ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『テケテケ2』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『テケテケ2』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT ×
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年10月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『テケテケ2』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル テケテケ2
監督 白石晃士
公開年 2009年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 72分(1時間12分)
制作 アートポート
配給 アートポート

 

キャスト

仲村みう中島玲子

俳優名 役名
岩田さゆり 水谷菜月
松嶋初音 刀根エリカ
阿部進之介 武田慎
大島優子 大橋可奈
長宗我部陽子 テケテケ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.前作との関連

今作はテケテケのシリーズ2作目になります。前作『テケテケ』との関連については、主なキャストは変更されていますが、前作のその後にあたる内容なのでネタバレを含めて注意が必要です。また、今作単体で見ても十分楽しむ事は出来ますが、前作と今作は同時に公開されたという事もあって、内容的にも時系列的にも繋がりがあるので、時間のある方は前作から見る事をオススメします。

(前作の記事はコチラ)

 

ポイント3.カシマレイコ

前作でテケテケの正体がカシマレイコだという事が明かされましたが、都市伝説のテケテケとカシマレイコは本来別物です。今作や前作でもカシマレイコにまつわる説が採用されていて、見た目も類似している事から勘違いしている方も多いと思います。ただ、劇中でも触れられていますが、都市伝説自体が人から人に伝わって広まったものなので、元々曖昧なものとも言えます。

 

ポイント4.見所

恐怖のカシマレイコ

テケテケに襲われる新たな条件

カシマレイコの撃退法

イジメに揺れる菜月の心情

中島玲子の復讐

 

ポイント5.小ネタ・裏話

前作同様に今作でも加古川市がテケテケと関係している設定ですが、実際に加古川市高砂市ではカシマレイコの呪いで死亡事件が発生したという報道があったみたいです。

また、劇中でカシマレイコの撃退法について触れられていますが、本来は問いかけられた質問に対して正しい答えを言わなければならないみたいです。

他にも、刀根エリカ役を演じた「松嶋初音」は、祖母がイタコをしていた事もあって本人にも霊感があるみたいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

メッセージ性の強い映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

都市伝説や怪談が好きな方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

水谷菜月

ごく普通の女子高生。テケテケを目撃して噂を信じるようになり、親友の玲子がテケテケに操られていると知って助けようとする。

 

中島玲子

クラスで委員長を務める真面目な女子高生。エリカに目をつけられた事でイジメられるが、テケテケの力を利用して復讐を始める。

 

武田慎

転勤で可奈の住む街に越してきた男性。テケテケの事件を独自調査している。

 

あらすじ・ストーリー

目の前で従姉妹がテケテケに命を奪われてから1年後、逃げ延びた「大橋可奈」も新たな犠牲者となってしまう。翌日、高校生の「水谷菜月」と「中島玲子」は興味本位で可奈が犠牲となった現場を訪れ、深妙な面持ちの「武田慎」と出会う。菜月のクラスでは事件とテケテケの事が話題になっていたが、文化祭の事で頭を悩ませていた玲子は、クラスのリーダー的存在「刀根エリカ」に目をつけられ、陰湿なイジメを受けるようになる。更に、親友の菜月に裏切られたと感じた玲子は、テケテケを使って自分をイジメていた相手に復讐し始める。そんな中、友人がテケテケに襲われる現場を見てしまった菜月は、玲子が糸を引いている事を知ってしまう。何とか玲子を止めたい菜月は、情報を得るため可奈の自宅を訪れ、偶然居合わせた武田と再会する。そして、一連の出来事を武田に話した菜月は、2人で協力してテケテケの正体でもある鹿島礼子に呪われた玲子を助けようと決意する。果たして、武田と菜月は暴走する玲子を救う事が出来るのか?意外な真実と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆☆★★
意外性 ☆☆☆☆★
奥深さ ☆☆☆★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

重苦しい雰囲気

斬新な切り口の設定

残念だった点

不快に感じる表現が含まれている点

 

感想

前作を上回る続編でした。

多少強引さは目立ちましたが、設定やストーリー構成、雰囲気は今作の方が良かったと感じました。不快に感じる内容も逆に言えばメッセージ性が込められているとも思いましたし、意外性が良いアクセントになっている作品なので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク