ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『インクレディブル・バルク』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『インクレディブル・バルク』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
Hulu ×
ABEMA ×
dTV △(レンタル)
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2022年11月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『インクレディブル・バルク』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。


The Amazing Bulk

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル インクレディブル・バル
原題 The Amazing Bulk
監督 ルイス・ショーンブラン
公開年 2012年
ジャンル コメディ,アクション
視聴制限 なし
時間 76分(1時間16分)
制作 Laybl Productions
配給 コンマビジョン

 

キャスト

俳優名 役名
ジョーダン・ローソン ヘンリー・ハワード(ハンク)
テレンス・ローディング ダーウィン将軍
ランダル・マローン カントラブ博士
カストルシェヴァ ハンナ・ダーウィン
ジュリエット・アンジェリ ロリータ・カントラブ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.パロディ

今作は『インクレディブル・ハルク』をパロディ化した作品になります。登場人物の名前や内容は全く異なりますが、怒りによって変身する設定や一部の相関関係といった共通点もあるので、ぜひ今作と併せてご覧になってみて下さい。

 

ポイント3.キャラクターの変更

今作は元々、スパイダーマンをパロディ化した女性が主人公のB級ホラーとして制作される予定でしたが、監督を務めた「ルイス・ショーンブラン」は制作スタッフと話し合いをする中でキャラクターをハルクに変更する事にしたみたいです。また、劇中には「スタンリー・キューブリック」が手がけた『2001年宇宙の旅』のオマージュも含まれているので、ご覧になる際にはぜひ注目してみて下さい。

 

ポイント4.見所

ハンクのプロポーズ大作戦

人体実験と怒りで生まれるバルク

カントラブ博士の計画

ダーウィン将軍の目的

集中力を削ぐCG

 

ポイント5.小ネタ・裏話

今作の制作費は全額ショーンブラン監督が出資したみたいです。

また、今作の脚本は4ヶ月、絵コンテ作成に6ヶ月かかったらしいのですが、撮影自体は5日で終了したみたいです。

他にも、CGに使用されている素材はほとんどがネット上に公開されている物ばかりらしいので、興味のある方はぜひ調べてみて下さい。

ちなみに、バルクの手がアップで映るシーンの撮影にはハルクの手のオモチャを紫色に塗った物が使われているみたいです。

 

こんな方にオススメ

Z級映画をお探しの方

一風変わったヒーロー映画をお探しの方

笑える映画をお探しの方

ツッコミ所の多い映画をお探しの方

強烈な刺激を求めている方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

ヘンリー・ハワード(ハンク)

血清の研究を行う男性。ダーウィン将軍にハンナとの結婚を認めてもらうため自分に血清を打って効果を実証しようとするが、紫色の怪物バルクに変身してしまい、強盗を殺害した事で警察から追われる事になる。

 

ダーウィン将軍

ハンクに血清の研究を指示する男性。研究成果次第で娘のハンナとの結婚を許すとハンクに伝え、バルクに変身出来る力を得たためカントラブ博士の暴挙を阻止するよう命じる。

 

カントラブ博士

マッドサイエンティストの男性。様々な兵器を開発し、気分次第で世界中の建造物を破壊しているため、危険人物としてダーウィン将軍に目を付けられる。

 

あらすじ・ストーリー

超人的なパワーを得られる血清の研究を行う「ヘンリー・ハワード(ハンク)」は、思うように結果が出ない事に焦りと苛立ちを感じていた。ある日、恋人の「ハンナ・ダーウィン」とデートを楽しんだハンクは、帰り道で強盗に襲われて財布とプロポーズ用の指輪を盗まれてしまう。そこでハンクは、自ら被験者となって血清を投与し、巨大な怪物のバルクに変身する能力を手に入れる。その後、ハンクは自分を襲った強盗が別の女性を襲っている現場を目撃し、バルクに変身して銃弾を受けながら復讐を果たすも指輪は見つからず、警察が来たため逃走する。しかし、現場に落ちていた財布を届けに来た警官に紫色の血液が付着しているのを見られたハンクは、逃亡を図るも警察に逮捕されて刑務所送りになる。一方、気まぐれでミサイルを発射する「カントラブ博士」は、手下から指輪を受け取り、ハンクの物と知らずに妻の「ロリータ・カントラブ」へプレゼントしてしまう。同じ頃、ダーウィン将軍からカントラブ博士の暴挙を止めるよう命じられたハンクは、ハンナとの結婚を認めてもらうため再びバルクとなって戦いに挑む。果たして、ハンクはカントラブ博士のミサイル発射を止めてハンナにプロポーズする事が出来るのか?笑劇の展開と混沌に満ちた世界観はご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆★★★★
意外性 ☆☆☆☆☆
奥深さ ★★★★★
映像 ★★★★★
音楽 ☆★★★★

☆5つが満点

 

良かった点

癖が強過ぎる登場人物

人智を超えた世界観

制作会社をパロディ化したOP

残念だった点

クオリティが下がり続けるCG

素人感丸出しのキャストの演技

脈絡の無いストーリー

映像の使い回しが多い点

不要なシーンが多過ぎる点

 

感想

エグめのZ級作品でした。

終始チープなCGを使った背景の中で繰り広げられるツッコミ所満載のストーリーに加え、ハルク要素ゼロに近い全身紫色の変質者にしか見えないバルクが暴れ回るという狂った内容がシュールな笑いを生み出していると感じました。終盤に待ち受ける理解不能なフルCGの演出もぶっ飛んでいて良かったですし、想像以上の地雷感を味わえるマニア向けの作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク