ヒャクブンノイチ

百聞は一見に如かずをテーマに実際に見た映画を中心に紹介しています

映画まとめ『死霊館シリーズ』特徴・時系列・オススメの見る順番

f:id:uk_yukke1160:20210725212735j:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

死霊館シリーズ

別名「死霊館ユニバース」に属するシリーズ作品ですが、日本では公開予定が決定している作品も含めて、2021年7月時点で8作品が公開されています。ただ、全ての作品に関連性があるわけではなく、シリーズ毎に細かく分類されているので注意が必要です。また、公開順と時系列が一致していないので、1作目から順に見れば良いというわけでもありません。ちなみに、当ブログでは作品別に記事をまとめていますので、そちらもご覧になって頂けると幸いです。

 

※作品名をタップもしくはクリックで作品別のまとめ記事にアクセス可能です。

 

特徴

スピンオフ作品が豊富

時系列が複雑で作品同士の繋がりが薄い

ジェームズ・ワンが監督か制作を務めている

ほぼ毎回撮影時に怪奇現象が起きている

一部の作品には視聴制限がある

 

どれも怖い作品ばかりです。

 

公開年順

公開年 タイトル
2013年 死霊館
2014年 アナベル 死霊館の人形
2016年 死霊館 エンフィールド事件
2017年 アナベル 死霊人形の誕生
2018年 死霊館のシスター
2019年 ラ・ヨローナ〜泣く女〜
2019年 アナベル 死霊博物館
2021年 死霊館 悪魔のせいなら、無罪

 

シリーズ別の分類

死霊館のシリーズ

ウォーレン夫妻にスポットを当てたシリーズ作品で、死霊館シリーズ全体のベースとなっています。

 

死霊館(2013年)

 

死霊館 エンフィールド事件(2016年)

 

死霊館 悪魔のせいなら、無罪(2021年公開予定)

 

アナベルのシリーズ

1作目の『死霊館』に登場したアナベル人形にスポットを当てたシリーズ作品で、スピンオフ作品になります。

 

アナベル 死霊館の人形(2014年)

 

アナベル 死霊人形の誕生(2017年)

 

アナベル 死霊博物館(2019年)

 

シスターのシリーズ

3作目の『死霊館 エンフィールド事件』に登場したシスター(ヴァラク)にスポットを当てたシリーズ作品で、スピンオフ作品になります。

 

死霊館のシスター(2018年)

 

単体作品のシリーズ

単体作品にはなりますが、一部の設定に繋がりがあるので、正式な死霊館シリーズのスピンオフ作品です。今後、何らかの形で他のシリーズ作品に登場する可能性も考えられます。

 

ラ・ヨローナ〜泣く女〜(2019年)

 

※()内は公開年で、年数の古い順に並べています。

 

時系列順

死霊館シリーズはスピンオフ作品が豊富なため、公開年と時系列が複雑になっています。また、主な舞台はアメリカという設定ですが、一部の作品は別の国が舞台になっていたり、冒頭のシーンでメインのストーリーと異なる内容が描かれていたりするので、更に複雑化しています。

 

設定年 設定国 タイトル
1952年 ルーマニア 死霊館のシスター
1945年 アメリ アナベル 死霊人形の誕生
1957年
1967年 アメリ アナベル 死霊館の人形
1968年 アメリ アナベル 死霊博物館
1971年 アメリ 死霊館
1673年 メキシコ ラ・ヨローナ〜泣く女〜
1973年 アメリ
1976年 アメリ 死霊館 エンフィールド事件
1977年 イギリス

 

複雑なので見る順番が…

 

オススメの見る順番

死霊館シリーズの特徴を踏まえると、特に見るべき順番は無いとも言えますし、公開年の順番に見るのも良いと思いますが、個人的なオススメ順をご紹介します。

 

死霊館

死霊館 エンフィールド事件

まずは、死霊館のベースとなっている2作品を先に見る事をオススメします。一部を除いてこの2作からスピンオフ作品が派生しているというのが一番の理由ですが、登場するキャラクターに魅力を感じた方や興味のある方は、それぞれにスポットを当てた作品をご覧になってみて下さい。

 

アナベル 死霊人形の誕生

アナベル 死霊館の人形

アナベル 死霊博物館

アナベルのシリーズに関しては、時系列順に見る方が分かりやすくて良いと思います。

 

死霊館のシスター

シスターのシリーズに関しては、続編が制作中らしいので、興味のある方は公開前までにご覧になってみて下さい。

 

ラ・ヨローナ〜泣く女〜

残りのスピンオフ作品に関しては、単体作品で終わるのか、続編が制作されるのか未知数なため、時間に余裕がある方はご覧になってみて下さい。

 

まとめ

死霊館シリーズは全体的にオカルト要素が強めではあるものの、スリルと恐怖感を堪能出来る作品ばかりなので、ホラーが苦手な方にはあまりオススメしませんが、興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。ちなみに、各動画配信サービスでも見る事が出来ますし、当ブログでは無料のお試し期間等の情報をまとめた記事もありますので、よろしければそちらもご覧になって頂けると幸いです。

 

(映画を無料で見る方法はコチラ)

 

スポンサーリンク