ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画『テケテケ』5つのポイント・無料で見る方法・あらすじ・感想・ネタバレなしのまとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

無料動画配信サービス情報

『テケテケ』を無料で見る事が出来る動画配信サービス(VOD)の一覧です。

Amazon prime video 〇(定額見放題)
U-NEXT 〇(定額見放題)
Netflix ×
hulu ×
ABEMA ×
dTV ×
Video Market △(レンタル)
Disney+ ×

注意点

本ページの情報は2021年10月時点のものです。サービスによって無料期間が終了していたり、別途契約やレンタル料金等が必要な場合がありますので、最新の情報は各サイトにてご確認をお願いします。

 

(無料で見る方法をまとめた記事はコチラ)

 

BD・DVD・グッズ情報

『テケテケ』のBlu-ray DiscやDVD、グッズ等の商品が発売されていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

※リンクをタップもしくはクリックすると各ショッピングサイトの検索結果ページが表示されます。

 

ポイント1.基本情報

タイトル テケテケ
監督 白石晃士
公開年 2009年
ジャンル ホラー,スリラー
視聴制限 なし
時間 72分(1時間12分)
制作 アートポート
配給 アートポート

 

キャスト

俳優名 役名
大島優子 大橋可奈
山崎真実 平山理絵
西田麻衣 関口綾花
一慶 内海圭太
阿部進之介 武田慎
長宗我部陽子 テケテケ

主なキャストのみを抜粋しています

 

ポイント2.都市伝説を映画化

今作は日本の都市伝説や怪談でも有名なテケテケを実写化した作品になります。ただ、一部グロテスクな表現が含まれているので、食事中や小さいお子様がいる前での視聴には注意が必要です。ちなみに、同時公開された『テケテケ2』は今作の続編になるので、気になる方はぜひそちらも併せてチェックしてみて下さい。

 

ポイント3.テケテケのルーツ

テケテケの怪談を聞いた事がある方は多いと思いますが、地域によって内容は異なり、様々な説があります。有名なのは、北海道で起きた列車事故によって犠牲となった女子高生の霊という説ですが、今作では全く異なる説が採用されています。

 

ポイント4.見所

恐怖のテケテケ

テケテケに襲われる条件

鹿島礼子との関連

高校生ならではの恋と友情

可奈と理絵の逃亡劇

 

ポイント5.小ネタ・裏話

主演を務めた「大島優子」ですが、今作が映画初主演だったみたいです。

また、劇中に登場する学校のシーンは、数々の映画やドラマ、MVでも使用されている神奈川県三浦市にある有名な旧三崎高校で撮影されたらしいです。

他にも、平山理絵役を演じた「山崎真実」はインタビューの中で、ホラーや怖い話はわりと平気な方だと答えていたみたいです。

 

こんな方にオススメ

ハラハラドキドキできる映画をお探しの方

グロテスクなホラー映画をお探しの方

ゾクゾクするような恐怖感を堪能したい方

強烈な刺激を求めている方

都市伝説や怪談が好きな方

1つでも当てはまる方はぜひ!

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

大橋可奈

ごく普通の女子高生。友人の綾花とケンカをしたまま今生の別れとなり、自身もテケテケに遭遇してしまう。

 

平山理絵

可奈の従姉妹で女子大学生。研究の一環としてテケテケを調べていて、可奈を助けようと解決法を一緒に探す。

 

あらすじ・ストーリー

上半身と下半身が真っ二つにされる事件が騒がれる中、高校生の「大橋可奈」は友人の「関口綾花」と「内海圭太」を巡って口論になり、ケンカ別れしてしまう。翌日、綾花が歩道橋で遺体となって発見された事を知った可奈は、前日話題となった「テケテケ」の話を思い出していた。その後、献花のために現場の歩道橋を訪れた可奈は聞き慣れない足音を耳にし、冷たい風と妙な視線を感じる。テケテケを見てはいけないと聞いていた可奈は、恐怖に怯えながら目を瞑ってやり過ごしたものの、結局テケテケを目撃してしまい、追い回される事になる。なんとか逃げ切った可奈だったが、テケテケについて調べる内に、3日後に必ず死ぬという文献を見てしまう。しかし、偶然テケテケについて調べていた従姉妹の「平山理絵」に事情を話し、助かる手段を探すため2人で元凶となった事件を追って兵庫県加古川市へ向かう。果たして可奈はテケテケの呪縛から逃れる事が出来るのか?迫り来るテケテケの恐怖と衝撃のラストはご自身の目でご確認下さい!

 

レビュー・感想

評価

ストーリー ☆☆★★★
意外性 ☆☆☆★★
奥深さ ☆★★★★
映像 ☆☆★★★
音楽 ☆☆★★★

☆5つが満点

 

良かった点

テケテケの見た目

テケテケの視点が描かれている点

残念だった点

恋愛要素の消失

強引なストーリー展開

 

感想

想像以上の作品でした。

正直あまり期待していませんでしたが、適度な緊張感と恐怖感があって、雰囲気も中々良かったと思います。やや強引さが目立つ部分もありましたが、良い意味でホラー映画らしい作品になっているので、ぜひ1度ご覧になってみて下さい。

 

スポンサーリンク