としても有名です。

また、明石家さんまが『男女7人夏物語』の今井良介役を演じる際に今作のジャック・レモンを演技の参考にしたみたいです。

他にも、劇中ではアカデミー賞の受賞歴がある『駅馬車』や『グランドホテル』といった有名な作品が映像として流れるので、ご覧になる際には注目してみて下さい。

 

こんな方にオススメ

笑って泣ける映画をお探しの方

元気が出るような映画をお探しの方

自分の意見を言うのが苦手な方

頼み事を断るのが苦手な方

コントのようなドタバタ劇が好きな方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

C・C・バクスター

保険会社に勤めるサラリーマンの男性。自分が借りているアパートの部屋を、女性との密会に使う上司に無償で貸す見返りに人事評価を高くしてもらっている。

 

フラン・キューブリック

バクスターと同じ会社に勤める女性。美人なエレベーター係で社内の男性からも人気があり、バクスターも好意を寄せているが、男性からの誘いは受けない。

 

ジェフ・D・シェルドレイク

バクスターの上司で部長の男性。バクスターが部屋を貸している事を知り、昇進を餌に他の部長に貸すのを止めて自分だけに使わせて欲しいと提案する。

 

あらすじ・ストーリー

保険会社に勤める「C・C・バクスター」は、複数の上司達から昇進の推薦を条件に、アパートの部屋を貸していた。日替わりで上司が女性との密会に部屋を使っていたため、仕事が終わっても帰れない生活を送っていたが、憧れの女性「フラン・キューブリック」のためにバクスターは何としても出世する必要があった。ある日、深夜に上司から突然部屋を貸してくれと言われ、断りきれなかったバクスターは外で一夜を過ごしたため風邪をひいてしまう。更に会社でも上司達から部屋の貸し出しを催促され、何とか誤魔化して話をつけるが、今度は部長の「ジェフ・D・シェルドレイク」に呼び出される。出世の話と思ったバクスターだったが、上司との取引を止めるように言われ、新たにシェルドレイクと取引を始める。そして、シェルドレイクから映画のチケットを貰ったバクスターは、ついにフランをデートに誘い、待ち合わせの約束をする。果たして、バクスターは昇進とフランの両方を得る事が出来るのか?意外な展開と意味深なラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆☆☆
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆☆☆★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

細かい人物設定と相関関係

ラケットの斬新な使い方

個性的な脇役

バクスターの人物像

残念だった点

一部不快な表現が含まれている点

 

感想

脱帽ものの作品でした。

時代や国は違いますが、サラリーマンの日常にスポットを当てているので、多くの方が多少なりとも共感できる部分があるように感じました。コメディ全開の演出も良かったですし、正反対の会話をたった一言で同じ内容にしてしまう不思議な魅力がある作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク